自然農法への転換日記

慣行農法から自然農法に少しづつ転換していく記録を綴ります。 究極の「おいしい」と言われる野菜作りを目指します!

炭素循環トンネル栽培

えさを撒いた後に白ネギを定植。トンネルで覆いました。
DSCN1784
来年5月の収穫の予定ですが、今度はうまくいくといいな~。
DSCN1785
降雨後に菌が動き出しました。

さらにえさやり

11月15日(約2週間)に収穫が終わりダンプ2台分のえさを撒いて浅くかくはんした後に溝を立てエサをダンプで1台分追加しました。
そして軽く混ぜ即植えします。宮崎では昨日、初霜が降りました。
これからは定植したらトンネルで覆わないと生長が遅れるしトウ立ちの危険性があります。
しかし、たんじゅん農法だと、どうなるんだろうと思うので10mくらい完全露地で試そうと思っています。
その前に慣行とほぼ変わらない形での管理でやったことのない定植時期。
5月収穫が迎えられるかわかりません。変人扱いされてるかも知れないがお構いなし(笑)

DSCN1775


残ったエサは生の状態で鋤いた緑肥の上に撒き浅く混ぜる。
DSCN1782
これでいいのかわからないが、土つくりってこういうことなのだろうか?
エサは緑肥やその根と土の隙間で生き物により食われ、さらに生き物の増殖が起こるのでしょうか?
DSCN1783

えさやり

昨日までにエサをダンプで2台分散布し軽く混ぜました。
さらに白ネギ定植前に溝を掘りさらにダンプ1台をすじまきし軽く混ぜる予定。
定植する白ネギは市販の用土なのでよく土を落として植えます。

現在、試験中ですがねぎ・リーフレタス・キャベツの種をヤシの繊維と廃菌床を1:1で混ぜたものを使って様子を見ています。草堆肥と廃菌床では雑草が旺盛ですので草堆肥は向きません。廃菌床と土では少し荒いような気がします。
ヤシ繊維+廃菌床での育苗では、白ネギは調子が良いです。他は蒔いたばかりなのでその後を報告したいと思います。
育苗用土は10a当たり約1万円とバーミキュライト3千円くらいかかりますがヤシの繊維だと10a当たり2~3千円で済みます。すべてが植物性なので育苗期間に病害虫も少ないのではと思います。
ヤシの繊維を楽天で見つけましたのでたんじゅん農法で進めたい方には使える資材だと思います。

ココピート(ヤシの繊維)


DSCN1773



こちらはダンプで4台分を散布。右側半分はすでにたんじゅん栽培でにんにく・ゴーヤを作り緑肥を含めて3作目左側は転換初年度となります。
来年の4月までに時間があるので40aに緑肥(からしな)を撒きました。

DSCN1774
しかし、今朝から大荒れの天気で大雨。畑の中はすでに水が溜まり溺死した者が多いと思われる。
なかなか思ったようにはいかない。

腐敗実験

15日前に氏神様にお供えしていたねぎ
お供え物ですが油性マジックで畑名を記入してお供えしました(笑)
2本のねぎは慣行ねぎとたんじゅんねぎです。
最初はどちらもまともな小さなねぎでしたが、時間が経つにつれ腐敗が進行するみたいです。左が慣行。手に持つと柔らかくなっていてふにゃふにゃ。中はドロドロ状態。
しかし、軟腐病ではありません。ちょっとしたキズが青紫に変色していました。
右がたんじゅん。全く腐ってはいないが一番外側の葉が枯れているくらいでまだ食べられる感じ。腐る・・ではなく乾燥して軽くなっており最終的には枯れるのではないでしょうか。

DSCN1767

こんな実験を氏神様の前でおこなわないように!
トラクターが壊れます(涙)

3月ねぎ

3品種を用いて収穫時期(トウ立ちまで)をずらし栽培している春ねぎ
今は、同じ品種に見えるが、次第にそれぞれの特徴がでてくる。

DSCN1766

風に強く、実が締まって重いがベト病に弱い品種。風に弱く葉間が長く軟白30CMができにくいがトウ立ちが一番遅い品種。生長が早くおいしいねぎだが不揃いな品種など
収穫は3月以降。来年はたんじゅん農法で作ろうと思う。

転換畑

転換する前にからしな(緑肥)を鋤きこみその後にえさを撒きネギを植えたが一作目は不揃いなネギができてしまった。しかし、去年は慣行で白ネギを作り、線虫にやられ太らなかった場所です。見た目は悪いが線虫にはやられていないようです。
最近になって周りの葉が枯れているネギが目立ちだしました。まだまだ養分不足のようです。微生物の種類が少ないのかな?

DSCN1764

この畑の左側はえさを大量に撒いた後に緑肥を作り、畑の中に生き物を増やしている段階です。

DSCN1762
私の頭の中では畑の作物を育てようとするのではなく、畑の中の生き物を育てよう(増やそう)と考えるようにしています。作物は飼ってる生き物に頼もう。

白ネギの比較

現在、たんじゅん4 慣行6の割合で白ネギを栽培しています。たんじゅんの方はと言うとまだまだ、まともな出来栄えとは言えませんが慣行では黒斑病が多発しているのに対してたんじゅんはそれがまだ出ていません。だけど軟腐病だけは怖いよね。

今後は育苗用土の素材をコスト削減のためすべて変える予定。
うまくいけばいいな~。

中古マニア購入

今まで手マニアだったが、えさやりも結構大変なのでマニアスプレッダの中古を購入しました。たんじゅん農法への転換を加速させようと考えていましたが、ここで25年使ってきたトラクターが、ぶっ壊れてしまった!
修理工場からは部品がなく「スクラップでぇ~す」の一言。
軽く言うなよ~激ヤバ・・・。

いつも思うこと

畑にいけば、まともな野菜はできていないが、必ず安心して食べられる究極の野菜
ができることを夢見ています。今の化学肥料を使った農法(慣行農法)で作った野菜は硝酸態窒素が多く含まれていて、これが体内に入るとニトロソアニンという形に変化すると言われています。
これが、発ガン性物質だということを消費者の方たちはどれだけ知っているのかな?
と言っても現在の農法はほとんどが慣行農法だからどうしようもないんだけどね。

この事を思うようになったのは嫁さんを病院に連れていって受付で待ってる暇な時なんだけど、いつ来ても、病人の多い事多い事・・・。
病院は病人で満杯状態。
このように患者さんたちを増やしているのは、私たち農業者にも責任があるのではないかと考えるようになりました。

スーパーに行けば、ずらりと野菜が並んでいます。
見た目は良いのですが、硝酸態窒素・農薬が多く含まれている野菜を見分ける事はできません。これは生産者側の責任でしかありません。 

この体系を生産者として変えていかねば・・・と思う毎日。


「虫食う野菜は所詮、虫のエサ」
「農薬・肥料を使わない野菜は上薬 ・薬は下薬」

病害虫にやられない健全な野菜作りを目指しています!

なんとかなるか?

台風の影響もあり、長雨で高温多湿の状況が続き、土寄せすればするほど慣行もたんじゅんも軟腐がでて止まりませんでした。今月に入ってようやく寒くなってくるような感じです。6号畑は初転換でどうなることかと思いましたが次第に生長が良くなり、葉の色も良好で枯れ葉がありません。
収穫に間に合えばいいのですけどうでしょうね。
DSCN1758

プロフィール
  • ライブドアブログ