必要スペックなどはサイトでご確認ください。


◆インタビュー


■制作

Q:Ravage 〜 DTは魔法使いの夢を見る 〜制作のきっかけを教えてください。

A:うちの場合、mod宣伝の意味合いが強いです。うちで販売してるポーズデータやmodを利用すれば、こう言うゲームがつくれますよ、っていうサンプルの一環としてエロゲを選びました。

Q:制作期間は?

A:約2ヶ月です。あっという間でした。

Q:制作の中で大切にされたことは?

A:他作品との整合性ですね。特に魔法使いの設定と脱童については、これまで構想していた部分を踏み外さないよう気を使いました。

エロシーンでは乳揺れを大事にしましたw それと、工程を削減するため、モザイクが必要になる部位が入らないアングルになるよう気をつけました。

Q:制作の中で、大変だった事は?それはどうやって乗り越えましたか?

A:登場人物の多さゆえの、膨れ上がった作業量との戦いが一番大変でした。

 ご奉仕及び本番のアニメーションだけで200種類ありますし、それぞれのエンディングが3種、好感度によるセリフ差分、行為時のセリフ差分などなど、振り返ると、よく完成できたなと思います。

 くじけそうになる心を支えるために、細かいリストアップを行い、あとどのくらいあるのか、今日はどれだけ出来たのかを毎日記録をつけて確認していました。

 それとキャラの書き分けですね……。物書きとしての自分の実力をはるかに上回る人数ですので、正直なところ、少ないセリフ数でも許されるシステムだったからこそ、辛うじて及第点にたどり着けたのだと思います。

Q:登場人数がものすごく多いのにおどろきました。

A:当初は30分で終わるエロゲで、繰り返し遊んでもらって、色々な発見をしてもらおう、というのがコンセプトでした。

 繰り返し遊ぶためのモチベーションとなるように、出来るだけ女の子を用意してみたらこうなりました。これだけの数を用意できるのは3Dカスタム少女の利点だと思います。もっとも、そのせいで泣きを見たわけですがw

 難易度の調整によって一回あたりのプレイ時間は伸びましたが、それでも繰り返して遊んでもらえる内容にはなっていると思います。

■内容

Q:お気に入りのキャラは?

A:ホワイトタイガー(ルチッラ)ですね。製品版ではこの子の掛け合いが一番多いです。

 戦力的にはソニアさんとタイガーと主人公の3人が一軍で頑張ってくれてい
ます。

 意外と敵兵士のソレンヌに泣きを見ますが……。

Q:どんな人に薦めたいですか?

A:カス子ゲーは地雷だと思っている人にこそやってもらいたいです。

 それと、カスタム少女でゲームを作ってみたいなと思っている人にも手にとってもらえたらなと思います。歩行グラフィック、バストアップ、イベント、顔グラフィックなどなど、女の子に関する画像はすべてカスタム少女由来のものです。

 他は、三極姫とか、大番長とか、大悪司とか、そういったSLGのエロゲが好きな人に遊んでもらえてたら嬉しいですね。

Q:カードバトルのコツを教えてください。

A:無理に攻撃しないことですね。デッキに配置されたメンバーのHPが最大であれば、守るのは比較的簡単です。

 勝てばお金が手に入りますので、そのお金で、回復アイテムや強化アイテムなどを使っていけば、じわじわと押し返していけるはずです。

Q:主人公はいつまでも布の服のままなのは脱ぎやすいからですか?

A:なんの訓練も受けていない一般人だからです。

Q:DTのまま娼館で暮らすことになった主人公の境遇について一言どうぞ。

A:ほら、この外泊証明書にサインするんだ。そしたら寝かせてやる。


■今後のサークル活動
Q:次回作のご予定は??

A:元々SAVAGEというフリーゲームを土台にして発展させたものがこのゲームでして、このSAVAGEの系譜として、いくつか出す予定です。

 基本的にはhttp://customsaga.wiki.fc2.com/">カスタムサーガ a>と名付けた世界観に基づいて、フリゲやエロゲを出していますので、不定期に発表を続けると思います。

Q:このレビューをご覧の皆様に一言おねがいします。

A:体験版のなかに好みの子がいて、こいつとヤりたいって子がいたら……すごく嬉しいですw

 もし好みの子がいたら、うなぎを食べに行こうって誘ってあげてくださいw
 きっと国境まで誰かが運んでくれますw


■雑記
1時間くらいの体験版です。

都市伝説と言われながら、その存在を信じる者が後を絶たぬ「30歳まで童貞だった者は魔法が使える」という話。

これを身体を張って証明して見せたのが今作品の主人公です。

彼が30歳を迎えたその日、長かった童貞生活に幕を下ろそうとした彼を待っていたのは、戦乱の日々でした。

突如、目的も正体も不明な敵軍が主人公の住む街を襲撃してきたのです。

予期しない敵軍の侵攻により街の建物は次々と占拠され、残されたのは主人公が童貞生活に別れを告げようとしていた娼館のみ。

娼館にも敵が現れ、童貞喪失どころか主人公の命も喪失しそうだったのですが、そこで30歳の彼は自らの中に眠っていた魔力を駆使して敵を退けます。

ただ、童貞を捨てたかっただけなのに、魔法が使える主人公は反撃の要として敵と戦うことになってしまいます。

しかも、童貞を失うと魔法を失うので、童貞生活の継続を余儀なくされてしまうという、踏んだり蹴ったりな展開が待っています。

このため、主人公の価値=魔法が使えること=童貞であることとなり、主人公の価値=童貞であることという悲惨な式が成り立つわけですが、同時に街を解放するまでの間、娼館のみなさんからサービスが受けられるようになるので、頑張ってやるしかありません。

主人公のHPMPは彼女たちのサービスで回復するので、戦いで疲れ切った魔法使いを娼婦のみなさんがいたわってくれるわけです。がんばらないわけにはいきません。

体験版で彼女たちのサービスが受けられるのは、ほんの一部なのですが、登場人物の多さに驚かれると思います。敵味方、合わせて20人くらいはいそうで、すべて3Dでサービスをしてくれます。

RPGなので、お目当ての人のところにマップ上を歩いていくのはやや面倒ですがこれも仕方ないことかもしれません。

さて、カードバトルなのですが、街の仲間や捕まえた捕虜をあれこれして味方に加えたりするので、こちらも結構な数の戦力を手にすることになります。

キャラの特性に加えて、武器や防具にも固有の能力があるので、うまく組み合わせて使いましょう。体験版はうまくやれば主人公ひとりですべての敵をなぎ倒して街を解放できるのですが、キャラごとの好感度などもあるのでいろいろ試してみたいところです。

ただ、攻守のことなど、もうすこし作品中で説明があったら親切かもしれません。

童貞を捨てるために来たのに童貞だから大事にされて、しかも普通にお客になるより得な状態にもなったりしてるけど、童貞のままというのがいいですね。

作品の中でうまく、童貞というテーマを活かしてエッチなこともできる作品なので、多くの人に遊んでほしいと思います。

童貞の魔力に驚いたりしてみてください。

体験版はこちらから。


トップページへ