茂原市の弁護士 茂原総合法律事務所ブログ

安心法律相談・スピード対応・土日塾実や夜間の相談

相続法の改正により,特別寄与料の制度が設けられました。同制度に関する改正法は,令和元年7月1日に施行されています。

特別寄与料の制度は,相続人ではない親族(6親等内の血族,配偶者,3親等内の姻族)が,被相続人に対して無償で療養看護その他の労務の提供をしたことにより被相続人の財産の維持又は増加について特別の寄与をした場合に,相続人に対して寄与に応じた額の金銭の支払を請求できるという制度です(民法1050条1項)。

特別寄与料の支払いについては当事者の協議で決めますが,協議が調わない場合,家庭裁判所に対して協議に代わる処分を請求できます。
ただし,この請求は,相続の開始及び相続人を知ったときから6か月(又は相続開始から1年)を経過したときはできないこととされています(民法1050条2項)。請求できる期間が短いので,注意が必要です。

(松本)

茂原総合法律事務所では,2019年8月10日(土曜日)から8月18日(日曜日)まで,夏季の休業とさせていただきます。

※夏季休業期間中にいただいたメールフォームからのご予約・お問い合わせについては,休業明けからの対応となります。ご了承下さい。

平成30年(2018年)に相続法が改正され、平成31年(2019年)から施行されていきます。
改正項目をまとめた記事をアップしましたのでご覧下さい。


遺言に関する民法の改正(自筆ではない財産目録の添付)

自筆証書遺言の保管制度ができます

相続人以外の親族の寄与に関する制度の創設

配偶者居住権とは?

どのような場合に配偶者居住権が発生するのですか?

配偶者短期居住権とは?

遺留分についての民法改正(平成30年)

配偶者の保護のための遺産分割の規定

遺産分割前に必要な範囲での預貯金の払戻しが可能

遺産分割前に遺産を処分した場合の不公平の是正

相続の効力に関する見直し

相続の効力に関する見直し(債権関係)

↑このページのトップヘ