2006年01月27日

機械質な着声の作り方!

なかなかユニークな”機械質な着声”を作ってみよう!
最近の着信音は着うたが主流になってきましたが、着メロ・着声なんかもなかなか根強い人気を保っています。

呼び出し音で「武勇伝」人気:YAHOOニュース

こちらのニュースでもわかるように、けっこう着声なんかも人気ですね。

というわけで今回は、なかなかユニークな機械質な着声の作り方を紹介していきます。
ロボットが喋ってるような感じです。

機械質な着声とは

マイクロソフトの提供するSpeechAPIを使用してパソコンに自分の意図した言葉を話させ、その音声を携帯で使えるフォーマットに変換してえせ着うたとして使おうというものです。
今回のやり方はSMAF形式なのでそれに対応した端末でのみ使用可能です(au・vodafoneなど)。
他の機種に関しては、このサイトでもやり方説明しているのでそちらを参考にしてください。


使用ソフト

おしゃべりテキスト
意図した文章の出力


baile de disfracas
PC上に流れる音声を抽出


SoundEngine Free
音の空白の切除、元音量の引き上げ


えせ着うたフロントエンド SMAF版
WAVEファイルををSMAF形式に変換


好きなことを喋らせてみる

おしゃべりテキスト

このソフトを使用するには、マイクロソフト提供のスピーチAPIパッケージと日本語エンジンパッケージが必要なので、ご使用のコンピュータに各パッケージがセットアップされていない場合マイクロソフトホームページよりダウンロードしセットアップしといてください。

おしゃべりテキストを起動し、任意の文字列を入力します。
あまりにも長い文章を入力してしまうと着声にした時容量がでかくなるので適度にしておきましょう。また不自然な表現を多用した文章だとアクセントが狂うのでその点は注意。




音声を録音する

baile de disfracas

先ほどのおしゃべりテキストを起動した状態で、baile de disfracasも起動します。
そしておしゃべりテキストで再生ボタンを押す→baile de disfracasの録音ボタンを押すという流れで音声を録音します。
そして全て話し終えたらbaile de disfracasの停止ボタンを押し、録音を終え、WAVEファイルができているか確かめましょう。

尚、「FILE」のフォームに入力した文字列がそのままファイル名となるので複数のファイルを生成する時は上書きされてしまわないように注意。




SoundEngineFree

これに、先ほど作ったWAVE形式のファイルを読み込ませます。
そして余計な空白部分を切除して必要な箇所だけを取り出します。

まず、使いたい音域をマウスでドラッグし、「編集(E)」→「切り取り(T)」で切除↓


音をもうちょっと大きくしたい場合は、キーボードの「ctrl+A」等で全てを選択し、「音量(D)」→「オートマキシマイズ(A)」にて音量の引き上げをしましょう。
このようにレベル(db)を調節し自分の好みの大きさにします↓


最後に名前をつけて保存します


最後に、SMAF形式に変換

えせ着うたフロントエンドSMAF版

これに前工程までに作成したWAVEファイルをドロップして読み込ませましょう。



まず、基本設定(1)タブにて使用するフォーマットやら、音質などの設定をしておきます。
ここで使うフォーマットや、周波数によって完成したときの音の質が上下するので自分の好みに合わせて設定してください。
ちなみに使用するフォーマットでの音質は、8bitPCM>4bitADPCM、サンプリング周波数は高いほうが高音質になります。
しかし容量もそれに比例して大きくなるのであまりにもでかくしすぎると端末側で再生できないなどの不備が発生するので気をつけたいところです。
また、PCから携帯へ作ったデータをシリアル転送する場合は、携帯同士でやりとりするときは「シリアル転送・メール添付を許可(T)」にチェックを入れておいてください。


最後に

これはかなりめんどくさいですねwwww
でもやってみる価値はあると思うので挑戦してみてくださいね。

mobile_quality at 19:36│Comments(0)TrackBack(1)作成形 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. おしゃべりテキスト 目次  [ "Kurodango" 「くろだんご」 ]   2010年03月25日 14:54
テキストの音声読み上げフリーソフト『おしゃべりテキスト』のマニュアル

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
是非追加してくださいね
カテゴリ別アーカイブ