サッカー アルゼンチン代表 メンバー/フォーメーション 2010

サッカーアルゼンチン代表のメンバーやフォーメーションについて。長い歴史を誇るFIFAワールドカップにおいて、常に優勝候補に名前が挙がりつつ、第13大会以降20年間優勝に見放されているアルゼンチン。
今大会は非常に多くのスター選手を抱え、優勝候補の筆頭とさえ言われていました。
しかし、あの世界的英雄のマラドーナが監督に就任して以降、予選突破すら危うい状況に追い込まれ、どうにか4位で通過というかなり厳しい状況に追い込まれました。
普通に考えると、このチーム状況では厳しいという予想がなされますが、こういった危機を乗り越え、本戦で覚醒して優勝という事も、南米のチームは起こし得ます。
そういった面でも、アルゼンチンには注目ですね。
では、そんなアルゼンチンの2010年FIFAワールドカップにおけるスタメン予想をしていきましょう。

GKはカターニアのマリアーノ・アンドゥハルが若手ながら濃厚です。
CBはインテルのサムエルの怪我の状態次第ですね。
後はバイエルンのデミチェリスが濃厚ですが、ベテランのエインセ、中堅のコロッチーニやパレハにもチャンスはあります。
SBは経験者が少なく、インテルのサネッティが呼ばれなければ、スタメン予想は難しいですね。
マンチェスター・シティのサバレタやリヴァプールのインスーア、あるいはエインセがサイドに回るといったところでしょうか。

守備的MFはリヴァプールのマスケラーノがほぼ確定。
レアル・マドリーのフェルナンド・ガゴ、インテルのカンビアッソがそれに続きます。
攻撃的MFはリケルメ、ベロン、アイマール、マキシ・ロドリゲス、ディ・マリアのいずれかが起用されると思われます。

FWには、何といっても現在世界最高の選手であるリオネル・メッシが確定。
ただ、メッシは代表戦だとリケルメと相性が悪い、あるいはあまり力を発揮できないとも言われています。
他には、イグアイン、テベス、アグエロ、ディエゴ・ミリートが有力です。

アルゼンチン代表の攻撃的MFとFWのメンバーは、いずれも世界的な名選手ばかり。
彼らが力を発揮すれば、優勝も十分射程圏内です。

ワールドカップ 2010