一重 アイメイク 方法/仕方

一重の人のアイメイクの仕方、方法について。腫れぼったい一重まぶたの人は、二重まぶたの人と同じようなアイメイクをしても、どうしても不自然になってしまいますよ。一重の目の人には、それに合ったアイメイクが必要です。そこで、一重の目をすっきりと大きく見せるアイメイクの方法を紹介します。

一重の目の人がアイラインを引く時には、ラインをすっきりと、細く引くようにしてください。目を大きくみせたいばかりに、アイラインを太く引いてしまうと、一重の目の人の場合は、アイラインが丸見えになるので、あくまでも細く引くのがポイントです。

もしも、太く引いてしまったら、ラインを薬指か綿棒を使ってぼかしてしまえば、自然なラインに見せる事ができるでしょう。アイシャドウは、同系色の薄い色と濃い色の二色を使い分けます。まずは、ベースとなる薄い色のアイシャドウをまぶたの際から眉の下までのせてください。アイシャドウをのせる範囲が広くなりますが、薄い色のアイシャドウを使えば派手にはなりません。

次に、目を開けて二重の線を作るように、今度は濃い色のアイシャドウでラインをつけていきます。その印から大胆に、目の際まで濃い色のアイシャドウを乗せていき、まぶたの目尻側のアイホールを濃くするように立体的にアイシャドウをぼかすのです。下まぶたのアイシャドウは、初めに使った薄い色で細くラインを描くように乗せていくといいでしょう。最後に、黒目の下に当たる部分だけに、濃い色のアイシャドウをのせる事で、目を縦長にすっきりと見せる効果を出せます。