女性 ひげ

女性のひげについて。女性でも、ひげに悩んでいる人は多くいます。女性のひげは、男性のひげほど濃いわけではありませんが顔の産毛が多かったり、濃くて悩んでいる女性は多いのです。
鼻の下の産毛が長く、濃い場合だと男性のひげのように見えて、それが深刻な悩みとなってしまいます。
産毛といえども、処理をしないとファンデーションがうまくのらず、毛が目立ってしまいます。
もみあげが男性のように濃いと悩む女性もいます。
そのため、ひげの様な産毛の脱毛を考える女性もいるのです。

女性のひげの場合は、男性ほど黒く濃い毛ではありません。
そのため、黒い色に反応するレーザーはこの場合使えないことになります。

このため女性のひげの脱毛には、レーザーではなくフラッシュ脱毛(光脱毛)が多く用いられています。
光を毛根に集中させて温度を上げ、毛母細胞や毛乳頭のタンパク質を変化させて死滅させてしまいます。
このような方法で脱毛を促します。
再び生えてくる毛は以前よりも細い毛になります。
これを繰り返して生えてくる毛を薄くしたり、生えないように促して脱毛するのです。
フラッシュ脱毛はレーザーと比べると痛みが軽い脱毛手段です。

脱毛の方法には様々な手段がありますし、施術を行う場所もエステティックサロンや美容外科、皮膚科など様々な場所があります。
料金や方法、納得のいく説明があるか、副作用にはどのようなものがあるのかをしっかり情報を集めたうえで脱毛を考え、契約してください。


Permalink

ひげ 脱毛

ひげの脱毛について。ひげの脱毛にはどのような方法があるのでしょうか。
男性のための脱毛には、ひげの脱毛の他にも胸・腕・すね毛などの脱毛があり施術が行われています。

・レーザー脱毛
レーザーを毛根と毛包に照射して、毛包の中にある毛母細胞を壊します。
レーザーは黒い色に反応します。
毛根に毛があるひげの成長期には黒い毛根に反応してレーザーを照射できるので効果が大きくなります。
毛の元となる毛母細胞が壊れることによって、ひげが生えてこなくなります。
やけどなどの副作用が出る場合があります。

・光脱毛
メラニン色素に反応する光を照射して、毛と毛根の温度を上げて熱でたんぱく質を変化させて脱毛を促します。
レーザーよりも出力が弱いので、効果はレーザーよりも穏やかになります。

・ワックス脱毛
ワックスを塗って、それをはがして行う脱毛方法です。
永久脱毛ではありません。
脱毛したい部分にワックスを塗り、それが固まったらはがして毛根から毛を抜き取ります。
肌が弱いとかぶれてしまうことがあります。

・電気脱毛(針脱毛)
毛根を電流で破壊して毛を生えてこないようにする方法です。
毛穴に針を入れて、その針に電流を流して行います。

ひげの脱毛では、痛みが強い場合には局部麻酔を行っている場合もあります。
毛根に強い刺激が伴うものなので、施術を受ける前には詳しい説明を受けてください。
副作用などのデメリットについても説明を受けましょう。
ひげの脱毛には保険が効かないので支払い金額にも注意しておきましょう。


Permalink