まつげパーマ

まつげパーマについて。まつげに関する美容としてまつげパーマもあります。
まつげパーマも一時期は口コミによって広がり、非常に人気が高かった美容法です。
先ほどから紹介しているまつげのエクステが流行る前まではまつげのパーマが流行っていました。
ではまつげのパーマというのはどういうものでしょうか。

私たちはお化粧をするときにビューラーでまつげを上に上げます。
そうすることによって目がはっきりとした印象になるからです。
ですがビューラーで上げたまつげは一日キープすることは難しく、すぐに下へ下がってしまいます。
そういった面倒なことを省いてくれるのがまつげパーマです。

まつげパーマは一日中まつげが上がった状態を数週間キープしてくれますので、お化粧の時も非常に楽なのです。
この楽さと手がるにできるという評判が口コミによって広がりました。
お値段も高くて5千円くらいしかしませんので、わりとリーズナブルであります。

まつげパーマを行っているところは美容院でもありますので髪の毛をカットしに行ったついでにまつげのパーマをかけてもらうという人も多かったようですね。
そして眼球に影響がでるなどの危険性も少ないですので、やはりこれもリピートされた方は多かったようです。
今でもまつげのパーマはありますが、エクステが流行り始めた関係でパーマ派の人は少なくなってしまいました。
ですが逆にエクステに抵抗がある人はまつげのパーマで目に変化をつけてみるのも良いかもしれません。

Permalink

まつげ美容液

まつげ美容液について。先ほどまつげに関する美容法を紹介しましたが、まつげ、エクステ、パーマ以外に皆さんが自宅で行っているまつげの美容法を紹介したいと思います。
自宅でできるまつげの美容というと何を想像しますか?あまり思いつかないかもしれませんが、実は口コミランキングでも上位を占めているまつげの化粧品があります。
まつげの美容液です。

パーマもエクステもつけまつげも行っていない人はビューラーでまつげを上げるかと思いますが、実はまつげをはさむタイプのビューラーはまつげが痛んでしまうのです。
今ビューラーも改良されて口コミでも人気が高い大手のメーカーが出しているビューラーは本当に「良い」評価を受けていますが、使いすぎはまつげに負担がかかってしまいます。
本当はホットビューラーでまつげをあげる方が痛みにくいようですが、時間がかかってしまいます。

では通常のまつげをはさむタイプのビューラーを使用している人にお勧めのまつげ美容液ですが、種類は正直あまり豊富ではありません。
メーカーによっては出していないところが多く、限られてしまいますが、手ごろで雑貨屋さんなどで販売しているメーカーのもので1800円くらいで購入できるまつげ美容液がありますが、高校生に人気のようで、口コミによる情報ですと「お手ごろなのにまつげが増えたように感じる」「ビューラーが決まるようになった」などこれもまた評判が良いです。

同じ会社から出しているクリームタイプのまつげ美容液は3000円しますが、実際にこれは油分が強いこともあり、お値段がはるだけ期待できるようです。

Permalink

ナチュラル アイメイク

ナチュラルなアイメイクについて。老若男女問わず、高感度大なナチュラルアイメイク。実はこれ、とても難しいのです。
アイメイクをしているという雰囲気をださず、あくまで自然に眉毛、目元をキリリとさせて、目力を引き出すといったかなり高度なテクニックが必要とされます。

ナチュラルアイメイクのアイカラーはブラウン系やゴールド系が自然になじむと思いますが、色々試してみて、自分の肌になじむ色をさがしてみてもいいですね。

アイラインは黒を試してきつい印象を受けるようであればブラウンを使ってみましょう。上まぶたに引いた後、綿棒でぼかすと優しい印象になります。
リキッドタイプのアイライナーを使うとキリッとした感じになるので、ペンシルタイプと上手く使い分けると、さらにナチュラルになります。

眉メイクはスッキリさせた感じにするのがいいです。
柔らかさを出すためブラウン系や自分の地毛に合わせたグレー系のペンシルで眉の形に合わせて基準となるラインを眉の下側に描いていきます。
眉のラインの基準が決まったら眉の色に合ったパウダーもしくはアイブロウ用のマスカラを使って眉尻側から毛流れにそって描いていきます。

まつげはビューラーを使って根元から上にあげます。
自分でやると、まつげをかくっと折ってしまう、あるいは、自然な仕上がりにならないと悩んでいる人は、まつげパーマもいいでしょう。
ロッドの大きさも種類があるので、お店の人と相談して、自然な仕上がりかつ、くっきりまつげをあげることができますよ。
マスカラは下まつげも忘れずに。目を大きく見せ、目の吸引力をアップさせます。

Permalink

簡単アイメイク術

簡単アイメイク術について。アイメイクをすべてきっちりやっていては、それだけですぐに10〜20分くらい経過してしまいます。忙しい朝には大変なのではないでしょうか。
ここは是非、苦手な部分はいさぎよくカットし、時間を短縮させ、本当に必要な部分にのみ時間をかける簡単アイメイク術でいきましょう。

例えば、ビューラーを使うのが苦手なら、いっそもうビューラーを使わず、カールアップ効果の高いマスカラを使う。カールキープ力が強いものなら、ぱっちり目が長持ちできます。
もしくは休日にまつ毛パーマをかけて、平日の朝にマスカラをぬるだけの状態にしておくとか。

アイブロウの場合はチップタイプの方が広範囲にすばやく描くことができます。
力加減も調節しやすいので、ぼかしも、くっきりラインも思いのままにできます。

ビューラーを使いたい派は、まつげの根元・中間部・毛先の3箇所をポイントにはさめばきれいに仕上がります。

アイシャドウはクリームアイシャドウならすっとのびて、まぶたに自然に広がります。忙しい朝に、指でさっとぬれます。ラメ入りを選べば、一気に華やか顔になるでしょう。ベージュ・ブラウン系なら、服の色を選ばず、肌なじみがいいです。

アイラインが苦手な人は、ペンシルタイプで。つげの根元を下から埋めるようにインラインを引きます。

手を抜いてないように、しっかりメイクしているように見せるテクニック。
忙しい現代女性なら、是非、身に着けましょう。

Permalink

アイメイク たれ目

たれ目のアイメイクについて。つり目の人はたれ目や童顔の顔がいいなぁと思いますし、たれ目や童顔の人は色っぽい大人のメイクを見て、あんな風にしたいなぁと思うようです。
目元の印象をアイメイクで変えられないものかと思っている方に朗報!
アイメイクしだいで目元のコンプレックスは軽減できますよ。

今回は、童顔・たれ目メイクの作り方です。
たれ目アイメイクは目頭より目尻を強調するようにします。
ポイントは下まぶたのアイライン。目尻から1/3程度のところに太めに引くとたれ目に見えます。
色はナチュラルなブラウンがいいでしょう。

マスカラもアイライン同様に目尻にボリュームが出るようにします。
マスカラ下地をしっかり塗ってマスカラをしましょう。
アイラインは濃く太くならないように、まつげの隙間を埋めるように細く描いていきます。
目尻をつり上げた感じの猫目のほうが大人の可愛さがでるでしょう。
アイシャドウは、大人っぽくみせるにはゴールドやブラウン系などを中心に下まぶたに乗せてみるのがおすすめです。

チークは頬に丸くのせると可愛らしく見えます。
ピンク系は可愛らしいイメージを持たせるのでたれ目・童顔にみせたいときに是非使いましょう。

メイクのバランスとしては、目元に印象を置いたときに口元は淡い色。口元に印象を置きたい場合は目元をナチュラルにしてバランスをとるようにしましょう。

「色っぽさ」をプラスしたいときには口元も意識したほうがいいでしょう。
リップを塗る前にリップラインを自分の口のラインより1mm外側に引くと、唇に厚みが出てよりセクシーで可愛い印象になります。

Permalink