ダウンジャケット メンズ

ダウンジャケットのメンズについて。ダウンジャケットのメンズで人気のあるブランドというのはどこか。

ダウンジャケットのメンズで人気のブランドとしては大きく分けるとアウトドアブランドのダウンジャケットが人気があるし、サーフブランドのダウンジャケットも人気です。

ノースフェイスのダウンジャケットも歴史が古くて昔から人気のダウンジャケットのメンズの中でも人気があります。他にもダウンジャケットのメンズではモンクレールのダウンジャケットも人気があると思いますし、かっこよく着こなしている人も多いです。

今はダウンジャケットのメンズといっても本当に色々なブランドから販売されていますからどのダウンジャケットのメンズがいいということは一概には言えないようですね。ダウンジャケットのメンズを色々と調べてみるとピレネックスのダウンジャケットも人気のあるダウンジャケットのメンズのブランドの一つですが、プレネックスのダウンジャケットのメンズは機能性に優れているといわれています。

とても暖かいダウンジャケットのメンズを選ぶならピレネックスがお勧めですがなぜあんなに軽いのに、温かいのかというと、プレネックスのダウンジャケットは寒い地方としても有名なフランスのピレネー地方で作られたダウンジャケットのブランドなので暖かいんだそうですよ。

Permalink

ダウンジャケット レディース

ダウンジャケットのレディースで人気があるタイプとしては、ロングのダウンジャケットのレディースが人気です。ダウンジャケットのレディースといえば普通のハーフ丈のものが今までは人気でしたが最近はファッション性と機能性をあわせもっているロングのダウンジャケットのレディースのものもとても人気です。

ロングのダウンジャケットのレディースのものはふくらはぎの真ん中あたりくらいまである丈でとても暖かいことからここ数年ロングのダウンジャケットのレディースを選ぶという人がとても多いです。他にもダウンジャケットのレディースといえば、ハーフ丈よりももっと短いタイプのダウンジャケットのレディースのもの人気がありますね。その場合には温かい機能性というよりも、ファッション性を重視したデザインとしてダウンジャケットのレディースが販売されています。

ダウンジャケットのレディースで人気のあるブランドというのは特にこれといってなく、どの人気ブランドから発売されているダウンジャケットのレディースもそれぞれ人気があるといってもいいと思います。ダウンジャケットのレディースを購入するにあたっては実店舗で購入することも可能ですが雑誌などに掲載された人気のダウンジャケットのレディースのものについてはすぐに完売になるかもしれませんから、完売後はインターネットなどで調べて探してみるというのもいいかもしれませんね。ダウンジャケットのレディースを取り扱っているネットショップはたくさんあります。

Permalink

ダウンジャケット 洗濯

ダウンジャケットの洗濯は家でもできます。ダウンジャケットを洗濯したことがないという人も多いと思いますが、ダウンジャケットは家でも十分洗濯可能なのです。私も今まではダウンジャケットはクリーニングに出さなければいけないものだと思っていたのですが、ダウンジャケットの洗濯が家でできないか調べたところ家でもダウンジャケットの洗濯ができるというのでここ数年はクリーニングに出さずに家でダウンジャケットの洗濯をしています。

ダウンジャケットの洗濯方法は、少し部分的に汚れが付いたくらいだったら、中性洗剤をつけた布でふき取ってあとは自然にハンガーにかけて乾かしておくという簡単なお手入れの方法でいいと思いますが、ダウンジャケットを本格的に洗濯したいというのであれば、おしゃれ着洗いができる洗濯機の場合には、おしゃれ着洗い用のコースにして、ダウンジャケットをネットに入れてから洗濯機で洗濯しています。

脱水もおしゃれ着洗いなので普通よりも短めでやさしいコースになっていますから脱水後は水を含んだダウンジャケットは重たいので影干ししてから少し乾いたら、ハンガーにつってほしています。

ダウンジャケットの洗濯の流れはこのような流れですが、もしも洗濯機でダウンジャケットを洗濯するのが不安だという場合には、ダウンジャケットを手洗いするということも可能です。大きめの洗面台に水をはってそこでもみ洗いしてダウンジャケットが洗濯できます。


Permalink

ダウンジャケット 手入れ

ダウンジャケットの手入れについて。ダウンジャケットは、水どりなどの羽毛を使って保湿性の高いジャケットとして作られていますからダウンジャケットは普通のジャケットのように洗濯をしたり、普通に扱っていると長く着ることができなくなってしまいます。ダウンジャケットの手入れについては慎重に行うことが大切ですが、ダウンジャケットの手入れとしてはまず部分汚れについては、付着しているものにもよるかもしれませんがついたらすぐに軽く中性洗剤を含ませた布でふけばそれだけで汚れが取れると思います。ダウンジャケットの汚れが取れた後は、また二度ぶきしてあとは陰干しすれば部分的なダウンジャケットの手入れは完了です。

できるだけすぐに汚れがついた場合には取るようにすればダウンジャケットを手入れのためにクリーニングに出す回数も減ると思います。ダウンジャケットの毎日の手入れとしては着た後は、湿気がダウンに含まれていますからすぐにクローゼットなどに片付けずに、少し風が通るようなところにほしておくというのがダウンジャケットの手入れに望ましいと思います。もしも雨などでダウンジャケットが濡れた場合の手入れとしては、早めに水を拭いてハンガーにかけるのですが、中でダウンが固まってしないように形を整えるのがダウンジャケットの手入れのポイントです。もちろんアイロンやスチームなどは使ってはいけません。ダウンジャケットの手入れは自分でも十分にできますし、クリーニングにも出せるようになりました。

Permalink

ノースフェイス ダウンジャケット

ノースフェイスのダウンジャケットについて。ノースフェイスのダウンジャケットは人気のあるダウンジャケットですが、ノースフェイスというブランドは1968年にアメリカのカリフォルニア州でシェラフなどを作っていたブランドです。

様々なアウトドア用品を作ってきたノースフェイスは、シェラパーカーと呼ばれていてノースフェイスの会社ができた翌年の1969年に発売が開始されました。ノースフェイスでは寝袋にも品質の高いグースのダウンを使っていたのですが、ノースフェイスのダウンジャケットにもグースダウンを外側にふんだんに使用していて、ダウンの品質規格に決められているダウンが8割以上でフェザー18パーセントいないという企画にノースフェイスのダウンジャケットは難なくクリアーしたのです。

当時、ダウンジャケットを販売しているブランドはほかにもいろいろとありましたが、アメリカのこのダウンジャケットの品質規格に一発で合格したのは、ノースフェイスのダウンジャケットだけだったことから、ノースフェイスのダウンジャケットの品質の高さがうかがえます。

ノースフェイスのダウンジャケットである、シェラパーカーというのはほかにもいろいろと機能に優れていて大きなポケットも付いていて、ダウンジャケットのさきがけとなって、それから作られるダウンジャケットはノースフェイスのダウンジャケットを模倣して作られるくらい人気のあるタイプでした。

Permalink