aamall

2019年10月12日

キラキラと

温浴することが好きなリクガメのラルミ

毎朝、目が合うと
「風呂に入れてくれんかのぅ」
という感じでアピールしてきます

その生活を1年以上続けた結果
甲羅がどんどんピカピカに

DSC01288

先日、2号サンの母上がウチに遊びにきたときに
ラルミを見て
「綺麗なべっ甲」
と言われました

鳥サンのモフモフも良いですが
爬虫類のウロコ・甲羅もクールな感じで
素敵ですね

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村
にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村
にほんブログ村 鳥ブログ ヨウムへ
にほんブログ村

ありがとうございました!


mocha0202 at 18:54|PermalinkComments(0) リクガメ 

2019年10月02日

増税前に

先月末、増税前にモカのエサでも
買っておこうか・・、と
ショップに出かけたら
ご立派なケージが売っておりました

モカの今のケージもかれこれ10年近く
使っており、かなり傷んできたので
思い切って購入することにしました

(新旧のケージを並べてみました
 大きさの違いがわかりますね)
DSC00933

さて、鳥サンによっては
なかなか新しい環境に馴染まず
ケージの引っ越しも手がかかる・・・
というお話を聞いたことがありますが
ウチのモカは良くも悪くも鈍感なので
すんなりと中に入ってくれました

(とりあえず、エサで釣って
 中に入れてみました)

DSC00937

しかし、如何せんケージの大きさに比べて
玩具が少ないので
先日設置したばかりの自作玩具を
移動式止まり木から外して
こちらのケージ内に設置いたしました

DSC00938

なお、いつもは毒舌なモカが
新しいケージの中から
「アリガト~」
と言ってくれた時は
嬉しかったですね

投資した甲斐があったというものです

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村
にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村
にほんブログ村 鳥ブログ ヨウムへ
にほんブログ村

ありがとうございました!


mocha0202 at 11:08|PermalinkComments(2) その他 

2019年09月26日

演技するカメ

ヨウムなら、知恵があるので
人間を誤魔化そうとする
行動はよく目にするのですが

2億年前からほとんど今の形状と
同じと言われていて、
脳ミソなんか、あるのかないのか
わからんレベルと言っても過言ではない
リクガメについてのお話

ある日、私が朝から外出して
夕方帰宅し、カメのケージを
覗いたところ、
さも
「ワテ、朝から何も食べとらんのですワ」
という感じで必死の形相で
寄ってきた

「そうか、そうか、可哀想に
 2号サンは何もゴハンくれんかったんやねぇ」
と、エサの用意をしていたところ・・

2号サンが部屋に入ってきて
「今日、カメに
 ペレット、エダマメ、ニンジンあげとるよ」
とのこと

普通の日よりも食べているではないか!

そうやって話していたら
カメは
「バレたか・・」
とでも言うように
くるりと向きを変えてケージの奥の方へ
戻っていきました

姿形がユーモラスで
動きもゆっくりなせいか、
おとぎ話などでも、たいていカメは
正直者で努力家で善玉な役回りですが
意外とヤツらはしたたかなのかもしれません

DSC00230

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村
にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村
にほんブログ村 鳥ブログ ヨウムへ
にほんブログ村

ありがとうございました!




mocha0202 at 22:07|PermalinkComments(4) リクガメ 

2019年09月20日

玩具で遊んでもらうために その3

さて、前回の教訓で
モカに遊んでもらうためには
玩具の揺れが問題らしい、
ということがわかりました

と、いうことで・・

玩具の下部を移動式止まり木に
縛りつけて、揺れないように
固定することにしました

DSC00204

完全に揺れない・・というワケではありませんが
今までに比較するとはるかに
安定性が良くなりました


そして、翌日

再びモカを放鳥いたしました

無論、前日と同じように
モカの目の前で好物の落花生を
エサ入れの中に入れております


モカは前日と同じように
嘴で玩具を咥えていろいろ確かめた後・・

今回は「大丈夫!」
と判断したのでしょう

下降を開始しました

DSC00220

玩具に多少の揺れはあるので
おっかなびっくり・・・という感じですが
少しずつエサ入れに近づいていきます

DSC00221

そして、やっとエサ入れに嘴を入れます

DSC00223

落花生GET!

DSC00209

何故か上まで戻ってから
落花生を食べるモカ

DSC00213

一度、成功すると
「安全だ」
と判断したのか、2回目からは
スムーズに移動するようになりました

そして、それから3日もすると
エサ入れに餌がなくても
遊びとして白いロープを
登ったり下ったりするようになりました

う~む

確かに先生の言われたとおり
初めはエサを惜しまず
どんどん投入することで
鳥さんが玩具に対して良い印象を
持つように仕向ける手法は
とても効果的ですね

後からエサを削っていっても
何の問題もありませんでした

ともあれ、飼い主様の手作り玩具で
しっかりと遊んでくれるようになったので
めでたしめでたし・・・であります

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村
にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村
にほんブログ村 鳥ブログ ヨウムへ
にほんブログ村

ありがとうございました!




mocha0202 at 21:23|PermalinkComments(2) その他 

2019年09月17日

玩具で遊んでもらうために その2

いよいよ準備完了となりました

モカを放鳥してみます

モカは私が
エダマメを例のエサ入れに
入れているのを見ていたので
真っ先に移動式止まり木へ
飛んでいきました

DSC00192 (2)

そして、上からエダマメを眺めております

 「コレはどうやったら届く・・?」
  と考えているようです

DSC00193

少し考えていた様子のモカでしたが
しばらくすると
嘴で玩具を咥えて揺らし始めました

 ・持ち上げることが出来るのか?

 ・足場として適当なのか?

と、いう事をチェックしている
ように見えました

結果ーー

 ・コレは重くて持ち上げることは出来ない

 ・とりあえず足をかけてみよう

となったようで
片足を玩具に乗せました
(もう片足は頑丈な赤いロープに
 かけたままなのが慎重さの表れです)

ですが・・

500グラムオーバーのモカの体重が
かかると玩具は大きく揺れてしまい、
モカは
「ウワッ!!」
と驚きの声をあげて
そそくさと元いた赤いロープの上に戻り、
その後は玩具に乗ろうとはしませんでした

今回はそろそろ潮時か・・
と思いましたので
丁度良い高さのアクリルケースへ
モカと移動式止まり木を移動させ
ご褒美のエダマメを食べさせました
(次回へ繋げるためにも報酬を
 きちんと与えておくことは必要ですね)

DSC00194

う~む・・

モカにこの玩具を使ってもらうためには
まだまだ改良が必要なようです
(ただ、エサ入れを取り付け、興味を
 引くことには成功いたしましたので
 その点は良かったです)


その3へ続く

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村
にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村
にほんブログ村 鳥ブログ ヨウムへ
にほんブログ村

ありがとうございました!


mocha0202 at 05:54|PermalinkComments(2) その他 
にほんブログ村 鳥ブログ ヨウムへ
にほんブログ村
アクセスカウンター
  • 累計: