2016年03月24日

4月2日(土) ひとりマンドリン フリーライブ at 桜の金川の森

迫ってからの告知ですみません。
4月3日(日)は勝沼朝市ですが、その前日のフリーライブのご案内です。
日 時) 4月2日(土) 午後3時開始  
場 所) 杜茶や(笛吹市金川の森に隣接、素敵な雰囲気のカフェです)
会 費) 通常の飲食 でOKです。
※ご協力いただける方には、藤沢〜山梨の交通費カンパ箱を用意します。
金川の森では満開の桜が待っています?
5月朝市1DSC00222

曲は日本の唱歌・演歌等と、ビートルズのナンバーをメインに

当日は石和温泉駅からの「桃の花バス」で「金川の森バス停」へ
ここには「桜の森」もあります。

「杜茶や」さんはフェイスブックでも検索できます。
金川の森の東側、管理事務所を一筋目右折外周を公園からできるだけ離れないように南へ、中央高速手前の公園側にあたります。

お席に限りがありますので、ご参加いただける方はお名前、人数をコメントに書き込みいただけるとうれしいです。
折返し、ご案内メールをお送りします。






mochi405 at 10:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)マンドリン | 花見

2016年02月09日

2月7日 3か月ぶりの「かつぬま朝市」は

今年初めて、2月7日の「かつぬま朝市」に
前の晩に甲斐大和まで来て旧甲州街道笹子峠入り口「駒飼いの宿」に前泊 
美味しい夕食に暖かい布団でぐっすり!
けど、朝起きてみると一面の雪!
後方の松の巨木、根元の辺りが折れ曲がっていて、よく立っていられます!?
雪の一本松

勝沼への道も木々が真っ白!
勝沼への道

朝市会場入り口では雪は少ないものの、、
朝市会場入り口 ]


3か月ぶり朝市メンバーの常連の皆さんと
朝市会場で

演奏はこんな風に、、雪はかなり解けたけど
会場の皆さんに少しでも元気を届けられたかな?
朝市演奏

mochi405 at 00:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年01月31日

第18回 もっちの江の島ワイン会 ご案内

夕景色

ご無沙汰しており申し訳ありません。
皆様いかがお過ごしでしょうか、江ノ島ワイン会のご案内です。

日時 2016年3月26日(土) 17:30 〜 20:30 中締め
     17:00 開場           
会場 おしゃれ工房游 小田急 片瀬江ノ島駅徒歩4分
    藤沢市片瀬海岸1-12-17 江ノ島ビュータワー5階
会費  お一人様 7000円/ワインなしの場合6000円

今回はいろいろ趣向があります。
1) 天然ものより美味いと評判の真鯛「鯛一郎クン」を宇和島から取り寄せ、また3月10日には湘南のしらす漁が解禁になるので、新鮮な鯛一郎クンと生しらすを甲州ワインと一緒に味わう!ということができるかも、、?
2) 特別ゲストがお二人、某ワイナリーの実力社長さんと、神奈川音楽コンクール優勝の素敵なピアニストさん
3) 現在開催中の女性審査員ばかりによるワインコンクール「さくらAWARD」の入賞南アフリカワインも取寄せたいし、、
4) まるき葡萄酒が沖縄で進めている「トロピカルフルーツワイン」も初めて味わいます。
5) もっちの「ひとりマンドリン」をはじめ参加者の皆さんで音楽があふれることも期待しています
01
お申込はメール:mochi405@yahoo.co.jp か
携帯090-8040-2775 まで
お名前、ご住所、人数、アルコール有無を   1次締切:3月12日(土)
即メール電話で確認を、後日 参加票をお送りします。 

全景
江ノ島には水族館をはじめ、ワイン会の前にもいろいろお楽しみいただけます。
このポスターはバレンタイン企画ですが、、(;^ω^)
湘南の宝石

mochi405 at 22:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)江ノ島 | ワイン会

2015年08月17日

藤沢移転 第17回「もっちの江の島ワイン会」ご案内

江の島夕景

 今年5月末に16年に及ぶ山梨での単身生活にピリオドを打って、、
藤沢に帰りました。 
今後とも山梨との絆は大事にしていきたいと思いますが、、
転居後初めての「江の島ワイン会」を以下により開催します。

日時 ’13年9月26日(土) 17:30 〜 20:30 中締め
    17:00 開場           
会場 おしゃれ工房 游 小田急江ノ島線片瀬江ノ島駅徒歩4分
    藤沢市片瀬海岸1-12-17 江ノ島ビュータワー5階
会 費  お一人様 6000円/ワインなしの場合5000円

DSC00660
この会はもっちの“ひとりマンドリン”をはじめ音楽好きの皆さんが集う楽しいワイン会です。
甲州ワインと新鮮な魚介料理とのマリアージュがテーマです。
今回は甲州ワインのほか北海道のワイン、南アフリカワインもご用意いたします。
また、もっちは最終的にNIKKAグループのOB会にも在籍しておりますので
今回はテレビの「マッサン」にも出てきたあの「スーパーニッカ」の初代復刻ボトルも用意しました。

ワイン左
さらに、この頃“牧丘”の絶品の巨峰の最高の時期になりますので
“種無し”と“種有り”をご賞味いただきます。またとない好機です。

*楽器の演奏してくださる方歓迎です、事前にお申し出ください。
本拠を湘南に移して初めてのワイン会です、皆様のご参 加をお待ち申し上げます。

参加ご希望の方はご住所・お名前・人数を9月20日までに以下までお申し込みください
折返しご連絡さしあげます。 
E-メール:mochi405@yahoo.co.jp

甲州ワインアドバイザー&町のひとりマンドリン弾き
   勝沼のもっち   望 月 省 吾

mochi405 at 23:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)江ノ島 | ワイン会

2014年10月22日

ぶどうの丘の「勝沼新酒ワインまつり」には

今年の「甲州」と「マスカット・ベイリーA」の新酒解禁日11月3日の新酒ワインまつりといえば山梨県ワイン酒造組合の日比谷公園が大規模で有名ですが、あちらは正確には「やまなしヌーボーまつり」です。
勝沼ではぶどうとワインの聖地「ぶどうの丘」でも開催されます。
この日は一年中でぶどうの丘が一番賑わいます。
こちらでは、勝沼の有力ワイナリー14社が出店して正面噴水広場で開催されます。さすがに会費もこちらは半額の1000円で特製グラスをお求めいただいて、、、14社の新酒ワインを自由に試飲していただきます。

12014sinnsyumaturi新酒ワインまつり












毎年このイベントにはミニコンサートが正面ステージで開催されるのですが、
今年はウクライナ出身のカテリーナ・グジーさんが出演してくれます。
カテリーナさん
たいへん珍しい民族楽器ハンドハープのような「バンドゥーラ」を弾きながら素晴らしいソプラノで弾き語りもされます。  とっても素敵な方ですよ 

イベントが10:00〜15:00 と長時間ですので
勝沼のもっちが昨年に続いて今年もつなぎの演奏をさせていただけることになりました。
正直なところ、今舞い上がっちゃっています。  (;一_一)

今年はWネックと、古いマンドリンを使います。
DSC00857
皆様のご来場をお待ちしております。、 よろしくお願いします。   (^.^)/~~~



mochi405 at 13:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

10月4日のぶどう祭り

甲州アップ
甲州 満開
たわわに実った甲州ブドウ いよいよ みのりの秋

002
収穫を祝うぶどう祭りは10月4日好天に恵まれたいへんな人出で盛会のうちに開催されました。

ぶどう祭りステージ
もっちも午後1時から15分ですが後方のステージでWネックマンドリンを弾かせていただき、その後はゆっくり祭りを楽しみました。
width="320" height="214" border="0" alt="ぶどう祭り萩原" hspace="5" class="pict" align="left" />

勝沼の誇るアルトサックス奏者萩原隆さんの演奏にしびれて、
ぶどう祭り牧山

夜はまたJAZZバイオリンの牧山純子カルテットが
ぶどう祭り夜店

そして祭りは夜の鳥居焼きへ向け聖火隊の出発まで見届けて、、
DSC00914
鳥居焼き

素晴らしく楽しい1日が終わりました。

mochi405 at 08:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年08月18日

第15回もっちの江ノ島ワイン会ご案内

昨年まで8月に開催してきた新酒のワイン会、今年は盛り沢山なワイン企画で9月27日に定例の第15回として開催します。江ノ島夕景小

場 所 おしゃれ工房 游(小田急片瀬江ノ島駅徒歩4分)
日 時 9月27日 17:30 〜 20:30 (予定)
会 費 6,000 円  アルコール抜き 5,500円
定員 25名

この時期に開催すると、いろいろ“グッド・タイミング”になります。

,泙襪葡萄酒の今年の新酒「デラウェアにごり」と「巨峰にごり」を食前酒と食後酒として楽しみます。994841_417031208414486_1573428300_n

対照的に辛口では甲州シュール・リー、樽発酵そしてスパークリングワインもご用意。

9饂坤錺ぅ鵐灰鵐ールの結果が出て、、さっそく金賞、銀賞受賞ワインを赤白交えて7点以上取り揃えています。DSC00060

ず2鵑隆覯茲箸靴董∨務て擦離錺ぅ淵蝓次▲錺ぅ麋を訪ねて調達してきたワインを
  品種は白ケルナー、ツヴァイゲルト・レーベ、赤ヴァイスブルグンダー 
  いずれもドイツ系の寒冷地適性の品種ですがどんな味わいでしょうか?

あわせる海鮮は、、、その時の水揚げ予測は困難ですが、、生しらすは別にしても季節の刺身を、、、生しらす 

このワイン会のもう一つの魅力、もっち親娘ののマンドリン合奏等、いろいろ楽しい生演奏で盛り上がります。
DSC02290
当初参加が懸念されたピアニストさんも間に合いそうです。 (^o^)丿

交通は小田急江ノ島線終点片瀬江ノ島駅すぐ近くです。
町田で横浜線に乗り換えると八王子、中央線方面も意外と近い。
首都圏へはほかに、藤沢から東海道線、湘南新宿ラインなど意外と簡単です。

申込み先 勝沼のもっち 望月 省吾
メール mochi405@yahoo.co.jp (モチ、シオゴ)です
または電話 090-8040-2775 FAX 050-1271-7568
住所、お名前、電話番号、人数、アルコール〇×を

お申込み受付メールは直ちに、参加票は9月中旬にお送りします。
会費のお支払いについては参加票にてご案内いたします。

mochi405 at 10:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年05月28日

第14回江の島ワイン会 また盛り上がりました。

ヒラメ
今回の刺身は何になるか、最後まで決まらなかったのですが、最終的に決まったのが、なんとこの巨大ヒラメ! 後ろのマンドリン カラーチェクラシコAやアッキー君と比べてもその大きさがわかりますネ!?  (^0_0^)

今回のワイン会は、ピアノ、オーボエ、パーカッション、ギター、マンドリンと大勢のミュージシャンが入り乱れての、なんとも楽しい会になりました。

 今回山梨からご出席いただいた雨宮前社長ご夫妻、新しくついたばかりのナビに振り回されて1時間半以上遅れて到着のまるき葡萄酒の雨宮前社長にもご挨拶をいただいて、、、
 さくらawardのベスト日本ワインとされた大和葡萄酒の樽発酵甲州「重畳スパークリング」をはじめいろいろ魅力的なワインを揃えましたが、結果的に一番人気だったのは、国産100%ではありませんが、前回のオリンピックの前年に発売されたマスカット・ベイリーAとカベルネ・ソービニオンブレンドのまるき葡萄酒の50年を超す基軸ワイン「オリンピアン赤」の1升壜ワインでした。
\(◎o◎)/! 


オーボエトリオ
合奏していただいているお二人は演奏家連盟の方々、こんな、恐れ多い!!

リベルタンゴ
ピアソラの名曲「リベル・タンゴ」は、ヨー・ヨー・マさんの向こうを張ってチェロと珍しいパーカッション「カホン」も加わっていただき、ごっキゲーンです。   (;一_一)
ラテンボンゴ
こちらのラテン“ブラジル”では、パーカッションは「ボンゴ」に持ち替えて、、
ラテン
ピアノとの合奏ではまた「カホン」に戻って、、
皆さんと
終わった後こちらのテーブルの皆さんと
窓の外は“江ノ島の灯り”です。!
  “楽しかった〜!”  (^0_0^)

mochi405 at 08:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ワイン会 

2014年04月18日

第14回もっちの江ノ島ワイン会 5月24日開催します

DSC00042
片瀬江ノ島駅 徒歩4分もっちの後のビル5階DSC01148
江の島夕景

この時期の新鮮なお刺身や、和風の家庭料理と “甲州”“マスカットベリーA”ほかの“日本ワイン”とのマリアージュをピアノとマンドリンの父娘生演奏とともにお楽しみいただきます。
DSC02290

今回は日本初の女性審査員だけによる「“SAKURA”Japan Women’s Wine Award2014」で
“最優秀日本ワイン”に選ばれたスパークリングワインもご用意する予定です。

ワイン左

当日の朝水揚げがあれば、当然いつものように、超新鮮な生しらすも味わえます。
生しらす

JRと小田急、ほか私鉄から江ノ電も乗れる江ノ島・鎌倉フリーパス/切符を使って初夏の湘南を楽しむこともおススメ(割安)です。

開催日:2014年5月24日(土)
時間: 16:30開場、 17:00開会 20:00中締め
場所: “おしゃれ工房 游”小田急 片瀬江ノ島4分
http://www.osharekobo-yu.com/  
会費:お一人 6000円(アルコール抜き5500円)
定員 30名様  先着順 お早目にご予約下さい

皆で
お申し込みは
e-mail:mochi405@yahoo.co.jp
Fax:05012717560
携帯:090-8040-2775 望月 まで
氏名、住所、人数、電話、できましたらメールアドレスもお知らせください


mochi405 at 01:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ワイン会 

2014年03月18日

3月15日(土) 甲府市「不老園」の梅を愛でつつマンドリン

不老園1DSC00023 
















15日はFM甲府さんに伺ったら放送局のある山梨学院のキャンパスでは卒業式が執り行われていて、、終了後出て見える皆さん、きちっとした服装の立派な社会人のよう、さすがにきっちりとした学風を感じさせてくれるような (^0_0^)
その後酒折駅を挟んだ山梨学院高校の奥にある不老園さんの梅林を訪れて、、、 ここは開園日の2月8日に訪れて、、梅の花はわずか1,2輪という寂しい中で、、ちょっと賑やかしに勝手にマンドリンを弾いて帰ったのですが、、
その後2度の大雪に見舞われ、本格的な再開は3月に入ってから、ネットで開花状況をチェックしたらほぼ満開ということだったので、今回も勝手にマンドリンを持ち込んで茶店の前でたった一人のストリートパフォーマンス!
 さすがに満開の梅を待ちかねた人達の訪れも多く、、そんな中皆さんに喜んでいただける演奏をすることができました。
 曲は「春よ来い」「春が来た」「早春賦」「花は咲く」「花」等季節の日本の調べをたっぷりと、、、   ゴキゲンでした。 (^0_0^)



DSC00032DSC00020DSC00018不老園3DSC00014


mochi405 at 07:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)山の花 

2014年03月09日

6年前の交通事故で

シルド3
赤の点滅を無視して突っ込んできた車に、原付ごと16メートルもぶっ飛ばされて、そこから奇跡的な回復をすることができたんですが、
それ以来、もう一切バイクはダメ! といわれちゃったのですが

現在リハビリを兼ねて電動補助自転車に乗っているのだけど
どうにも、活動範囲も狭いし、冬など路面の凍結も怖いし、何か乗れる車がないか?と探していたら、、、
「勝沼朝市」に古い知人が電動バイクを出店していて、、
こんな車を紹介されました。

シルド1
DSC00638

転倒が怖いのですが、これなら
三輪車だし、最高時速20kmということで、ちょっと高性能なシニアカ―みたいなもので、原付仕様のものを注文してしまいました。

*その後高速モードにすれば26〜27km出せる、下り坂でも30kmがmaxと分かってきました。
もうひとつ、後輪のサスペンションが板バネで固く、乗り心地は軽トラの荷台でハンドルにしがみついているような、、、 ちょっと誤算でした。  (;一_一)

それでも 十分注意しながら乗れば、ずっと私の助けになってくれるのでは?
少しは行動範囲が広がるかな?
ただ、ホントに“十分注意して”乗ります。   (^.^)/~~~
寒い間はホントに慣らし運転ダケ!にします。

mochi405 at 16:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)交通事故 

2014年02月10日

ゆたぽん5

ゆたぽん

お正月家に帰った時に、昨年末から自宅で生活している息子が、夜何か見慣れないものを持ってきたかと思ったら、電子レンジでチンして、、
温かくなったジェルみたいなものを右手の袋に入れて、寝室へ、、
あれ、なんだ? 妻に聞いてみると、
「ゆたぽん」ていって電子レンジでチンするだけで使える「湯たんぽ」で、貴方これ使うと足に良いわよ! っていうから、
勝沼に帰ってさっそくアマゾンで取り寄せて、使い出したら実に具合が良い。
もっちの右足は折れ曲がっちゃっているので、普段からかなり疲れるし、真上を向いて寝ると足先が上がっちゃって、寝るのもたいへん。
寒くなると、週1,2回程度は明け方足が痙攣して痛いこと、悩みの種だったんですが、、、
これを使い出したら、、もともと膝の下に足枕を使っていたけどちょうどその隙間に納まって、、、温かくて気持ち良い。

使い出してから、ほぼ1か月夜中の足の痙攣はまったくなくなりました。
「ゆたぽん」様々です。     
(^0_0^)  

mochi405 at 10:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年01月20日

第3回ぶどうの丘サンセットワイン会 by勝沼のもっち

ワインとぶどうの聖地、勝沼ぶどうの丘が主催する唯一のワイン会を 3月1日(土)に開催します。
詳細は下の案内をご覧ください。
http://budounooka.com/hpgen/HPB/entries/700.html

 
ぶどうの丘サンセットワイン会 












キーワードは
“選りすぐりの勝沼ワイン〜甲州、マスカットベイリーAと刺身、和風料理のマリアージュ”
“ぶどうの丘のパノラマ〜サンセットから夜景へ”
“勝沼のもっちのソロマンドリン〜
 日本の調べからラテン、JAZZまで”

ぶどうの丘さんには甲州ワインにかけるもっちの思い、知識、経験を評価していただいたと思います。
プライベートの江の島ワイン会とともにだいじにしていきたいワイン会です。

*今回は若干ですがお部屋も用意しましたので早目にお申し込みください。
*開始時刻を早目に中締めは19時に設定しますので、首都圏への帰宅も十分可能です。
もちろん、ゆっくりしていただくことも、、


2ネック説明1夜景





mochi405 at 18:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ワイン会 

2013年12月31日

充実した2013年の大晦日、西に沈む夕陽を追って、、

大晦日夕陽01大晦日夕陽02

富士山、江ノ島 そして恥ずかしながら得意の自分撮りも、、 (^^;)

 今年の春、それまで使っていた「しろうとマンドリニスト」から「町のマンドリン弾き 勝沼のもっち」と改称しました。
朝市とかまわりの皆さんからもう、“しろうと”はないでしょう! そんな励ましをいただいて、、自分の演奏にもっと責任を持とう!そんな意識で
(^^;)
夏、かのいわさんのライブでプロの皆さんとともに1ステージやらせていただいて、朝市も勝沼だけでなく塩山そしてゴゴイチも、
秋に入っては、勝沼ぶどう祭り、ぶどうの丘新酒ワイン祭り、そして2つの学園祭、年末チャリティーコンサート、町中カフェや教会でのクリスマス会等々そしてエフエム甲府さんでもしばしばお声かけいただけるようになった、どうやら地元では“勝沼のマンドリン弾き 勝沼のもっち”の世界を共有していただけるようになってきたように思います?
そして、今月いよいよ70歳! (^^;)

さて、前置きが長すぎました、
夕方奥さんにスーパーへ今年の最後の買い物に行ってきて! 
といわれて、、外へ出たら空があんまりきれいで夕陽が映えてきて、、
これは!  と、自転車を方向転換して、向かった先は鵠沼海岸!
大晦日夕陽04
大晦日夕陽05大晦日夕陽06大晦日夕陽07大晦日夕陽08

今年最後の夕陽とともに富士山、江ノ島をばっちり!

明日朝は、あ〜ちゃんのお散歩してから江ノ島へ、
初日の出、江ノ島、富士山を拝んで、、

その後、いつもワイン会でお世話になっているおしゃれ工房游さんへ伺いたいと、、、今の段階では思っています??   (^^;)

明年! というか、明日からもよろしくお願いします。 (^o^)〜〜〜

mochi405 at 23:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年10月31日

“ぶどうの丘 新酒ワインまつり” 今年は11月2日開催です。

2013nouveau3
毎年11月3日に開催されてきたぶどうの丘“新酒ワインまつり”、
今年は甲州、ベーリーAの新酒の解禁日にあわせて11月2日開催です、お気をつけください。

この日、もっちは以前からお手伝いを申し出ていたのですが、「とりあえず、マンドリンを持って来てください、弾いていただける時間は、いっぱいありますから!」といううれしいご連絡をいただきました。

このイベントは毎回勝沼ラバー、甲州ワインラバーの皆さんが、それこそドッと押し寄せていただける超人気イベントです。

もっちには恐らく懐かしい方も大勢見えることと思います。
DSC00278
そういった皆さんにはもっちのマンドリン演奏を始めて聴いていただける機会になります。
また、演奏の合間には、ワインのご案内もさせていただきます。
  
テンション超盛り上がっています。  ヽ(^o^)丿

10月5日のぶどう祭りに続いて、大きな行事でのマンドリン演奏、たいへん楽しみです。
DSC00222

また同じ2日の夕方7時〜9時の“ライトダウン甲府バレー 星空を見る会”のJR山梨市駅前会場で
星の観測中のBGM、、、、ライトダウンした会場にマンドリンの「見上げてごらん夜の星を」などが流れます。
http://hoshinokataribe.main.jp/lightdown/index.php

こちらもどうぞいらしてください。 駅を出るとすぐにわかります。
(^.^)/~~~

mochi405 at 15:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)甲州ワイン 

2013年10月21日

今回の江ノ島ワイン会 甲州ワインと宇和島の真鯛が主役です

宇和島の真鯛








11月9日の江の島ワイン会に宇和島から素晴らしい真鯛「鯛一郎クン」が参上です。

先にご案内したワイン会に夢の企画が実現しました。

四国松山で田辺由美ワインスクールを開講しているもっちの友人浜川さんのご紹介で、宇和島で素晴らしい真鯛「鯛一郎クン」を育てておられる、徳弘水産様からご提供いただけることになりました。

山口県の防府と京都、大阪で生活したことのあるもっちは、以前から甲州は瀬戸内の白身のお刺身とのマリアージュが最高!と思っていましたが、今回のワイン会で実現できます。

ワイン会には常連の音楽仲間の皆さんから参加表明いただいて楽しい会になることはまた間違いなしですが、まだ余席がございます。

皆様のご参加お待ち申し上げます。

*写真は「鯛一郎君」を使っておられる吉崎食堂様から拝借しました。

mochi405 at 18:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ワイン会 

2013年10月04日

秋の江の島ワイン会 ご案内

第13回江の島ワイン会を11月9日(土)に開催します。
時間: 16:30開場、 17:00開会 20:00中締め
場所: “おしゃれ工房 游” 江ノ島大橋手前
     http://www.osharekobo-yu.com/
会費:お一人様 7000円
定員 30名様  先着順 お早目にご予約下さい
お申し込みは
e-mail:mochi405@yahoo.co.jp
Fax:05012717560
携帯:090-8040-2775  まで
氏名、住所、人数、電話、そしてメールアドレスをお知らせください

DSC00042
会場は小田急片瀬江ノ島駅徒歩3分江ノ島小橋のすぐ向こうに 右手ビュータワービル
javascript:void(0) 夕焼け
夕焼けに染まる江の島が、

11月はいろいろ、予定もありますが、
新酒も発売になり秋の空も一層澄んでくるこの時期に思い切って開催します。
甲州、べーりーA新酒の解禁から1週間後の週末、数種の新酒を比較楽しみます。
994841_417031208414486_1573428300_n

また料理はいつもの和食から、ポイントになるお刺身は生しらすとともに手配しつつ、他は趣向を変えてお任せのパーティー料理をお願いしました。 どのように変わるかも興味の沸くところです。
生しらす
お昼前に揚ったばかりの生しらす

あわせて、赤ワインもヨーロッパ系品種もメニューアップします。
ラストは久々に20年もの93年甲州古酒で締めます。
このワイン会の魅力はワインと料理だけではありません。

定番のもっち親娘のマンドリン、ピアノ合奏をはじめとしてお客様の演奏も含め音楽好き、ワイン好きの集う楽しい場になります。
DSC00056
始まる前に音合わせ
DSC00085
ピアノの後ろでデュエット!
DSC00096
終わった後もこんなニッコニコです。 (^0_0^)

mochi405 at 09:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ワイン会 

2013年09月27日

10月5日 勝沼ぶどう祭りで もっちがブレイク??

DSC00253
001
ぶどう祭り4-3























いよいよ来週土曜(5日)に迫った 勝沼ぶどう祭りですが、

この日祭りのメイン会場のど真ん中のテントで“勝沼のマンドリン弾き もっち”が3度にわたってなんと11曲も演奏!
Wネックやオールドのマンドリンを使って、すばらしい(?)音色をご披露します。 乞うご期待デス!!

 演奏予定曲目と予定時間は、、真ん中の資料を、弾く場所は3枚目をご覧ください。

当日、来ていただいたらお声掛けくださいネ!  (^.^)/~~~


mochi405 at 20:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)マンドリン 

2013年09月02日

遅ればせながら国産ワインコンクールの公開テイスティングで、、、

DSC00191DSC00196DSC00200



8月31日は国産ワインコンクールの公開テイスティングの応援で湯村の会場へ、、、
最近はワイナリーでご案内することがなくなったので、ワイン会の常連さん以外には愛好家の皆さんとお会いする機会が少なくて、、、
それで自分から志願して、、、

さっそくこのコンクールが始まったころからのお馴染みさんとお話しできたり、、

ヤマト葡萄酒さんのコーナーに入ったのですが、
スパークリングワインの方は皆さんテイスティングされるものの、ベーリーAはなかなか足を止めていただけなくて、、、
場所を替わっていただいていただいて、ワインクーラーに入れて冷やしてサービスを呼びかけて、、、、
「べーりーAは冷やした方が美味しい」とか「このアメリカぶどう系の香りは醤油と砂糖を使う甘辛の味付けとよくマッチする、お味噌ともよくあう!」とか、、、足を停めていただいた皆さんに喜ばれて、、調子に乗っちゃって、、

お隣の大手さんのスタッフの方に「一度聴いておくと必ず参考になるから、、」なんていっちゃって無理やりもっちの説明を聞かせちゃって、、、
けど皆さんに納得していただける、説明、サービスの仕方をできるだけ多くの方にも知ってほしい!  そろそろ、そういうのも私の使命ではないか
な〜んちゃって!   (@_@;)

写真は開会前の会場の準備、金賞受賞ワイナリーの皆さん、もっちの位置の前方は大手のM社さん2社、特にワインレッドパンツの皆さんには圧倒されちゃいそうな、、、  (×_×;)

けど今回の結果を見ると、高い評価を得たワインはどれも、酸をきっちり仕上げたもの、そして良い樽熟成をしたものに集中しているような、、、

実は樽の香りは一般的には和食と(特に生ものと)相性が良くない傾向があって、もっちの好きな方向とは異なるのがつらいところです・

mochi405 at 07:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年08月17日

どうして“勝沼のもっち”なの?

先日のワイン会にいらしていただいた娘の先輩の方が、〇〇ちゃんと呼んでほしいと言ってくれたから、、、
その方はたいへんな先輩なのですが、もっと娘と同い年くらいかな?なんてイメージしてたんです、、、

Jリーグが始まった時に、、世界中からびっくりするような大物が来てくれて、、
当時私が住んでいた市原には、ドイツからドリブルとシュートの名手「ピエール・リトバルスキー」が来たのですが、、、
挨拶の最初に言った言葉が、「コンニチハ、僕のことを“リッティー”と呼んでください!」って、、   
名前が長くて覚えられるかな?という不安を一発で吹き飛ばしてくれて、、、“ああ、良いな!”って感じました。
しかもその後カメラの前で名刺代わりに強烈な“バナナシュート”で、度肝を抜いてくれました。
それきり、リッティーの虜になりました。
リティーて書いた方が恰好良いけど、、、応援する時には、、、
当然“リッティー!”“リッティー!”でしょ!
彼はその後2部リーグでプレーまでして、、本当に日本を愛してくれました。

協和発酵、サントネージュワインを退職して、、、甲州ワインのために働きたい!とまるき葡萄酒さんでその機会をいただいた時、

これからはもう会社とか肩書きとかじゃなく自分を売らなくては、、そのためには
そう、“もっち”と呼んでくれ! なんです。

ワイナリーにお見えになったお子様にも「もっち」と書いた名札はけっこう読んでもらえるし、、、  ええ、あのう、おじさん、モチヅキさん とよばれるより
“もっちさん”!の方がずっと簡単に、親しげに呼んでいただけるし、、
なにより、一発で覚えてもらえるから

その後ミクシーを始めた時にニックネーム“もっち”で登録しようとしたら、、同じ呼称の人がウジャウジャいるから、、、
思いついたのが頭に“勝沼の”をつけること!
“勝沼のもっち”となると、もうこれは世界中で
私だけを指すニックネーム

そして、私の宝物“Wネックマンドリン”には偶然にも勝沼の象徴“ぶどうのインレイ”が、  ヽ(^o^)丿
DSC01758DSC00251

ちなみに 英語では 「Motchy−KATUNUMA」を名乗っています。
ヽ(^o^)丿 ヽ(^o^)丿

mochi405 at 03:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
訪問者数