持井工務店 スタッフ日記

「住まいは工場でロボットが造るんじゃない、住まい手の思いを酌んで人の手でつくり、住まい手がつくるのだ」が持井工務店のモットー!

積み上げられたものは、、、

早いもので気が付けば年の瀬がすぐそこまで迫ってきてる、、、
毎年なぜか、この時期はバタバタ^^;
気を引き締めなければっ!

先日、弊社家具製作現場へ行くとこちらも急ピッチで作業が進められていました。

これは大変だ~っと一言で済ましてしまうと、たぶん怒られます。笑

DSCN2676

積み上げられていたのは職人さんの技術!
ではなく、新築現場へ搬入される製作キッチン。
もちろん技術もですがね^^

DSCN2680

無垢材を使用したキッチン。
引き出し用レールの取り付けがまた大変。
少しの狂いが動きに影響あるんですよー!汗

毎度の事だと手際よく作業を進めていました。
勘違いをしてはいけないっ、この職人さんだからこそ成せる技なんです!!

キッチンキャビネットはいくつかに分けられ製作されます。
作業場ではまだ未完成。
全てが合わさると圧巻の仕上がりになるだろうなとワクワクします。

その他のキャビネットですが

DSCN2677

こんな姿の物や

DSCN2678

小さな物まで。

脇に立てかかっているパネル材もキッチンに使用されるもの。
近々、現場へ搬入される予定です。

キッチン製作もラストスパート!
かっこいいキッチンが出来そうで楽しみです。


こだわりキッチンの後はこだわりテレビ台が待っていますよ~
よろしくお願いいしますっ♬
                                     向井

                                 


blog hp logo
バナー
 FB-logo2
 Houzz

日暮里I邸@外観

日暮里のI邸。
設計はMS建築設計事務所さんです。

足場撤去が行われ、お披露目となりました。

DSCN6728
DSCN6729
DSCN6731

壁は一部板金仕上げ。軒天や窓廻り見切との色も統一しています。
外壁のモノプラルの白とのコントラストが強いですが、軒天などの木部が和らげてくれていますね。
素敵です。


本日も現場担当の苫米地が、家具を積み込んだトラックに乗り現場へと向かいました。
今週末の木工事完了を目標に、大工達が日々奮闘しています。

もう少しです、体調に気を付けて頑張りましょう!



C,持井


blog hp logo
バナー
 FB-logo2
 Houzz

お手入れ簡単なキッチンパネル

12月も後半に入りました。
大掃除・・休みの一日で張り切ってやりすぎると、次の日の月曜に響いてしまう(普段使わない筋肉痛が出てしまう)持井です。少しずつですが掃除と、断捨離を進めています。


弊社をご存知の方にはお馴染みの素材。
キッチンの壁や天井には、アイカ工業株式会社の不燃化粧板「セラール」というキッチンパネルを使用しています。
MK-049
M17_084
MK-050

硬度や強度、耐水性が高く、住宅の他病院や学校、ホテルなど様々な場所で使われていて、2012年にはグットデザイン賞も受賞しました。
弊社においても・・
◎隣接したダイニングの壁材によく使われる漆喰との相性(壁の色に違いが出ず、一体感がもてる)。
◎耐久性の高さ。
◎耐熱・耐水性の高さ。
◎一枚のパネルが大きいので目地が少ない。
などの理由より取り入れています。


お手入れ的には・・
写真を見ると分かりますがライトが反射していますね。
表面がタイルのようにツルっとしているので、クロスのように汚れが染み込む事も無く、汚れがつきにくい。水拭きはもちろん、洗剤も使えるので◎!目地掃除もほぼ無し。

ですが近づいてよーく見てみると、小さなプツプツが・・!
取り切れず残ってしまった油ハネは、放っておくと固まってこびりついてしまうので、やはりこまめにささっと拭いておくのがベストです。固まってしまった油ハネはお湯を染み込ませた布巾を少し当てておくと、熱気で汚れも取れるように感じました。強めの洗剤を使用してもパネルの色は変色しないので、こちらでも取れると思います。

最後に表面に保護フィルムを施しているので、汚れが落ちないからといってタワシや研磨剤の入った洗剤、○落ちくんの使用は厳禁ですので、お気を付けて!
ただ・・自宅の場合、上の方まで手が届かないのが難点です~💦


C,持井


blog hp logo
バナー
 FB-logo2
 Houzz

心がほっこり

日が暮れると急激に冷え込みが厳しくなりましたね。  気温だけではなく、空気も空も景色もすっかりと冬になりました。  

仕事柄、地下足袋を毎日履きます。 この時期になると足元が物凄く冷たいです。 厚手の靴下に履き替えても気休めにしかなりません。 霜が降りると感覚がなくなります(笑) 霜焼け注意です。


そんな冬本番となった先日、打ち合わせで伺ったOB様のお宅で綺麗な冬景色を見つけました。 


DSCN9818

コバノズイナという落葉低木で、紅葉がとっても綺麗な木です。  冬の弱い日差しがより色を鮮やかに見せてくれていますね。

DSCN9819

周りに自然が多く残るこちらのお宅では、枕木のアプローチがとってもはまっています。

出来上がりから数年後を見据えて、枕木の道に混ぜた石とレンガがいい味出してました!! 

こんなアプローチが個人的には好きですね。 



寒~い冬に心がほっこりする瞬間になりました。  by(持井 K)

blog hp logo
バナー
 FB-logo2
 Houzz

早く行ってみたい新設豊洲市場

今年の10月に築地市場から移転し開場となった豊洲市場。
お客様とのつながりから築地の頃よりお世話になっている「米恵」さんでは、今回の移転工事にも携わらせていただき、店舗ということもあり様々な法や規制がある中、何とか完成しました。


戦前戦後から長く引き継がれてきた良い部分悪い部分とがある中、あたらしい市場では、商品を高温や風雨の影響から守り、鮮度を保つことが可能だったり、車や荷物がスムーズに流れる市場になるので物流の観点から見ても今までより便利になったそうです。

豊洲市場の観光ガイドを見ていると、市場のほか展示コーナーや豊洲を紹介するコーナー、マグロの競り見学デッキなど、見学・観光場所も沢山あるそうです。また築地から移転した39店舗を含む様々なお店からなる飲食店街もとても魅力的ですし、夕焼けや夜景も綺麗に見られるスポットもあるそうです。

10月の開業以降、お店の方に行けていないので、市場全体も含めゆっくり行ってみたいな~と思います。
160219 (8)
150907 (3)



C,持井


blog hp logo
バナー
 FB-logo2
 Houzz

マンション キッチン廻り改修・完

先日進行していたマンションのキッチン家具製作、間仕切り改修工事が無事完了いたしました!!

御在宅での工事になってしまうので、お客様にはかなりのストレス、、、^^;
なので工事期間中の大変さを払拭させる様、イメージ以上の出来上がりを目指し計画、製作をさせていただきました。

 今回のポイント
・ キッチン吊り戸を取り外し解放感ある雰囲気へ
・ 無垢材を交えたかわいいキッチン廻り
・ 機能的で無駄のないキッチン背面家具製作

その他たくさん。笑

さて、うまくまとめられるか腕の見せ所です!

改修工事にはよくある現場合わせ。
これがなかなか大変^^;
壊してみない事には分からない事がたくさんある、、、
今回はどうかなと、過去の経験を踏まえどんな壁が立ちはだかっても回避できる様な計画を練りました。

っが、やはり大きな壁が、キターーーーーーっ!!

家具が納まらな、、、、納まらな、、、、納まった^^;
あ、あぶなかった、、、

しかし仕上がりは完璧♬

ではでは、ビフォーアフターを☆

写真 2018-04-18 11 17 25
改修前

マンションでよくあるキッチン廻り。
私の自宅もこんな感じなので今回の希望は凄くよくわかりました。^^

次に

DSCN2597
改修後

既存の仕上げから雰囲気が浮くことなくスッキリ納まりました!
手前縦格子、建具のスリット入り建具がポイントとなりかっこよく、、、かわいく仕上がりました。笑

こんなところにもちょっとした遊び心、こだわりが^^

DSCN2599

左面の縦格子と同じ面で納めるのが仕事的には簡単なのですが、
垂木1本分程度引っこめる事で全体の立体感が出るんじゃないかと今回採用。
正解でした。^^
マガジンラックなどに使ってください!!

写真 2018-04-18 11 17 36

改修前のキッチン入口からの眺望。
家具取り付け後は、、、

DSCN2601

こんな感じ☆

それぞれのユニットにこだわりが詰まっています!
スリット建具を基調に細部まで。

要素がたっぷりあるので今回は一部分をご紹介。

DSCN2604
キッチン家具側面の様子

まずはコーナーカウンター。
入口まで家具を持ってきてしまうと圧迫感がありBAD!
引っこめるとデッドスペースに、、、

これしかないかなと、小物が置けるカウンターを4段設置しました。
ちょうど良い収納スペース。
お客様も喜んでおり、何を置こうかと施工中から構想を練っていました。
無垢材を使用することにより柔らかさも出ている気がします。

DSCN2602

カウンター上部にはサイドから使える収納スペース。
可能であればとの希望でしたので実現するしかないとの意気込みで実現へ。
残りのスペースは家具前面から使用できるようになっています。
こちらもイメージ通りに仕上がり収納物は確定していました。笑

と、ここまで半分にも満たないこだわりを紹介!
まだまだ、たくさんありますので残りは次回へっ♬

もちろんですが、お客様には大満足していただきました^^
次回ご紹介できるのを楽しみにしています。
ではではまたの機会でっ☆

                                     向井

blog hp logo
バナー
 FB-logo2
 Houzz

書籍に掲載されました

以前より登録をしております工務店紹介サービス「ザ・ハウス」さん。
そして出版社エクスナレッジより、「良い間取り 悪い間取り~プロだけが知っている心地よい住まいのつくりかた~」という書籍が発売されました。

book_16[1]

全国各地の設計事務所や工務店が載る中、弊社の設計施工の住まいも掲載されています。

「良い家とは何か?
暮らしやすさや、機能的で使いやすいこと、「はやく家に帰りたい」「ずっと家にいたい」といった住まいへの愛着・・・すべて間取りの工夫で実現できるのです。」
とあるように、施工例というよりは『設計』がメインの書籍です。


本を見ていると同じ敷地でもこんなに違うプランが出来てしまうんだと面白く、また良し悪しを比較しているので、とても贅沢で見応えのある一冊となっています。

設計の高地も「きもちのよい住まい」「住み継がれる住まい」を基に、十人十色のプランニングを熟してきましたので、沢山の方々に見て頂ければと思います。
(弊社掲載ページは184~185、192~193です)

こちらのサイトからでも購入可能です!
amazon https://goo.gl/jHPSqK

 

掲載にご協力いただきましたお施主様には、また改めてご挨拶させていただきます。


C,持井


blog hp logo
バナー
 FB-logo2
 Houzz

☆毎年恒例行事☆

今日は今年一番の冷え込みになったそうで、、、
とにかく寒いですっ!
私事ですが冷え込みプラス体調が良くない↓
堪えます^^;

さて、早いもので12月に突入していたっ!
今年も後3週間、急ピッチで作業を進めています。

12月末、持井家では親戚が集まり餅つきを行います。
量が量だけに朝早くから必死に餅つきをしているんですよ~

持井家が餅つきをしている中、私も父親の実家で同じく餅つきを毎年行っています。
親戚の子供も増えにぎやかな一時。
昨年、大人用の杵で必死に餅をついているのを見て、

『作ってあげるよ!』

と、軽い一言。
子供用の小さな杵を製作することになってしまいました。
気づけば年末、、、^^;笑

こちらも急ピッチです。
作業場を物色して~ちょうど良さそうな材を発見!

いざ製作。

が、まったくの専門外なので見様見真似でコツコツと。

完成しましたっ☆

DSCN2589

細かい事は指摘しないでください。笑

DSCN2590

DSCN2587

短時間で製作したわりには良い出来ではと自画自賛♬

喜んでくれるか心配です^^;
年末が楽しみです。

、、、たぶん息子は餅つきをしてくれないでしょうがね。笑

                                           向井




blog hp logo
バナー
 FB-logo2
 Houzz

外壁材はモノプラルKS

紅葉の終わりと共に、真冬の寒さがやってきましたね。
先週末から冷え込み、さらに今週末にかけてはさらに下がるそう・・。

外で仕事する皆さん、本当にお疲れ様です。


日暮里I邸。
設計はMS建築設計事務所さんです。

現場では、外壁左官工事が完了しました。
DSCN6693
DSCN6692

外壁材は、弊社でも標準的に使用しているモノプラルKS。ナンバーは「000」、白です。

白に近いけれどほとんど白に見える「001」は何度か使用しましたが、「000」は弊社でも初めて試み。外観全体のイメージや屋根材色とのバランス、メンテナンスなどを含めて、弊社では黄色系を選ばれるお客様が多くいらっしゃいますが、白系も屋根材や外構との組み合わせでは和にもモダンにもなる素敵な色です。足場をばらして、お披露目になるのが楽しみです!

木工事も並行して行っています。
DSCN6701

木工事完了までもう少し!!


C,持井


blog hp logo
バナー
 FB-logo2
 Houzz

床板は青森ヒバ材

明日以降は真冬の寒さとなるそうです。

寒いのはツライので、暖かいに越したことはないのですが、
何でも農家さんの話によると、この暖かさで野菜の成長がとても速く、
お正月頃に獲れる予定の小松菜が、もう獲れる大きさにまでなっていたり、
秋に種を蒔き、越冬をするソラマメやインゲンマメも、どんどんと成長してしまっているそうです。
伸びすぎたところに雪が降り積もってしまうと、その木はダメになってしまう可能性も・・。

ですので今はたくさん獲れてしまうので安く売られているかもしれませんが、お正月には収穫が無く高値になったり、来年の夏のマメ類もどうなってしまうのか分からないそうです。

天候の影響を直に受ける作物や、植木にとっては春夏秋冬や日光や雨が本当に大切なんですね。


さて船橋市夏見I邸。
設計は市川総合設計室さんです。


現場では外回り木工事が終わり、内部へと進んでいます。
現在は1階の床板張り。
DSCN2843
DSCN2830

床板材は青森ヒバです。

弊社でも、青森ヒバに含まれるヒノキチオールという成分による抗菌作用から、腐朽菌に強く、耐朽性が高まり、また水にも強い等の理由から、浴室や洗面所に良く使用をしています。

香りが良く、お風呂に入った時の香りはまるで木のお風呂で温泉にでも入っているかのように感じさせてくれますし、また落ち着きを与えるリラクゼーション効果もあるそうです。

きっと、こちらの現場では癒し効果抜群の中、集中して仕事に励んでいることでしょう~!


C,持井


blog hp logo
バナー
 FB-logo2
 Houzz
これまでの記事
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ