持井工務店 スタッフ日記

「住まいは工場でロボットが造るんじゃない、住まい手の思いを酌んで人の手でつくり、住まい手がつくるのだ」が持井工務店のモットー!

2011年01月

テーブル材の見学 IN 資材置場

もうすぐお引渡しのN様がダイニングテーブルの材を見に資材置場にいらっしゃいました。
ご希望のサイズは1700×1000×60。

樹種にこだわる方、一枚ものにこだわる方、寸法にこだわる方、何にこだわるかは人それぞれです。N様は寸法と厚みにこだわられていました。

60ミリの厚みともなると椅子との関係も入念にチェックしなくてはなりません。ということで、O大工にフォークリフトで高さを変えてもらいながらチェックしました。
n1
これと同じ形状のベンチも作ります。お気に入りの椅子に合わせてテーブルの高さを決められるというのは、自社でつくっているから可能なこと。

n2
ナラの2枚をはぎ合わせて、両サイドの面皮付きを残して大工が仕上げます。

資材置き場にお客様が見えるなんてなかなかないものだから、大工たちも心なしかにこやかに見えるのは私だけ??(笑)
出来上がりをお楽しみに☆(by MKS)


* * * 見学会のお知らせ * * *

23年2月19日(土) ①10:00~ ②14:00~
千葉県船橋市にて
弊社の見学会は予約制です。
お申し込みいただいた方に案内図をお送りいたします。
詳細は
こちらから


バナー
いつも応援ありがとうございます。
blog hp logo

事務所大改造 第2期工事

今日は打合せ室の改造工事が入りました。
before
1
after
4
どこが変わったかと申しますと・・・モニターが置いてある台がチークの学習デスクからJパネルの手作り家具になりました。左に並んでいる施工写真集が毎年着々と増え、学習デスクの奥行きが邪魔をして奥の資料が取り出しにくくなりました。

棚の奥行きが半分になり問題解消です。
8

打合せの際、よく使うサンプルを置けたらいいなぁ、ということで棚の下はサンプル、資料置き場に変身。
5

破損が怖い花瓶。どこか良い収納場所無いかなぁ・・・ということで。
6 7
テーブルの下にオープン棚があっても埃っぽくなるので、オープン棚とは違う向きに引き出しを作り、花瓶はそこに納めました。

お子様用のおもちゃ棚も変わりました。さらに打ち合わせ中、お子様が飽きてしまうまでの時間が少しでも長くなるような工夫を考え中です。広いスペースではありませんが、小さなお子様も安心してお連れくださいね。

大工さんにお願いして作ってもらうからには念入りに使い勝手を考えます。思いが形になる、思った通りに物が納まるって快感です!!(by MKS)


* * * 見学会のお知らせ * * *

23年2月19日(土) ①10:00~ ②14:00~
千葉県船橋市にて
弊社の見学会は予約制です。
お申し込みいただいた方に案内図をお送りいたします。
詳細は
こちらから


バナー
いつも応援ありがとうございます。
blog hp logo

竣工写真が出来ました N邸

乾燥しきっていた空気に潤いを与えてくれた昨晩の雨。洗車なんて珍しいことをしてしまったのが良かったのかも?!久しぶりの雨、ほんとうに恵みの雨でした。

さてN邸の竣工写真が届きましたので一部ご紹介します。
n4
外構はご自身で少しずつ進められるとのこと。お子様も大きなお庭で走り放題ですね。

n2
リビングからの眺め。厚みのあるダイニングテーブルをセットしましたが、広々としたN邸にはこれぐらい存在感のあるテーブルで雰囲気もばっちりでした。

n1
2F手摺りからの眺め。

n3
扉が2つあるのはなぜかというと、お子様が成長して部屋を2つに分ける必要がでた時に中央の梁の部分で壁や作りつけの家具を配置して仕切れます。これを可変間取り構造といいます。それで扉が2つあるのです。

2月の見学会ですが、たくさんのお申し込みありがとうございます。現在、午後の部に余裕があるようです。皆様のご来場をお待ちしております。(by MKS)


* * * 見学会のお知らせ * * *

23年2月19日(土) ①10:00~ ②14:00~
千葉県船橋市にて
弊社の見学会は予約制です。
お申し込みいただいた方に案内図をお送りいたします。
詳細は
こちらから


バナー
いつも応援ありがとうございます。
blog hp logo

市川市O邸 遣り方

インフルエンザがちらほら回りでも流行り始めました。うがいに手洗い、アルコール消毒をシュシュッ!必須アイテムです。

先日地鎮祭が行われました市川市O邸、今日は基礎工事に先立ち、基礎の位置・高さ・水平など、建物の正確な位置を出す「遣り方」を行いました。

otei

施主のO様は、先日のもちつき会にもご家族揃って来て下さり、「現場が始まるのが楽しみです」とおっしゃっていました。

作業場ではそろそろ墨付けも始まります。作業場での大工の仕事、現場では見られない墨付けや刻み、構造材などの材料も見てみたいと、とても熱心なお客様。共に家づくりを楽しんでいただければと思います。



* * * 見学会のお知らせ * * *

23年2月19日(土) ①10:00~ ②14:00~
千葉県船橋市にて
弊社の見学会は予約制です。
お申し込みいただいた方に案内図をお送りいたします。
詳細は
こちらから


バナー
いつも応援ありがとうございます。
blog hp logo

大工による大工のための勉強会

昨夕、セミナー室に集まり「大工による大工のための勉強会」を行いました。

テーマは「規矩術」。
なんて読むかわかりますか?

「きくじゅつ」と読みます。
中国から日本に伝えられたもので、簡単に言うと建築の計算技術です。

在来工法の墨付けは基本的に尺メモリを使います。その時に使う定規をさしがねといいます。
さしがねの目盛りにはセンチメートル法や尺貫法のほかに、表の目盛りを√2倍(1.4142倍)した間隔の広い目盛り刻まれています。丸い材木からどのくらいの太さの四角い柱が取れるか、円に内接する正方形(直径×Sin45)を「Sin45は1/√2だから、直径×1/√2になって・・・」と受験生に戻らなくても、さしがねを当てて裏表にすれば瞬時に割り出せる大工の必需品。とても奥が深~い大工道具です。

benkyoukai
棟梁から若手にその技術を継承するために始めたものです。

道具を扱えてこそ真の大工。「本当の大工、棟梁」を目指す若者たちはとにかく真剣な眼差しでした。(by MKS)


* * * 見学会のお知らせ * * *

23年2月19日(土) ①10:00~ ②14:00~
千葉県船橋市にて
弊社の見学会は予約制です。
お申し込みいただいた方に案内図をお送りいたします。
詳細は
こちらから


バナー
いつも応援ありがとうございます。
blog hp logo
これまでの記事
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ