持井工務店 スタッフ日記

「住まいは工場でロボットが造るんじゃない、住まい手の思いを酌んで人の手でつくり、住まい手がつくるのだ」が持井工務店のモットー!

2013年07月

新築時とは違った目線で・・・

週末の住まい方見学会では木の家の経年変化に興味のある方々がたくさんいらっしゃいました。今回は新築完成見学とは違った見どころがあったかと思います。特に浴室壁・青ヒバ板張り水周りの状態は注目の的でした。

3年目の我が家は漆喰の壁と柱の間には隙間が入り、漆喰壁には浅いヒビ?柱には割れが入っています。床にも細かなキズやシミもあります。それを自然とカバーするように床の色も焼けてきています。
1-1
<新築時>


1
<3年目>2F床は完成時にオイルを塗布したままです。



2-2
<新築時>


2
<3年目>子供2人います。特別な手入れはしていませんが、カビや色あせなどありません。木の部分がひどく濡れてしまったら拭く。あとは毎日窓を開けて換気。



3-3
<新築時>


3
<3年目>野地板まで手が届きませんので、掃除したことありません!!漆喰の白さは変わらず、木部が濃くなりメリハリが付きました。



人によって考え方、価値観が違うのでどんな建材にもメリット、デメリットがあって、そのメリットを選んでどのデメリットを受け入れるか。それを自分達がしっかり納得できていればいいと思うのです。色々な家を見て、勉強しましょう。次回の見学会もお待ちしています。(by MKS)



バナー1クリック1投票となります。クリックお願いします。毎日更新頑張ります。
blog hp logo

四季を楽しむこだわりのデッキ

船橋市AN邸。
本日は玄関スロープ、リビング側のデッキを進めています。
DSC_0507
DSC_0506
DSC_0505
外で大工工事なんていつぶりだろう~と、久しぶりに外で体を動かす事に少し楽しそうな様子のS熊です。
現在は家具工事メインのS熊ですが、棟梁として現場をまとめていた経験ももちろんありますので、持井工務店の家づくりを熟知しています。今回はデッキ工事を木取りから現場まで担当。外構マンM井とのコンビです。

DSC_0503
リビング側は、玄関からデッキへとスロープでつながる仕上がり。
中心に植えてある木は“アオダモ”。このアオダモを囲うようにデッキとアプローチがつくられます。工事している本人達も、今までにあまりやったことのない仕上げということで、出来上がりを楽しみしているそうですよ。

秋には紅葉、春には白い小花も咲くので、リビングから見る景色に華を添えてくれそうですね。


バナー1クリック1投票となります。クリックお願いします。毎日更新頑張ります。
blog hp logo

船橋市TN邸@現場が慌しくなりました

船橋市TN邸。上棟からしばらく経ち、大工の他に板金、屋根、サッシ、水道と職人さんの出入りの激しい時に入りました。

開口部の造作を終え、サッシが入ります。
130729 4
130729 3
外回りの木工事は耐震補強の斜め張り施工中。筋違いとは逆方向に板を斜めに張り、建物の強度アップを図ります。

130729 2
屋根はストーンウェイブという屋根材を取り付け。

少し前にご紹介した「丸太の根張り」。
こちらの住まいでも、もちろん杉の丸太がどっしりと構えています。
130729
実際の仕上がりは床暖房や床板の施工後、緑のラインぐらいになります。それでも十分過ぎるぐらいの“根張り表し”です。

先日の見学会にいらしたこちらのお施主様のお子様が、「この丸い木、僕んちにもあるよね~」「でも僕んちのはもっとココ(根)が大きい(張っている)よ」とおっしゃっていました~。

よく見てるね~!すご~い!!と本気で歓心してしまいました!
何でも現場を見るのが楽しいそうで・・、嬉しい限りのお言葉を頂戴しました。


バナー1クリック1投票となります。クリックお願いします。毎日更新頑張ります。
blog hp logo

木と漆喰壁の家

暑い中、住まい方見学会にご参加いただきありがとうございました。

木と漆喰壁の家。木の香りでお出迎え。

しっかりどっしりとした柱。それを組む匠の技。

無垢の経年変化に弊社のこだわっている事。

短時間ではありましたが、これから家づくりをされる皆様の参考となれば幸いです。(by MKS)



バナー1クリック1投票となります。クリックお願いします。毎日更新頑張ります。
blog hp logo

格調高い床の間のある和室

和室の建具が続々と入り始めています。AN邸の和室は外側に広縁があり、
2
そして内側に目を移すと、床の間もあります。
1

3

本格的な和室、床の間のある和室は伝統的な法則、格式が重要視されます。
床の間は四季を演出し、お客様を迎える「顔」でもあるため、床の間を背にして座る位置が上座とされているそうですね。知らなかった。最近ではあまり造ることはありませんが、それぞれの職人さん達の手によってとても格調高い和室に仕上がりそうです。

畳に付いて不思議に思うことがあります。畳では何も敷かなくてもごろごろできるし、おせんべい落としても食べちゃったりします(笑) 畳は不思議とホッとできる空間に思えるのは私だけでしょうか。(by MKS)



↓ おかげさまで好評です。午前にご予約が集中しており午前中の受付を終了させていただきます。これからお申し込み方は午後のご案内となります。ご了承ください。(7/23)
・・・ 見学会のお知らせ ・・・             
7/27(土)   10:00~16:00 (終了しました)
        
バナー1クリック1投票となります。クリックお願いします。毎日更新頑張ります。
blog hp logo
これまでの記事
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ