持井工務店 スタッフ日記

「住まいは工場でロボットが造るんじゃない、住まい手の思いを酌んで人の手でつくり、住まい手がつくるのだ」が持井工務店のモットー!

2017年11月

左官塗り 神業

1
外壁左官塗りが完了しました。
室内左官塗りに入っています。

2Fはビードライという漆喰の下地材を施工中です。
2
下地材、、、だけどもだっけーど♪

これを仕上げにしてしまう荒業。

いや、下地材なのに仕上げに出来てしまうという神業


それは数年前本当にあったお話・・・

限りあるご予算の中でやりくりするわけですが、その中で子供部屋は下地を塗っておいていつか漆喰にすればよいのでは?漆喰はメインの空間に使うのはどうかという提案をさせていただきました。

いつしか、ほとんどのお施主様がメリハリのあるこの仕様に共感されています。


「下地」とはいえ、職人さんならきれいに仕上げようとしてしまいますが、触り過ぎないのがムラが出来ないポイントなのです。専属の左官屋さんももう手慣れたもの。丁度良いラフな感じに仕上がるかは紙一重ともいえる職人の技術です。(MKS)



FB-logo2  バナー1クリック1投票となります。
blog hp logo

江戸川区M様 祝上棟

流行を追わず つくり続ける

江戸川区M様事務所 昨日上棟いたしました。
おめでとうございます。
3
1
2
4(MKS)




FB-logo2  バナー1クリック1投票となります。
blog hp logo

上棟式@鎌ヶ谷市M邸

週末にお施主様がご家族全員と大工さんとの顔合わせを兼ねて食事会(上棟式)を開いてくださいました。

毎日のように現場に寄ってくれるお父様。待ちに待ったこの日は特に喜びに満ち溢れているご様子でした。
1鎌ヶ谷市M邸にて

大工さんへの労いや期待のお言葉、お施主様のお人柄がにじみ出た心温まる会だったこと、素敵なご家族だったことを帰社したスタッフから聞きました。社員一同、より一層このご家族のために!!という思いが強くなったことと思います。ありがとうございました。(MKS)



FB-logo2  バナー1クリック1投票となります。
blog hp logo

若葉区でのお庭づくり

今朝の出勤時は冷え込みが強く、車の窓ガラスが凍っていました。 薄っすらと霜も降りていて、冬が来たなぁと実感しました。

DSCN9148
自宅で一番大きいアカシデの雑木が紅葉を始めました。 去年は赤くならずに黄色い黄葉でしたが、今年はちゃんと赤く色付いてくれそうです。 

DSCN9149
隣にあるイロハモミジもようやく紅葉が始まりました。 朝方の逆光から見上げる紅葉が個人的には一番好きです。 来週には紅葉狩り出来るでしょうか!? 楽しみです。


現場仕事の方はといいますと、今週は千葉市 若葉区でのお仕事です。 一年前に北側の外構工事をやらせて頂いたK様宅で、今回は南側のお庭の工事をご依頼頂きました。 

DSCN9155
赤く綺麗に紅葉した中央のアオダモが落葉し、入れ替わりでコハウチワカエデとイロハモミジが紅葉を始めています。 緑があまり見られない新興住宅街の中で、ここだけは雰囲気が違う様子です。 

DSCN9151
一際赤く染まった低木はブルーベリー。 成長も穏やかでとても扱いやすい木です。 紅葉も安定して色付いてくれます。

DSCN9152
こちらは、ブルーベリーと同じツツジ科のミツバツツジ。 ナツハゼも含めツツジ科の木は紅葉がとっても綺麗ですね。 来春に向けて花芽もしっかり付いています。 きっと沢山の花が咲いてくれると思います。 


今回の南側の庭工事も、ウッドデッキや板塀と持井工務店らしいものが満載です。 

先行してまず出来上がったのがウッドデッキです。

DSCN9158
20㎡以上ある大きなウッドデッキ。 床材はハードウッドのウリン材です。 これだけの大きさがあれば、色々な事ができるとっても羨ましいスペースです。 完成後、1歳のお子さんが一番喜んでくれていました。 

来週から板塀などの工事に進みます。 そちらもまた紹介していきたいと思います。 by(持井 K) 

  FB-logo2  バナー1クリック1投票となります。
blog hp logo

大工さんがつくる家具

先日お引渡ししたIK邸。
玄関を入ると、この感じ。めちゃくちゃオープンな間取りです。
1

2
キッチンの背面には扉の付いた家具。既製のキッチン本体と組み合わせた見せる棚を大工さんがつくりました。

家具と言えば、ダイニングセット、ソファ、タンスをイメージされると思いますが、建築の中では玄関収納やキッチン、食器棚、クローゼットなども「家具」として含まれています。
これらをつくるにあたり、お施主様には生活を見直すといった作業があります。

「何をどこに、どんな風に、どれくらいの量」

細かく考え、つくりだした家具は家の寸法にもお施主様のご希望にも気持ちが良いほどピッタリと納まり、収納できて気持ちよくスムーズに生活できるようになります。

家具だけでなく、家もちょっと不便な生活をすることで、意外と良いアイディアが出てくるかも!(MKS)



 FB-logo2  バナー1クリック1投票となります。
blog hp logo
これまでの記事
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ