持井工務店 スタッフ日記

「住まいは工場でロボットが造るんじゃない、住まい手の思いを酌んで人の手でつくり、住まい手がつくるのだ」が持井工務店のモットー!

2019年07月

暑さ対策

梅雨明けと共に、急に暑さがやってきました。
これまでの梅雨冷えが嘘のような、急なこの真夏の暑さ。皆様体調は崩されてませんでしょうか??


現場の大工・職人さんの体も心配です。
こまめに休憩をとり、水分・塩分補給が必要ですね。

暑さ対策商品も色々あり・・。
保冷剤をくるんで使うものや、冷却スプレー、「アイスタオル」と呼ばれる水でぬらして洗濯物干しのようにパンパンするとヒンヤリするタオル。ホカロンならぬ「ヒヤロン」などなど。
冷やす箇所は首や脇の他、手首足首も良いようです。


また衣類も重要で・・。
吸汗性速乾性のあるインナーの上に、通気性の良いものを着るのがベスト。
重ね着は暑いイメージですが、着る素材を工夫する事で一枚で過ごすよりも快適なんです。

インナーはピッタリめで、汗を吸いすぐ乾くものを。その上には体にピッタリせず空気が抜けるよう少しゆとりをとり、インナーで吸い取った汗が放出しちゃんと外に逃げるよう、通気性のあるものがいいようです。
インナーを着てても中で籠って蒸してしまってはしょうがないのですからね。


後は食事と睡眠・・ですね。
明日から8月!しばらくこの暑さが続く予報ですが、何とか乗り切りましょう!!
暑さにビクともしない体になりたい持井でした。
IMG_7738


C,持井


blog hp logo
バナー
 FB-logo2
 Houzz

暑さに負けず

晴天ではありますが時折降った強い雨に、今夜はどうなるのだろうと不安が募ります。

現場でも周辺の掃除や、ネットの折り畳みなど台風対策を行っています。
風はすでに強く吹いています。皆様も家の周りの片付けなど行う際は、十分お気を付けください。


そして今日は土用の丑の日ですね~。
四立(立春・立夏・立秋・立冬)前の約18日の期間を土用といい、その期間に巡ってくる干支の丑の日
のこと。「う」のつく食べ物食べると夏負けしない・・などの言われもありますね。

こんな時でないとウナギを食べないだろうと、我が家は便乗して今晩の夕飯はうな丼に決定です!
他にも「瓜(うり)」「梅」「うどん」など、瓜はきゅうりやスイカなど瓜系を指すようですよ。どれも夏の食材であったり、胃腸にやさしいものだったりと、夏の体に適したものに丁度よく出来ているんですね。


暑さに負けず、新築・リフォーム・外構部と各現場進行中です。
DSCN5499
DSCN1680


C,持井


blog hp logo
バナー
 FB-logo2
 Houzz

安全対策

今日も気温が上がり暑い一日になりましたね~☀ 

いよいよ真夏がすぐそこまで来ているのを感じました。 




今週は、持井工務店の社員と繋がりのあるお客様の外構工事をしてきました。 

かなり長いことお待たせしてしまいましたが、無事に完了しました。 


Inked2019-04-18 13.53.09_LI

向かって左のお宅がお客様のお家です。 正面のブロックはお隣さん側のブロックになります。 

今のままだと、お孫さんが遊びに来た時に誤って落ちてしまう可能性がありますね。 


DSCN0062

そこで今回の工事では、ブロックを積んでフェンスを取り付けました!!  

これで安全になりましたね。 


お客様には、作業中も、とっても良くして頂きました。本当にありがとうございました。 

着工まで、お待たせしてしまい申し訳ありませんでした。  

また何かあればお声がけください!!




明日からの台風の動きも気になりますね。 

今年は冷夏だと言われていましたが、なんだか酷暑の夏になるようですね💦 

日照時間が記録的に少ない7月から、高温注意の8月。  

体調の管理には気をつけましょう。 by(持井 K)


blog hp logo
バナー
 FB-logo2
 Houzz

暑中お見舞い申し上げます

暑中お見舞い申し上げます。

昨日は二十四節季でいう「大暑」でした。暑さもピークの頃といいますが、今年は梅雨寒が続いたので体もまだ暑さに正直なところ慣れていません。
今週初めから蒸し暑い日が続き、梅雨明けの予想もちらほらあるので、いよいよ(ようやく?)夏の暑さがやってきそうです。皆様もくれぐれもご自愛ください。

IMG_7717
メダカの赤ちゃんがすくすく成長中!
でもまだ大きいのとは別のお部屋です。


C,持井


blog hp logo
バナー
 FB-logo2
 Houzz

内壁は漆喰仕上げ

先日大工の木工事が完了した千葉市の現場。
現在は金子左官さんが壁の仕上げ工事の為現場入り。


K邸では壁は左官仕上げとなります。
DSCN1587
こちらは下地まで完成。
以前にも「下地が大事」とかきましたが、これもまさにその通り。下地の仕上がりで、仕上げの仕上がりもキマリます。

DSCN1597
そして漆喰で仕上げます。
左官材を壁一面、あの厚みで、あの滑らかさで、塗り後も無く仕上げていく。もちろんそれだけではない、技の凄さの伝わるそんな一枚。


C,持井


blog hp logo
バナー
 FB-logo2
 Houzz

これまでの記事
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ