和室の建具が続々と入り始めています。AN邸の和室は外側に広縁があり、
2
そして内側に目を移すと、床の間もあります。
1

3

本格的な和室、床の間のある和室は伝統的な法則、格式が重要視されます。
床の間は四季を演出し、お客様を迎える「顔」でもあるため、床の間を背にして座る位置が上座とされているそうですね。知らなかった。最近ではあまり造ることはありませんが、それぞれの職人さん達の手によってとても格調高い和室に仕上がりそうです。

畳に付いて不思議に思うことがあります。畳では何も敷かなくてもごろごろできるし、おせんべい落としても食べちゃったりします(笑) 畳は不思議とホッとできる空間に思えるのは私だけでしょうか。(by MKS)



↓ おかげさまで好評です。午前にご予約が集中しており午前中の受付を終了させていただきます。これからお申し込み方は午後のご案内となります。ご了承ください。(7/23)
・・・ 見学会のお知らせ ・・・             
7/27(土)   10:00~16:00 (終了しました)
        
バナー1クリック1投票となります。クリックお願いします。毎日更新頑張ります。
blog hp logo