市川市H邸。

こちらも基礎工事が完了し、現場では土台敷きが行われました。
土台とは、この基礎コンクリートの上に敷かれている木材。上棟を前に土台や大引などの木材を基礎の上に敷き、アンカーボルトで固定していく工事(敷く)工程です。

181221 001
RIMG0022
RIMG0025

基礎をよ~く見ていただくと分かりますが、立ち上がり部分同士の間を大きくとってあり、基礎内全体がどこも繋がっています。

完成後の床下内点検時にはスケートボードのようなものを使い、床下に潜り移動をします。全体が繋がっていること、また高さを十分に確保する事で、床下全ての移動やピンポイントでの点検を可能にします。
さらに床下ダンパーから取り込んだ空気が床下全体を流る事で、湿気のこもりや空気の滞りを防ぐといった床下環境づくりを弊社では行っています。


いよいよお休み明け、25日には今年最後となる上棟です。
気を引き締めていきましょう!!


C,持井


blog hp logo
バナー
 FB-logo2
 Houzz