連休中は予報通りの雪でしたね。
今回は珍しく昼間に降り、止んでも溶けてくれたので事務所でも雪掻きもする事なく過ごせましたが、北側など特に日陰部分はまだ残っているところもあり凍結注意です。


しかし溶け切らない屋根の雪は、日曜も落ちてきてました。
ea181474[1]

この屋根の落雪。
屋根材によって変わってくるのはご存知ですか??


瓦など雪止めのある屋根の場合、少しの雪なら落ちてきませんが量が多いと、
ad3a1ba2[1]

こんな状態になり、ドスンドスンと落ちてきますよね。
いつまでもポタポタ水が垂れていたり、いつ落ちてくるか分からず当たってしまったり、屋根の下は常に雪がある状態だったり・・。


ですが弊社で採用しているガルバリウム鋼板の屋根材は、雪止めが無いにもかかわらず雪が落ちてきません。ガルバリウム鋼板の表面に吹き付けた天然石チップが雪の滑りを止めてくれていて、雪は落ちて来ず、屋根の上で静か~に溶けて無くなります。

ですので上記のような心配もなく降雪後を過ごせます。軒下での物干しも出来てしまいます!6c4dfb22[1]


もちろんデザインの好みや、土地柄等ありますので、どの屋根材にするかはお客様にお選びいただけます!



C,持井



詳細&お申込みはこちらから↓↓
■■住まい方見学会■■
2月16日(Sat) 13:00~17:00




blog hp logo
バナー
 FB-logo2
 Houzz