先日、お上りさん気分(気分ではなく完全に・・)で「東京の夜景」を見に向かったデックス東京。

IMG_6964
スマホ撮影の為、綺麗な写真ではありません・・目視だともっともっと綺麗でした!

こちらの施設のデッキ材に使われているのは「セランガンバツ材」と言わるもので、
流通や価格などから公共施設で多く使われ、大阪空港の展望デッキでも同じ材を使用しています。


そんなセランガンバツ材。
弊社でもご予算や仕上がりをご相談の上、使用する材でもあります。
こちらのリフォーム現場では、既存のバルコニーに目隠しを施工しました。

DSCN2052
時間と共に退色する事で、既存のものと馴染んでくることでしょう。


31da0e43[1]

こちらのウッドデッキは、ウリン材によるもの。
同じく耐久性が高く虫害の少ない材としてよく使用します。

セランガンバツ材より色味は少し暗め、耐久性においてはウリン材の方が高いですが、基本的にはどちらもメンテナンスフリーで、退色した色味など経年変化を楽しめる素材です。



C,持井



blog hp logo
バナー
 FB-logo2
 Houzz