明日は春分の日ですね。
冬至の昼が短かった時に比べ、夕方明るい時間が長くなりました。

弊社も休業日としてお休みとなりますのでよろしくお願いします。

「春分の日」は「お彼岸の中日」でもあり、前後3日を合わせた7日間をお彼岸と呼ばれていますね。
「なんでお墓参りをするのか?」と子供に聞かれ調べてみたのでご紹介致します。(諸説あり、色々な考え方がありますのでご了承ください)


春分と秋分の日の太陽は、真東から昇り真西に沈みます。
仏教において極楽浄土は西にあるとされ、太陽が真西に沈むこの日は私達の世界(此岸)と極楽浄土(彼岸)が最も近づく・・と言われ、先祖供養をするようになったという説があるそうです。

また宮中祭祀の「春季皇霊祭」、昔は農村部では豊作のお祈りの日でもあったそうです。
法律では「自然をたたえ、生物をいつくしむ日」とされています。


なかなか祝日の意味を考えて休む事はありませんが、こういった云われもあると知っていると昔からの風習や行事に対しての意識も違ってくるのかなと思いました。

ご先祖様をお盆は家にお迎えする。
春分・秋分は、近くで会えるといった感じでしょうか。まるで七夕の織姫と彦星のようですね。


C,持井


blog hp logo
バナー
 FB-logo2
 Houzz