先日大工の木工事が完了した千葉市の現場。
現在は金子左官さんが壁の仕上げ工事の為現場入り。


K邸では壁は左官仕上げとなります。
DSCN1587
こちらは下地まで完成。
以前にも「下地が大事」とかきましたが、これもまさにその通り。下地の仕上がりで、仕上げの仕上がりもキマリます。

DSCN1597
そして漆喰で仕上げます。
左官材を壁一面、あの厚みで、あの滑らかさで、塗り後も無く仕上げていく。もちろんそれだけではない、技の凄さの伝わるそんな一枚。


C,持井


blog hp logo
バナー
 FB-logo2
 Houzz