持井工務店、上棟ラッシュが続いております。 つい先日、11月6日にも柏市で上棟を無事にすることが出来ました。 

Miu 建築工房さんとのお仕事になります。 

今年は上棟の際に、レッカー車を使えない現場がとっても多いです。 持井工務店ではこれを「手上げ」と呼んでいますが、これがまた本当にきついです(笑) 

お昼ご飯の際に、箸を持つ手が震えてしまうことがあるくらい腕力を使います。 普段、重いものを持つといっても、せいぜい腰の高さくらいまでしか持ち上げませんよね。 それならまだいいんですが、上棟となると、重たい梁などを頭の上にまで持ち上げなくてはなりません。 これがいつもと違って腕がパンパンになります。 


DSCN2946

最初に柱を立てていきます。 ここまではまだ大丈夫。 腕がパンパンになるのはこれからですね。

DSCN6122

人数が多く見えますが、それぞれに役割があります。 梁を水平に(両方同時に)持ち上げるのはとっても重たいです。 こうして片方ずつ持ち上げます。 
左の人が肩に担いで脚立を登っていきます。 その脚立をしっかりと抑える人がいます。 担いで上がってきた材料を上で取る人がいます。 
少しでも材料の重さが軽くなるように真ん中で二人がサポートしています。 


DSCN6123

片方を上に乗せたら、同じことを反対側でも行います。 こうして一本ずつ運んでは上げてを繰り返して組み上げていくんです。 

昔の大工さんからしてみれば手上げは当たり前のことです。 ただ人間は楽なことを経験してしまうと甘えが出てしまいますからね~ 気を引き締めるためにも年に1、2回は手上げがあってもいいのかなとも思います。 



腕は上がらなくなるほど疲れましたが、事故もなく無事に上棟することが出来ました!


DSC_2201
DSCN2966

さてどんな思いの詰まった家が出来上がるのでしょうか。 

また、進行状況を伝えていきたいと思います。

安全第一で現場の方を進めていきたいと思います。 M田棟梁よろしくお願いします!

DSC_2202


改めまして、上棟おめでとうございます! by(持井 K)
 

blog hp logo
バナー
 FB-logo2
 Houzz