持井工務店 スタッフ日記

「住まいは工場でロボットが造るんじゃない、住まい手の思いを酌んで人の手でつくり、住まい手がつくるのだ」が持井工務店のモットー!

植栽

全力でバックアップ

6月の剪定ラッシュも今日でひと段落。 最後の日はあいにくの雨となりましたが、無事に回ることが出来ました。 

今週伺わせてもらった現場の中からピックアップしていきたいと思います。 


DSCN0018

市川市にある勘兵衛梨園さんの併設、 CAFE KANBE。 

1年が経ち、植栽も板塀も大分馴染んできました。 

DSCN0021

完成した当時の綺麗な雰囲気から、落ち着きのある大人の雰囲気になったようです(笑)

DSCN0022

セラガンバツで作ったコーヒーテーブルも、味に磨きがかかったように見えました。 

この時期はまだ週末だけの営業のようですが、毎週大盛況だそうです。

去年来たリピーターの方が多いというのも嬉しいことです。 

夏にまた家族で梨のピザを食べに来たいです!



もう一つお庭を紹介します。

DSCN0023

アプローチと庭、ウッドデッキが一つの空間にあるお宅です。 

この配置のパターンはかなりお気に入りです。 アプローチと庭が一体になっている感じがいいですね。

家の中から見ると、木に囲まれたウッドデッキの奥にアプローチがチラッと見えます。 幹と幹の間にチラッと見えるがポイントです。

DSCN0025

キッチン、リビングから見えるこの景色がお施主様も大好きだそうです。 

剪定するのにもやりがいがあります。 



近年、家に木を植えるお宅がかなり減ってきました。 土地のスペースの問題だけでなく、なるべく手のかからない人工的なもので考える方が増えてきているのが現状です。


う~ん、なんだか寂しさを感じる住宅街の景色が増えました。


しかし、そんな時代の中でも、持井工務店のお客様は沢山の木を植えている方が多くいます! 

もともと木が好きな方、こちらから提案をさせて頂いた方、様々ですが、これからも「木を植えて良かった!」と思ってもらえるように、全力でバックアップしていければと思っています。 



剪定は終わりましたが…   来週は全部雨マーク☔ですね~( ;∀;)  by(持井 K)


blog hp logo
バナー
 FB-logo2
 Houzz

管理剪定で思う事

毎年6月を中心に行っている庭木の管理剪定。 年々、件数も増えあっちにこっちにと走り回っています。

どうしても土曜日が人気です。 夫婦共働きが当たり前の時代ですからね。 

多少の雨でも剪定は出来ますが、できることなら雨は避けたいです( ;∀;)   

高い三脚にも登りますから、細心の注意を払って行っています。 



今週も現場仕事も進めつつ、剪定の方を回らせてもらいました。

DSCN0001

もうすぐで7年経つお宅です。 庭も木もとってもいい状態です。 

毎回会うたびに、笑顔で庭の話をしてくれます。

あくまで自分たちは庭を作るのが仕事です。 育てていくのはお客様。 そのサポートが出来ればと思っています。 

庭を大切に思ってくれているのがとっても嬉しいですね。



DSCN0004
 
こちらのお宅も7年目。 毎年、剪定が終わると、「木が喜んでくれているようです」と言ってくれます。 

この言葉もとっても心に響きます。 

色々な気持ちが伝わってきます。



DSCN0008

4年目のお宅です。  残念ながら4年間の間に枯れてしまった木もあります。 環境が原因であったり、木自体の原因であったりと、原因は様々ですがなかなかすべての木が上手く育ってくれることはありません。

逆に、上手く根付いた木は、毎年どんどん状態が良くなってきます。

毎年剪定をしていると、その木の性格、性質のようなものがなんとなくわかってきます。 


先ほどの7年目のお宅の木となると、癖までわかってきました(笑) 




今年の管理剪定もあともう少しで完了です。 by(持井 K)

blog hp logo
バナー
 FB-logo2
 Houzz


剪定シーズン真っ最中

一日中雨の寒梅雨な土曜日となりました。 もう少し温かい格好で出勤すれば良かったと後悔しましたね。 雨プラス冷たい風でとっても寒かったです。

毎年、梅雨時に行っている庭木の管理剪定。 今週はかなり多くのお宅に伺うことが出来ました。 天気だけでなく、こちらの都合に予定を合わせていただけるお客様のお陰です。 本当にありがとうございました。 


DSCN9996 (2)

1年前に作ったお庭の雑木も、枯れ枝が少しありましたが、とってもいい状態で育ってくれていました。 

土中の深い部分に水が溜まりやすい土地でした。 少しでも水はけをよくできるように、植栽時にひと手間掛けた甲斐がありました。 


DSCN9979 (2)

板塀のデザインが同じですが、こちらはまた別のお宅です。 出来上がってから5年が経ちました。 


DSCN9981 (2)

5メートルのアカシデとモミジが印象的で、雰囲気ばっちりな素敵なお庭です。  

大きくなってきたアオハダが、お客様の一番のお気に入りの木だそうです。 アオハダはデリケートな部分がある木で、植える場所には気を使っています。   どこでも植えられる木ではないので、ある程度の条件が必要ですが、庭に欲しい木のひとつですね。  女性からの支持率はナンバーワンの木です。


高木の下に広がる庭も更なる味が出てきました。 

DSCN9984 (2)

この、高木の下に空いたスペースこそ雑木の庭の醍醐味だと思っています。 

マイナスイオンたっぷりのこの庭には、小さな川があります。  普段は水を流していない川に、今日は水を流させてもらいました。

DSCN9987 (2)

水が流れる音はとても心地よく、涼しげでした。

DSCN9991 (2)

石と石の間から生えている下草が自然の川を思わせます。 当時の思いが蘇り、また次なる庭づくりへのモチベーションが上がりました。 


作業に伺った際に皆様から、お茶菓子やお土産など、温かいお気持ちを頂きます。


「いつも、本当にありがとうございます!」  この場を借りて改めて感謝の気持ちを伝えさせていただきます。 by(持井 K)  


blog hp logo
バナー
 FB-logo2
 Houzz


切りがいのある木

市川市 H邸は予定通り、今週の月曜、火曜日で土間コンクリートを打設しひとまず外構工事は待機です。

DSCN9969

車が停まる車庫部分と、アプローチの部分で仕上げの表情を変えています。 

この後、植木屋さんが植栽の大移動を行います。 もともと植えてあった木を一時的に仮植えしてあります。 新しくそろえた植木もたくさんあります。 同時進行は難しいという事で、一時待機です。 


このタイミングで、OB様の植栽の剪定に回りたいのですが、ばっちりと梅雨入りしてしまいました。 雨の日が多いので、なかなか効率よく伺えませんが、まずは前もってご連絡を頂いたOB様から剪定に行かせてもらっています。  

DSCN9972

玄関の土庇が印象的なこちらのお宅は2013年竣工。 6年が経ちました。  6年経つと木の成長スピードもかなり速くなってきます。 その分、剪定で切らなくてはいけない枝の数も毎年増えてきます。  剪定にかかる時間も少しずつ長くなってきています。 

剪定技術、スピードを上げて、カバーできればいいのですが、切る枝を見極めながらの剪定の為、時間がかかってしまう木もあります。 

同じ樹種の木でも一つ一つみんな違います。 相性もありますね。 


DSCN9976

こちらのお宅は、今回で5回目の剪定になりました。 大きい木で6メートル程の高さがあります。

毎年同じ位置で剪定しないようにし、高さを抑えるのが最も難しい剪定になります。 同じ位置で切り続けると、枝先は拳のような形になり、木の形も固くなってしまいます。 

とってもやりがいのある、切りがいのある木もありますね。 


来週も天気の様子を見て、動いていきたいと思います。 by(持井 K)

blog hp logo
バナー
 FB-logo2
 Houzz

今年も始まりました 

先日、完成見学会の行われた市川市のH邸。  外構工事がまだ完成していないので、現在、急ピッチで工事を進めています。 

2019-05-31 10.33.11

敷地の面積がかなりあります。 駐車スペース、アプローチともにとても広く設計されています。 

コンクリートの打設は来週の月曜日、火曜日の二日間。 ここ何日かの天気予報で、月曜日の天気が怪しくなってきましたね。  月曜日の朝、慎重に判断したいと思います。 


工程の関係で今日は現場を空けさせてもらいました。   


今日は、6月と言えばの植栽管理剪定です。 

前もってご連絡頂いていた、我孫子市のお宅と、船橋市のお宅の剪定に伺ってきました。 

DSCN9963

我孫子市のN邸は5年が経ちました。 

木はしっかりと根付き、この土地に馴染んできたのがはっきりとわかります。 

DSCN9964

無理に抑え込むような剪定はしていないので、暴れる枝も少なく、見た目の木の量以上に早く作業が完了します。 

木に対してストレスの多くかかる剪定ばかりを行うと、生命力の強い木ほど反発をし多くの徒長枝を出し、樹形が大きく崩れてしまいます。  この一度崩れた樹形を直すには何年もかかってしまうので、注意が必要です。 


 
来週から剪定のご連絡を差し上げる予定です。 例年より少し遅くなってしまいますが、もう少しお待ちください。(by持井 K)   


blog hp logo
バナー
 FB-logo2
 Houzz

これまでの記事
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ