持井工務店 スタッフ日記

「住まいは工場でロボットが造るんじゃない、住まい手の思いを酌んで人の手でつくり、住まい手がつくるのだ」が持井工務店のモットー!

保育園

雑誌掲載

04011704[1]

2月18日(土)発売の『住宅建築』。

巻頭は昨年、協働させていただいた『かめ設計室』さんの特集記事です。
そこへ弊社施工の『船橋市光の子保育園』も掲載いただいてます。

見る度に、このような保育園で走り回り、過ごす子供たちは、どんな気分だろうと想像してしまいます。
園庭と建物が一体となった園全体の空間が、本当に素敵です。


担当したK地も、注文の発送が待ちきれず、本屋で購入!
共に取り組んだものがカタチとなり、こうやって紙面に残るのは、やはり嬉しいですね。
また、協力業者や大工たちの名前も掲載されており、
当人たちにもよい経験と自信になったのではと思います。


書店で見かけたときには、是非手にとってご覧下さい。  mc




 FB-logo2  バナー1クリック1投票となります。
blog hp logo
 

船橋市新高根S保育園@3年目になりました

3年前の建替えのお仕事をさせていただきました船橋市新高根のS保育園。

A_010
本日は50周年の大運動会でした。
広々とした園庭に、トラックをつくり、色とりどりの園帽子がとても可愛らしく、
年長さんの逆上がり、組体操、リレーには力強さ、頼もしさを感じ、感動してしまいした。
(娘を見るのでいっぱいでリアルタイムな写真がありませんが・・)


3年間の月日の中で、「こんなのがあったらいいな」とたくさんお声掛け下さり、実現させてきました。
完成はもちろんゴールでもありますが、そこから使いやすく(住みやすく)共に過ごしていくスタートでもあります。
それは住まいにおいても同じですね。

先日はOBのお客様が御仏壇のご相談に来て下さいました。
自分たちのライフスタイルの変化に柔軟に対応出来る住まい、それに柔軟に対応出来るスタッフ。

こんなの出来るかな・・と思った時には、是非ご相談下さい!



家づくりのこだわり「完成」編
日にち :10月22日(土)・23日(日)
時間 : ①10:00~12:00   ②14:00~16:00
場所 :船橋市新高根
詳細&お申込はこちらです。 


FB-logo2  バナー1クリック1投票となります。
blog hp logo
    

ジャストフィットするものをお作りします

開園から2か月。園児も保育士さんたちも慣れてきた頃でしょうか。
かわいらしい看板が出来上がりました。
3

家具担当S熊のお手製スロープ
1
2
生活してみて必要となった時に、必要なサイズでジャストフィットするものをお作りします。既製品にはないもの、できないこと、難しいことほど能力を発揮する大工が弊社にはいます。


材はウリンは別名「アイアンウッド」→「鉄の木」と呼ばれ、その名の通りとてもかたい木です。切断するのもひと苦労。また「腐らない木」ということで海沿いなどの湿気の多い環境でも安心して使われています。代表的?なのが、東京ディズニーシーのウッドデッキ。

経年変化とともに銀白色になっていきます。メンテナンスいらずでこの雰囲気。
雨に濡れるとしっとりツヤッとしてまた素敵なんだな~。
5(MKS)




家づくりのこだわり「リフォーム」編
日にち :7月9日(土)
時間 : ①10:00~12:00   ②14:00~16:00
     注:お申込みは8日(金)までです。

場所 :船橋市高根町
詳細&お申込はこちらです。


FB-logo2  バナー1クリック1投票となります。
blog hp logo
  

保育園 お引渡し

昨年11月に起工式を行ってから約半年。
設計事務所との協働で進められた工事、”船橋H保育園”がお引渡しとなりました。


160420 002
003
160416 050
160416 015
160416 013
160416 030
160416 024
160416 039

手も足も脳も、五感を刺激する自然の庭、遊具。
自然素材仕上げの園舎。

庭にはジューンベリーのシンボルツリー。


とても素晴らしい、素敵な保育園が完成しました。


開園は28年5月2日。
船橋光の子保育園




↓  ↓  ↓
FB-logo2  バナー1クリック1投票となります。
blog hp logo
    

本物の素材をふんだんに使う

強めの風に乗って「こいのぼり」の歌詞通り、おもしろそうに泳いでる~
a



さて、
「手、足、口 子どもたちが触れるところはすべて本物の素材を」と心がけている保育園。
天井と壁(左官部分もあり)に手すきの和紙を使っています。
5
4

こんなところも ↓ 「スイッチプレート」
12

さらに ↓ 「点検口」
3
目地を合わせて壁と一体化

1
2
施工は京都府綾部市を拠点に活動されている黒谷和紙漉き師ハタノワタルさん
和紙の魅力をいっぱいのHPはこちらです。(MKS)


↓  ↓  ↓
FB-logo2  バナー1クリック1投票となります。
blog hp logo
 
これまでの記事
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ