持井工務店 スタッフ日記

「住まいは工場でロボットが造るんじゃない、住まい手の思いを酌んで人の手でつくり、住まい手がつくるのだ」が持井工務店のモットー!

船橋

ふなばしこんな会社

「My Funa.net」という船橋の情報サイト。
船橋のあちこちで“みんなで船橋を盛り上げる”活動をされています。
冊子版My Funaもあります。

ひょんなところからご縁が始まり、1月号の高根御神楽、弊社のもちつき会に引き続き、
2017年4月号では「ふなばしこんな会社」で持井工務店を紹介してくださいました!
ありがとうございます。


記事はコチラ→◆体にやさしい無垢の木を使い手作業にこだわって家をつくる◆


情報が溢れる今の時代といえど、
まだまだ知られていない、知らない情報は沢山あるようです。

弊社をもっと地域の方々に知っていただきたいと、
フットワークの軽い社長さん、ライターさんが動いてくださいました。
そして私たちもパワーをいただきました。


2017年4月号です。是非ご覧下さい! mc




  FB-logo2  バナー1クリック1投票となります。
blog hp logo

床板張っています。無垢の床板掃除

船橋市S邸、床板張り進行中です。
倉庫にあるものを片っ端から使うのではなく、張る前に一枚一枚の板の色味や木目、サイズを大工さんがチェック。
2
1
玄関やリビングは綺麗な板をピックアップ。バランスよくセンス良く張り巡らせます。
そのひと手間はお客さんの顔が見えるからこそ。大工という仕事に誇りを持っている証拠。


先日の見学会では床板の掃除方法についても触れました。
抱かれていたイメージと違ったようで、「簡単」というか「普通」で驚かれていました。
基本は掃除機です。汚れが目立つようなら時々水拭きをするのが良いでしょう。
水拭きをし過ぎると床板の油分がなくなりますので、水拭きの頻度が高いおうちは床オイルを薄ーく塗布してあげると良いと思います。

今の時期、乾燥しているので板と板の間に隙間が出来ます。その隙間をよく見ると・・・
ホッチキスの芯だったり、かぴかぴに乾燥したご飯粒だったり、小っちゃいビーズなど色々挟まってます(笑)

また湿度の高い時期になると木が膨張してある程度隙間が戻りますので、今がチャンス!!(MKS)



 FB-logo2  バナー1クリック1投票となります。
blog hp logo

雑誌掲載

04011704[1]

2月18日(土)発売の『住宅建築』。

巻頭は昨年、協働させていただいた『かめ設計室』さんの特集記事です。
そこへ弊社施工の『船橋市光の子保育園』も掲載いただいてます。

見る度に、このような保育園で走り回り、過ごす子供たちは、どんな気分だろうと想像してしまいます。
園庭と建物が一体となった園全体の空間が、本当に素敵です。


担当したK地も、注文の発送が待ちきれず、本屋で購入!
共に取り組んだものがカタチとなり、こうやって紙面に残るのは、やはり嬉しいですね。
また、協力業者や大工たちの名前も掲載されており、
当人たちにもよい経験と自信になったのではと思います。


書店で見かけたときには、是非手にとってご覧下さい。  mc




 FB-logo2  バナー1クリック1投票となります。
blog hp logo
 

枕屏風 見事に修復

修復を承っていた枕屏風をお届けしてまいりました。(修復
5
おじい様が作られた大変思い出深い屏風を何とかよみがえらせたいというお施主様の思いを職人さんが見事に応えてくれました。

下地に貼られていた新聞をよく見てみると、
2
3
社会の教科書で見たような戦争時代の様子が分かる生々しい文面も。

表は定番の葛布で仕上げています。修復前と修復後、築6年の葛布。
時の経過とともに飴色にやけていき、雰囲気が出てきます。
比べてみるとよくわかりますね。
IMG_1263


この屏風を修復した職人さんが、新築現場江戸川区U邸の仕上げ工事に取り掛かっています。
1


新築時とは違った築6年半の家の雰囲気を見にいらっしゃいませんか。(M上)
 ↓  ↓  ここから簡単予約できます ↓  ↓

「築6年半の家を見てみよう」
日にち :2月18日(土)
時間 : ①10:00~12:00   ②14:00~16:00
場所 :船橋市高根町
詳細&お申込はこちらです。 



 FB-logo2  バナー1クリック1投票となります。
blog hp logo

大切な枕屏風@職人力

枕屏風【まくらびょうぶ】
風よけなどに枕元に立てる背の低い屏風のこと

冷気で頭や肩を冷やさないためのものとして主に枕元で使われてきたものです。これを階段からの冷気対策にも応用できる!!とF様は思いつき、補修の依頼がありました。

d

昭和20年3月10日の東京大空襲前日に東京から千葉へ移り住んできたというF様。その時、この屏風も一緒だったそうです。一輪車で運んだため、破けてしまった部分からは昭和18年の新聞紙やその当時の帳面の紙が覗いていました。
a
b
e

表に貼ってあるものは弊社でもよく使っている葛布。単純計算で70年超もの年月が経っていてもこの美しさ、丈夫さには驚きました。
c
また、この補修に関して職人に相談すると、屏風作りでもっとも大切で要となる紙蝶番の技術も素晴らしいと絶賛でした。

職人力が試されますね!!!!!


次回の見学先の新築時 葛布 ↓
f
さて6年半後はどう味が出ているでしょうか??(MKS)

弊社がお世話になっている大井川葛布さんHP


 家づくりのこだわり「完成」編
日にち :2月18日(土)
時間 : ①10:00~12:00   ②14:00~16:00
場所 :船橋市高根町
詳細&お申込はこちらです。 



 FB-logo2  バナー1クリック1投票となります。
blog hp logo
これまでの記事
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ