事務所のある高根町では10月はお祭りの季節です。
このお祭りが終わるとぐっと秋の深まる気配を感じます。

お祭りといっても、盆踊りや出店に大盛り上がり!といったものではなく、
御神楽を中心とした少々厳かな高根神明社の祭礼です。



先週末になりますが、
船橋のきららホールにて、この祭礼の奉納神楽を見る機会がありました。
「ちょっとよりみちライブ特別公演     第5回 船橋伝統芸能を楽しむ会   高根町神明社の神楽」
と題し、市内の御神楽を楽しむ事が出来るイベントです。

明治の頃から受け継がれている御神楽は、船橋市の無形民俗文化財に指定され、今もなお十数名の神楽連の方々により守られ、引き継がれています。

034
例祭時ののザワザワガヤガヤした中でみる御神楽とは違い、真っ暗な中、舞台のみの灯りの中で見る御神楽はとても神秘的!でしたが、いつもの雰囲気を知っているだけに、見てるこちらまでその緊張を感じました・・。


歴史・伝統のある神社がすぐそばにあるということを誇りに思い、何においても地元地域を大切にしていかなければならないな~と感じた1日でした。




FB-logo2  バナー1クリック1投票となります。
blog hp logo