The sky is the limit

パニック障害になった筆者が、日々回復に向けて取り組んでいること、考え方や役立ちそうなアイテムなどを紹介しています。また子育ての話、大好きな海外の話、その他人生をトキめかせる様々なエッセンスをお伝えしています。

2017年06月

案ずるより産むが易し、まずは始めてみようということで、
兼ねてから興味があったオンライン英会話を始めてみました。

オンライン英会話、腐る程沢山の会社が世の中に溢れている中で、
迷ったのは大手二つ。

DMMと、レアジョブです。
比較検討の結果、DMMはフィリピン人だけでなく欧米諸国のネイティヴの先生がいることに惹かれましたが、
プラスネイティヴプランという、結構高いお金を追加で払わなくてはならず、その他は大して変わりはありませんでした。

変わらないなら、やはり業界最大手のレアジョブかね!DMMはなんとなくチャラそうだし(勝手な個人的偏見)、ということで

レアジョブに決定。

初回の体験レッスンは、まぁひどいものでしたが、なんとかhigh beginner (初級者の上の方)というレベル判定でした。

体験レッスンだからか、たまたまか、講師の質は良くなかったです。
21歳という超絶若いフィリピン人の男の子が講師でしたが、
こちらが英語に詰まって考え込んだり、焦りながらめちゃくちゃな回答をしていると、あからさまに呆れたような表情。
呆れたというか、ダルそうな表情でした。

正直、自分で思っていたよりも全く喋れなくて、衝撃だったのですが、、
にしても、あの講師はないな。

その後に受けた日本人によるカウンセリングはそこそこ良かったので、
二回目の体験レッスンに期待します。

オンライン英会話って、格安な分、講師の当たり外れが大きいというのは仕方ないですよね。

さて仕事はというと、
グループ会社に出向になり、少し慣れてきたと思ったら
今度は組織改編でまたメンバーも大きく入れ替わり。
差し当たって直近で英語を使う業務はほぼありません。

だけど、

英語を話せた時のトキメキ
文化も言葉も全く違う人たちと分かり合える楽しみ
海外ドラマの中のかっこいい女性
海外のビジネスウーマン
これからの時代の可能性
・・・

色々考えるとやはり
英語を学んで損はない!と思えるのです。

会社に復帰して2ヶ月余り。
仕事と育児の両立で、毎日文字通り必死!ですが、
ボチボチ、頑張ってみようかなと思ってます。







餅はこれまで、かれこれ10年近く、
「美容室は表参道!」というミーハー丸出しの価値観に基づき、
表参道の美容室を転々としてきました。

P子の件も、勇気を振り絞って打ち明けたり、理解のありそうな美容室を選んだりして。

で、

得られたものといったら、

「私、表参道の美容室に通ってるの!」
「こんな大きな一流の美容室に行ってるの」
「すごいでしょ、イケてるでしょ」
「P子がいても、表参道の大きな美容室に行ってる私すごい!」

という、、
全く誰も興味ない、しょーもない自己満足でした。

いや、自己満足するならそれはそれで大いに結構!なったのですが、
結局、
美容室で緊張しただの苦しくなっただの色々あって
自己満足もできず。

ただただちっぽけなプライドを引っさげていたに過ぎない。

ってことに、気づいたんですよ、最近(笑)。

表参道の美容室だからって、
別にお気に入りだった訳じゃないし、カットもイマイチだった所も山ほどあるし、
ただただ高いお金を払っていたなーと。

その高いお金は、高度な技術代(満足代)でなく、
しょーもないちっぽけなプライドを保ち続けるためのお金。

もう、そういうのやめよー!と、思った訳です。

正直、仕事と育児で毎日ヘトヘトになっている餅は、土日にわざわざ電車に乗って数十分、原宿・渋谷界隈の殺人的な人混みを必死にすり抜けて、美容室に行く程のガッツはない訳でして。

この度、近所の個人で経営している美容室に変えてみました。

女性一人でやっている、とっても素敵なお店です。
去年オープンしたばかりとかで、ピカピカ、アロマの良い香り。

何より良かったのは、
女性一人しかいませんから、当然その方が最初から最後までずーっと担当してくれるんです。

何気に、これ、初めての経験でした。

表参道の美容室に通っていた時は、大きな美容室ばかり行っていたので、担当の人を指名しても、最初のカウンセリングと、カットの時に現れるだけ。
シャンプーだのカラーだのドライヤーだの、大部分の時間はいろんな人が入れ替わり立ち替わり・・・多い時で5、6人入れ替わるのが当たり前でした。

ずっと一人の人が担当してくれるって楽です。

何かあっても(笑)驚かれることはないし(これ重要)、
周りの目を気にしなくていいのはほんといい!

今回、この美容室に初めて行ってみたのもある意味チャレンジなのですが、
もう三つくらい、餅にとってはチャレンジだと思うことをしました。

1、餅のコンプレックスの一つである「面長」ー美容師さんにサラっと相談してみた!
→この20年近くの美容室人生、なんと一回も「面長」という言葉を発したことがありません。多分。
なんとなく避けていたこの言葉、勇気を出して言ってみました!
人に言えないー数あるコンプレックスの中でも、これがほんとのコンプレックスだったのかも。。
(そういえば1月に心屋仁之助さんのセミナーに参加した時も、このコンプレックスは黙っていたなぁ。。)

勇気を出した割にサラリと受け入れられて終わりました。そんなもんなのですね。
これを伝えたお陰で、髪型は、表参道の美容室には敵わない理想の叶いっぷりとなりました(笑)。

2、P子の件をサラリと打ち明けた!
→実はわざわざ打ち明けなくてもいいかなぁ、とも思いましたが、打ち明けた方が楽になることは間違いないので、勇気を出して打ち明けました。
こちらがサラリと軽〜く言ったせいか、深刻に受け止めることもなく、過度に心配することもなく、普通に受け入れてもらえました(笑)。

これに関しては、表参道の担当美容師さんは理解があり、とても温かくしてくれたので、比較してしまうとあれなのですが、餅自身が軽ーく言ったからかなとも思います。
今回の美容師さんもいい人には変わりなく、ただ反応がサラリとしていた、というだけのこと。

深刻な病気とかではないので、これはこれでアリなのかなという気もしています。


3、自分の欲望を叶えてあげた!
美容室に入ったら飲み物が出てくるだろうと期待していたのですが、ちゃんとした飲み物が出てきたのはだいぶしばらく経ってから。
今までの餅なら、どんなに喉が渇いていても我慢する所でしたが、
勇気を出して言ったんです!
「お水とか、いただけないでしょうか?」
ースンナリ、出てきましたよ(笑)
それもペットボトル丸々一本そのまま!
で、この30分後くらいに、並々と大きなカップに注がれた、美味しいカフェラテが出てきましたー!
モコモコに泡立っていて美味しい。下手なカフェより本格的。
これ、一番感動しました(笑)。

と、まぁ、他人からしたら「なんでこんなことで・・・」と思うかもしれないですが、
餅にとっては全てがチャレンジなのです。

もっと自分を解放し、ありのままの自分を生きるために、
できる限り、「今までの逆」をやってみようと思ってます。

今までだったらやめていたこと(頼る、甘える、弱みを見せる、恥をかく、変だと思ってる部分を晒す、欲望に正直になる、反論を言う・・・等々)を、
やる!
今までだったらやっていたこと(我慢する、努力する、頑張る、耐える、自立する、遠慮する、良く見せる、嫌われないようにする、変だと思ってる部分を隠す、自分に嘘をつく、自分を責める、ムチを打つ・・・等々)を、
やらない!

その一歩が今日少しでもできたので、良かった。

表参道に比べて値段はお手頃になったのに、
結果満足のいく髪型となって万々歳であります!



✳︎✳︎✳︎



小林麻央さんがお亡くなりになりました。
このニュースを聞いて、一人の女性として、子を持つ母親として、とてもとてもショックでしばらく頭が働きませんでした。
麻央さんのブログに餅は幾度となく励まされ、エネルギーをもらってきたのです。
「病気の陰に、隠れないで」という麻央さんの言葉は、当時パニック障害という得体の知れない物と戦って、色々なことを避け消極的になっていた餅に、大きなパワーを注いでくれました。
パニック障害なんて、言葉が何やら大袈裟なやばい病気、みたいな感じがしますが、
実際は死ぬ訳じゃないし、元気そのものな訳だし。
麻央さんの容態に比べたら、全然比べ物にもならないのですが。

本当に、励まされました。
ありがとうございました、と言いたいです。
そして、お疲れ様でした、と。

二人のお子様達も、きっと麻央さんが母親で幸せだったと思います、と。

このニュースを聞いて、強く思ったのは、
息苦しいだの、ドキドキするだの、やれ乗り物が怖い、やれ夜が怖い色々あるものの、
ほんとにそれって、生きてる証拠、そのものだなと。
色々あるけど、生きてる。
思いっきり悩んだり、不安になったり苦しんだり葛藤したりできる。

生きてるー!!

人はいつどうなるか分からないのだから、
元気に生きてるうちに、やりたいことをやりたい。悔いのないように毎日を生きたい。
限られた人生の時間を、他人のために、そしてちっぽけなプライドや勝手な被害妄想のために、
使っている場合ではないんですよね。

改めて、思いました。

自分のために、生きよう。
自分を、生きよう。

ってな訳で、
色々深く考えずに、直感でやりたい!と思ったことを積極的にやってきたいと思ってます。

長くなりましたが、
皆さん一緒に自分の人生の時間を思いっきり生きましょう〜!





綺麗事か!と言われそうですが、
世の中の大半はそうだと思います。
「ピンチはチャンス」
いい言葉だな。

今日は、

久しぶりに、不安感と緊張で、ランチの時に手が震えました。

あ、今更ですが餅、パニック以前に極度のあがり症なのですよ。
緊張する自分、変に思われるかもしれない自分を責めまくって責めまくって責めまくって・・・
P子がやってきたようなものです。

なのでP子は結果論というか、ダミーであって、
真の問題はこの「緊張する」という所に隠れてます。

P子が来て、この一年半自分と嫌という程向き合って、
この「真の問題」とやらの正体は突き止めています。


それは


すばり、
 
 
自分を生きる勇気がないこと。

これに尽きます。

傷つきたくなくて、恥ずかしい思いをしたくなくて、
「普通である自分」「変じゃない自分」「いい感じの自分」「デキル自分」「元気でタフな自分」etc...という鎧をまとって、
生きて来ました。

いつ鎧が崩れるか、鎧の隙間から本当の自分がバレてしまわないか、重たい鎧を涼しい顔して永遠に身につけていられるか、
不安で不安でたまらないのです。

怖くて怖くてたまらないのです。

だから、

緊張する。
心拍数や血圧が上がる。
手や声が震える。
息苦しくなる。
汗をかく。

そしてまた、そんな自分を責めるーの、無限ループ。

いつもと同じメンバーでの昼食なのに、午後に何か緊張する予定が控えているとか、たまたま席が緊張する席だとか、静かだとか、ちょっとしたことで、
すぐスイッチが入り、震えるんですよ。

脆いんです(笑)。

だけどこれ、今では「チャンス」と思っています。

いざその場になると、「ピンチ!」だと体が反応して震えが来てしまうのですけど、
紛れもなくチャンスなんです。

なぜかって?

震えるから(笑)ー

「手が震えてるー」
「私緊張するんだよねー」
と、堂々と震えてる様を人に晒す、
またとないチャンスなんです。

これが、

自分を生きるということ。

いつも一緒にいるメンバーは、それをした所で誰も変になんて思わないし、むしろ心配してくれたり、逆にギャグとして笑ってくれたりすることは、分かっています。

だけど、自分が自分を許してないんです。

自分が、「自分を生きること」を許してないー

なんてことー!!!!

と、いうことで、
緊張するのが自分なんだから
手が震えるのが自分なんだから
息苦しくなってドキドキするのが自分なんだから、

なんで、本当の自分を隠そうとするんだい?!なんで嘘ついて仮面被ろうとするんだい?!
って話。

そこの壁なんです。

言うよりも、実際はずっと難しい。
だって、自分を隠して鎧まとって仮面被って生きるのがデフォルトになってるから。

でも、
そういう一見試練とも思えることは全て、
チャンスなんだと心から思えます。
あとは行動に起こせるかどうかだけ。

起こせなかったら起こせなかったで、OKなのです。
きっとまだ、鎧をまとっていたいんでしょう。

明日も緊張するんだろーか
苦しくなるんだろーか
手が震えるんだろーか

そんな心配は皆無です。

むしろ、

そうなったらやっと!自分を晒せるチャンスが来たぞー!
と思いたいと思います。

堂々と震える。

かっこ悪い姿(と、自分で勝手に思っているだけ)を 
堂々と晒す。

明日はやっと、やっと、待ちに待った金曜日!
鎧を脱げても脱げなくても、楽しもうと思います。

月日の流れるのは早いもので、
本日、夏至です!

全くもって、日々の忙しさに紛れて忘れ去っておりました。

餅、季節のイベントには敏感な方だったのになぁー

今日は一年で一番、日が長い日にもかかわらず、生憎の台風並みの雨風です。
一日中会社のビルにいるので、行き帰りしか関係しないのですが。

帰りは大福を保育園にお迎えに行って、それはもう大変。

夏至ー

ここ最近、夜7時近くまで明るくて、
それはそれは本当にいい日々でした。

P子持ちの餅にとって、「太陽の光」って、かなり心強い存在だったんです。
これ、同じ症状を抱えた人には共感していただける人も多いはず。

いつまでも気持ちは明るく、ずっと昼間のような、ずっと世の中が動いているかのような、
「一人じゃない」気分になるんです。

そんな日々も今日を境にだんだんと、
変わっていきます。

明日から、刻一刻と、
暗くなる時間が早まっていきます。

つい最近冬至だと思ったのに、あっという間に半年が過ぎ。

この半年は、激動の半年間でした。

なんといっても、

餅が長〜い産休・育休生活を終え、
会社に復帰したー!

そして、大福が母親である餅の元を離れ、保育園デビューしたー!

もうこれだけで、十分激動です。

色々あるけれど、、、

餅は会社に復帰して本当に本当に良かったと思っています。
やはり働くこと、人と関わることが好きですし、
大福も保育園でいろんな刺激を受けて、逞しく成長中。

P子の具合はというと、相変わらず波はあるものの、、、
少し前に比べたらかなりいい感じになってきていると思ってます。

P子のことよりも先に、考えなきゃいけないこと、やらなきゃいけないことが山ほどあるし、もうそれだけで毎日いっぱいいっぱいでして。
何日かに一日は、結構な調子悪い日がありますが、
旦那に頼るなり、大福の力を借りるなり、他のことをして気を紛らわせるなりして、
日々なんとかやっています。

これから冬に向かっていくと思うと気持ちも暗くなりますが(って、まだ夏さえこれからなのに)、
なんとかボチボチやっていけたらいいなと思います。

何より今年(?)は英語を頑張りたい。
刺激的な仕事ができることを夢見て、日々楽しみながら頑張ります。

そういえば去年の夏至は・・・
風水にハマっていたな(笑)

✳︎参考(振り返ってみると面白い)

同じ人物が書いてるだけあって、出てくる言葉や言い回しが笑えるくらい同じだということに気づきました(笑)。




神様は沢山沢山、試練という名の機会を与えてくれますねぇ。

餅、本格的にグループ会社に出向になりまして、

4月の育休明け復帰で、せっかく新たな生活に踏み出して慣れてきた所なのに、

またもや1から人間関係の構築です。

しかも

毎週一回、人前で喋ることに慣れるーという目的で、
一人3分間スピーチをするそうです・・・。

勿論会議も沢山ありますし、

もうなんだか、

どーしよーもありません。

ということで、
いちいち悩んでいたら身がもたないほど色んなことが降ってきます。

悩んでも、どうにもならないのです。
悩んでも、やらされるのです。
そしてきっと、これは、

自分を開くーチャンスなのです。

自分の中ではとてもとても骨が折れることなので、
正直言うとやりたかないです。

だけど、

もっとオープンになろうよ
もっと恥かいて大丈夫だよ
もっと曝け出そうよ
もっと弱い部分、ダメな部分出そうよ
もっと開こうよ

と、言わんばかりに、
それらはやってきます。

あーなんかもう、
どうにもならん!

ちょっと投げやりで、ちょっとそんな現実を受け入れつつある、
なんとも複雑な餅なのでした。

物理的な職場環境は劣悪ですが(窓がないとか、人口密度高いとか、トイレ少ないとか、、)
社員の人たちはまぁまぁ面白い個性豊かな人もいて、

これから餅のキャリアが良い方向にいくことを願いつつ、
もうなんか色々諦めて(?)甘んじて受け入れていくしかないなと少し穏やかな気持ちになりました。

不思議ー。(ジブリのモノマネするお笑いの人風※名前忘れた)

スピーチなんて死ぬほど嫌なのに!
狭い会議室とか、まじで息苦しくなりそうなのに(というか何回かなった)!

だけど、

闘った所で、

何もならないのですよね。

この土日、大福の遠足やら、他の予定がぎっしりで、疲れ果てていて、
悩むエネルギーが残っていません(笑)

疲れ果てるのも、悪くないですね。

とにもかくにも
楽〜に頑張りたいと思います。


↑このページのトップヘ