2007年03月02日

たかが花粉症、されど花粉症。ちゃんと医者にかかりましょう。

え〜、ここんとこちょっと臨床試験や何やカヤとバタバタいたしておりまして、ブログが遠のいておりました。
しばらく書かないうちにいろんなことが起こっていたようですね〜。
花粉症も本格的になってきまして、花粉症の私としては辛い季節であるはずなのですが、今年は楽です。
この1年間、頑張ってヨーグルトを食べてきたからでしょうか・・・?
ヨーグルトって、本当に効くんですね〜。びっくりです。
私は、ヨーグルトは実はそんなに好きではないので、食べるときにはフルーツをどっさり入れまして、それを朝食にしております。

で、ブログを書いていない間にあった事件ですが、「パピラ」とかいう花粉症対策用の健康食品を摂取した女性が一時意識を失ったそうですね。

「パピラ」は杉の花粉を原料に作られていたとか・・・。
おそらくイメージとしては減感作療法といって、スギの花粉アレルギーの人に、わざとスギの花粉のエキスをほんのわずかずつ身体に入れて、徐々に身体のスギ花粉に対するアレルギー反応をごまかしていくという治療法のつもりだったのでしょう。
でも、この治療法は医師が行う場合でもアレルギー反応によるショック症状などが出る可能性のある治療法ですから、一般の方が勝手にするようなことでは絶対にないと思います。

アナフィラキシーショックといって、即時型の非常に怖い反応を起こすことがありますから、よくこんな怖い商品が野放し状態で出回っていたものです。
いったい、こういう健康食品といわれるものの安全性はそれが発売される前に何とかチェックできないものなのでしょうかね。

この事件のことを知って思ったことは、花粉症が発症したら、まず、なぜ医師に相談しないのかなということです。
街を行く人を見ても花粉対策マスクをしている人をよく見かけますが、きちんと医師による適切な治療を受ければ症状はかなり改善すると思います。
安易に健康食品や民間療法に頼らず、医師にご相談されることをぜひお勧めします。

そんなに医者は信頼できないのでしょうかね。
それとも病院やクリニックというところは敷居が高いのでしょうか。




この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/mochimut/50698198
この記事へのトラックバック
花粉症の季節になりましたね~。というわけで花粉症情報をお届け
花粉症の季節になりました。【面白ブログウォッチング】at 2007年03月04日 09:42