こんばんは、もちんです。新年初のガンプラはHGIBO・辟邪です。

 辟邪といえば、オルフェンズのテイワズのエースパイロット・ラフタの搭乗機ですね。辟邪は見た目が非常にスタイリッシュというか、どのロボットアニメにでも出てきそうな外見をしています。また、乗り手を選ばないので、操縦性に優れています。オルフェンズ2期の後半になってからは、ハッシュが操縦するようになります。

 さて、ここからレビューですが、素組みでも見映えが良く、キットも作りやすい印象でした。
DSC_0001_1(1)

 今回はヴェザリングライナーでどれだけヴェザリング加工できるか、このキットで実験してみました。
DSC_0008

 完成~~~!!! 簡単フィニッシュですが、ライナーのおかげで多少見映えが良いです笑。このライナーは丁寧にヴェザリングするには非常に向いてると思います。ただ、デメリットを1つ挙げるとしたら、時間を掛けないとしっかりと色が定着しないところがあります。クレヨンみたいな感じなので、何回も擦り付けないと色が乗ってこないので、塗り重ねる必要はあります。
 
DSC_0009

DSC_0011

DSC_0012

 ヴェザリングライナーと多少のダメージ表現でも十分良い出来になりますね!!! 改造もいくらでも出きるので、色々と遊ばせることができますよ♪ 是非、読者の方も興味があればつくってみて下さい。以上、もちんでした

こんにちは、もちんです。

 今回はHGUCグフ・カスタムを製作しました。このキットは近年発売されたもので、既に発売された旧キットをさらに改良を加えられ、可動域を広げたシャープなものになっています。

IMAG0056


この時点でもうかっこいい・・。モノアイの部分は別のパーツを埋め込んでます。

DSC_0001_1


 グフ・カスタムは作り手を選ばないので、素組みの状態でも完成度が高いキットだと思います。言い換えれば、改造や塗装しやいキットだと言えますね。

DSC_0031


        完成~~~!!!

 名付けてグフ・カスタム強襲型(ネオ・ジオン所属機)。今回は塗装を少し暗めに抑えて、コトブキヤのパーツを随所に付け加えて普通のグフ・カスタムと区別させてます。袖にデカールも貼って、ネオ・ジオン所属だということを表現してます。

DSC_0029


腰の部分には追尾式ミサイルを搭載。手で投げることで自動的に相手を追撃するようにプログラミングされてます。ミサイルの中には小型のマイクロミサイルが入っており、殺傷力を高めてます。

DSC_0024


この状態がデフォルトです。ガトリングとレールガン(オルフェンズのオプションセット)で、敵基地の強襲に向かいます。

DSC_0025


今回はダメージ表現とヴェザリングにも力を入れました。以前より上手くなったかな?笑

DSC_0030


足元もパステル粉でウェザリング。よりリアルに仕上げてます。

 グフ・カスタムは本当に作りやすいキットなので、是非お願い買って頂いて、つくってみて下さい。次回はオルフェンズシリーズからHGIBO辟邪について書いていく予定日です。以上、もちんでした。

↑このページのトップヘ