visual-stories-micheile-lZ_4nPFKcV8-unsplash

今回は「貯金ができない人の原因とお金を貯める方法・コツ」ということで、お金があればあるだけ使ってしまう、気づいたらお金がなくて貯金ができない、という悩みをお持ちの方向けに、貯金ができない原因と、お金を貯めるコツや方法について記事にまとめました。

 

 

貯金ができない人の原因とお金を貯める方法・コツ

貯金ができない人は悪くない!?無駄遣いは人間の習性【パーキンソンの法則】

貯金ができるかどうかは非常にシンプルで、収入より支出が多ければ毎月貯金ができるはずですね。

 

毎月の貯金額は[収入-支出=貯金額]で計算できるので、小学生でも簡単に計算ができるはずなのに、なぜかお金が貯まらないという家庭は多いのではないでしょうか。

 

イギリスの歴史学者であるシリル・ノースコート・パーキンソンは、その著書『パーキンソンの法則:進歩の追求』で、人間の社会行動においては「支出の額は、収入の額に達するまで膨張する」という法則があると提唱しています。

 

つまり、人間は何も考えずに何となく日々を過ごしていると、パーキンソンの法則に従って支出額を膨張させて、貯金ができない行動を取ってしまうんですね。

 

 

<パーキンソンの法則>

「支出の額は、収入の額に達するまで膨張する」

→ つまり、人間は意識して行動しない限り、貯金をすることはできない

 

 

人それぞれ収入金額や支出金額、お金の使い道は異なるので、貯金ができなくなってしまう原因はいろいろありますが、大別すると以下のものに集約されます。

 

<貯金ができない原因>

  • 収入と支出を把握できていない
  • 支出が多い
  • 収入が少ない
  • 貯金をする仕組みができていない(先取り貯金)

 

 

収入と支出を把握できていない

私たちが貯金できる金額は言うまでもなく[収入-支出]ですので、まずは自分や家庭の収入額と支出額を把握していないと、貯金ができるようにはなりません。

 

これから「貯金ができるようになろう」「貯金できる金額を増やそう」と思っても、自分の収入がどれくらいあるのか、何にどれくらいお金を使っているか、を把握していないと、自分の家計のどこを改善したらいいかわかりませんよね。

 

もちろん、日々節制を心掛けていて、特に意識しなくても[収入>支出]の家計を作れている方はその限りではありません。

 

 

支出が多い

貯金ができない原因というのは、シンプルにいうと「支出が多い」か「収入が少ない」のどちらかですよね。

 

特に貯金ができないと悩んでいる方には、支出が多いケースが多いように思います。

 

とはいえ、私たちが生きていくためにはお金がないと生きていけません。貯金ができるようになるためには、例えば以下のような支出を見直していく必要がありますね。

 

<こんな支出が多いと貯金ができない>

  • 固定費が多い(家賃、住宅ローン、保険料、電気、ガス、水道、スマホ、ネット・・・)
  • 商品やサービスを割高な価格で買ってしまう(コンビニ、ネット通販など)
  • 無駄遣い、衝動買いが多い

 

 

固定費が多い(家賃、住宅ローン、保険料、電気、ガス、水道、スマホ、ネット・・・)

私たちが生活をしていくためには住宅費、公共料金(電気、ガス、水道)、通信費(スマホ代、自宅ネット代)など、たくさんの固定費が掛かります。

 

毎月の支出のうち、固定費の金額が多ければ多いほど、貯金をするのは難しくなってしまいます。

 

例えば、収入の割に住宅費が高いケースや(地価が高いエリア、面積が広すぎる、設備が豪華)、電気や水道の無駄遣いが多いケース、契約しているスマホ会社の料金が高いケースなどもありますね。

 

また、最近ではネットフリックスやamazonプライムなどのサブスクリプションサービスを固定費として支払っている方も多いかもしれません。

 

 

商品やサービスを割高な価格で買ってしまう(コンビニ、ネット通販など)

日々の買い物やサービスの利用は、知識が不足していたり、安易な誘惑に分けて割高な料金で購入・利用していしまっているケースがあります。

 

たとえば、食材であればスーパーで買えば安いところをコンビニで買ってしまったり、スマホ代も格安SIMにすれば安いところを何となく大手キャリアで契約してしまっている場合などですね。

 

また、ネット通販なども、最も安く販売しているサイトを探すスキルや、ポイント制度の知識の有無によって、同じ商品を買うにしても安く買える人と高い値段で買ってしまうひとに分かれています。

 

 

無駄遣い、衝動買いが多い

街を歩いていて衝動買いをしてしまったり、会社帰りになんとなくコンビニで買い物をしてしまったりと、ちょっとした無駄遣いが多いのも、積もり積もって貯金ができるかできないかに大きな影響を及ぼします。

 

たいした話題もないのに、毎日同じメンバーで飲み会を開催したりしていると飲み代も馬鹿にならない金額ですよね。

 

こうした無駄遣いや衝動買いはストレス解消にもなるので、必ずしも悪いことではありませんが、もし貯金ができる家計になりたいという方は、うまくコントロールしていく必要があります。

 

 

収入が少ない

支出を切り詰めていっても、そもそもの収入が少ないために貯金ができないというケースもあります。

 

ただし、支出を減らすのに比べて、収入を増やすのは難しく、一朝一夕にはできないことが多いですね。

 

<収入が少なくなりがちなケース>

  • 今の職場の給料が低い
  • 働ける時間が少ない、時間に制約がある
  • 高い給料を稼ぐスキル、実績がない

 

 

貯金をする仕組みができていない(先取り貯金)

継続的に貯金を続けていくためには、貯金ができるお金の流れを作っておくことが大切です。

 

ある程度の収入が稼げている方でも、入ってきた収入を何となく使って「余ったら貯金しよう」と考えていると、まず貯金をすることはできません。

 

これは私たちには前述のパーキンソンの法則「支出の額は、収入の額に達するまで膨張する」が働いていて、お金はあればあるだけ使ってしまうからですね。

 

 

<”お金を使って、余ったら貯金する”はムリ>

貯金ができない人の焦りに男女差なし

 

貯金ができる家計を作るには、収入が入ってきたらまず貯金をして残った分を使う生活をすることが極めて大切です。

 

具体的なお金の流れの作り方は後述しますが、”先に貯金をして余った分を使う”ようにするお金の流れを作ることで、パーキンソンの法則に逆らってお金を貯めることができるようになるはずです。

 

<”先に貯金をして、余った分を使う”が貯金するコツ>

先取り貯金で「お金が貯まらない」にさよなら

 

 

お金を貯める方法とコツ【誰でも貯金ができるようになるやり方】

それではここまで見てきた貯金ができない原因を踏まえて、お金を貯める方法とコツについて、今度は見ていきましょう。

 

<お金を貯めるコツと方法>

  1. 収入と支出を把握する
  2. 支出を減らす
  3. 貯金するためのお金の流れを作る(自動先取り貯金)
  4. 収入を増やす

 

 

収入と支出を把握する

お金を貯めるための第一歩は、毎月の収入と支出を把握することです。

 

収入と支出がどれくらいあるかを把握しないことには、自分の家計のどこに問題があるかわからないからですね。

 

収入と支出の把握には、以下の4段階がありますが、皆さんはどのレベルまで把握ができているでしょうか。

 

<収入と支出の把握の4段階>

  1. 毎月の収入の総額を把握する
  2. 毎月の支出の総額を把握する
  3. 毎月の収支(黒字額or赤字額)を把握する
  4. 毎月の支出の内訳を把握する

 

 

毎月の収入の総額を把握する

まずは毎月の収入の総額がどれだけあるかを把握できているという段階です。

 

会社員やアルバイト、パートなどの方は、月に一回給料をもらっている方がほとんどだと思いますので、ほとんどの方が毎月の収入の総額は把握できているのではないでしょうか。

 

ただし、給料から控除されている税金や社会保険料などは把握できていない方も多く、手取りでは毎月いくらの収入があるかわからないという方もいると思いますので、給与明細を今一度見直してみましょう。

 

 

毎月の支出の総額を把握する

次は、毎月の支出の総額を把握できている段階です。

 

支出をすべて把握するのは意外にむずかしいので、まずは毎月同じタイミング(給料日や月末)に銀行残高を確認して、どれくらいお金を使っているかを確認しましょう。

 

おそらく、これまで支出の総額を把握できていなかったという方は、自分が思ったよりたくさんの金額を使ってしまっていることに驚くと思いますよ。

 

 

毎月の収支(黒字額or赤字額)を把握する

収入の総額と、支出の総額が把握出来たら、毎月の収支(黒字額or赤字額)が把握できるようになりますね。

 

毎月黒字になっている方はOKですが、毎月赤字になっているという方は、早期に家計の見直しが必要ですね。

 

収入が多い割に黒字額が少ない方も、家計の見直しをしてみると良いと思います。

 

 

毎月の支出の内訳を把握する

毎月の収支が把握出来たら、家計の改善を進めるため、毎月の支出の内訳を把握します。

 

ここで収入ではなく、支出を細かく見ていくのは、収入を増やす事に比べて支出を減らすことの方が自分の力でコントロールしやすく、簡単に家計が改善できるからです。

 

支出の内訳については、住居費、水道光熱費、スマホ代といった固定費をいくら使っているかを優先的に把握しましょう。

 

しっかり調べてみると、いつのまにか忘れて使っていないにも関わらず、なぜか会費を払っているものなんかが見つかったりしますね。

 

その後に、食費や交際費、服飾費などの、日々の生活で掛かっている費用を把握していきます。

 

案外、外食費やコンビニでのちょっとした買い物でお金を使ってしまっていることに驚く方も多いと思います。

 

 

 

このように家計を改善してお金が貯まる家計を作るには、収入と支出の把握が欠かせません。

 

まずは、家計のお金の流れを見える化して、問題点の洗い出しを行うことが大切です。

 

 

 

支出を減らす

収入と支出の把握が出来たら、支出を減らすべく、毎月の支出の見直しをしていきましょう。

 

「支出を減らす=我慢、ストレス」と考えてしまうかもしれませんが、実際にはほとんどの家庭でストレスを伴わずに支出を減らせる項目がいくつかあるはずです。

 

支出を減らす方法としておすすめなのは、固定費の契約を安いのものに変える、不要な契約を解約する、安く買い物をする方法を身に着ける、といったもので、一度やってしまえば、その後はストレスや我慢を伴わずに継続的に移出の削減ができるものです。

 

反対に、100円の電車賃を節約して1時間歩いていくとか、100円安いお米を買うために1時間かかるディスカウントスーパーに行くというのは、費用対効果が悪いのであまりおすすめしないですね。

 

以下で、家計の支出を効率的に減らす方法を紹介しますので、自分で出来そうなものから実践していきましょう。

 

<支出を減らす方法>

◎通信費の見直し(スマホ代、自宅ネット代がコスパの悪い契約になっていないか)

◎保険の見直し(公的保険と保証が重複、住宅ローンが保険代わり、過度な保証、めったに起きないケースに保険)

◎電気、ガス、水道料金の見直し(契約を見直すと安くなるケース多数)

◎住宅費の見直し(住んでいるエリアの地価が高い、広すぎる、

◎車関係費用の見直し(駐車場、車検費用、部品交換費用、 乗るだけなら安いのでOK? )

◎無駄な会員費などの解約(ネットフリックス、謎の月額会員)

◎少しでも安く買い物をするテクニックの研究(ネット通販サイトの比較、メルカリやヤフオク、ポイントの活用)

✖食費の過度な節約はおすすめしない(健康を保つことが最大の節約)

✖収入増につながるもの、時間が節約できるものにはお金を使うべき

 

 

◎通信費の見直し(スマホ代、自宅ネット代がコスパの悪い契約になっていないか)

スマホは私たちの生活に欠かせないものになりましたが、固定費の中で削減しやすいのが通信費です。

 

特にスマホを大手キャリアで契約している方は、格安SIMへの切り替えがおすすめです。

 

プランにもよりますが、大手キャリアの月額料金は3000円~6000円程度、格安SIMの月額料金は1000円~2000円程度となっています。

 

仮に、月3000円の節約ができたとすると、一年なら36000円にもなるので、結構大きいですよ。

 

私自身も大手キャリアから格安SIMへの乗り換えを経験していますが、当時心配していた通信速度の遅滞は気になるほどではなく、今となっては大手キャリアに毎月プラス数千円の通信費を払うのは絶対に嫌ですね。

 

 

◎保険の見直し(過度な保証、住宅ローンが保険代わり、めったに起きないケースに保険)

社会人になった、結婚した、子供が生まれた、など、人生の節目で保険を見直す方は多いですね。それに伴って、実は必要以上の保険を掛けてしまって保険料の負担が増えて家計を圧迫していないでしょうか。

 

例えば、短い期間の入院保障や少額の医療保険であれば、ちょっとした貯蓄のある方であれば、自己資金で十分に賄うことができます。

 

保険は掛けておけば安心と思うかもしれませんが、保険会社では[加入者から集めた保険料-保険会社の人件費等-保険会社の利益=加入者に支払う保険金]が成り立つように考えて保険料を計算しているので、保険は入れば入るほど本当は家計にとってマイナスなんですね。

 

また、住宅ローンがある方は、団体信用生命保険と呼ばれるものに加入していて、その人が働けなくなった場合は、それ以降の住宅ローンの支払いは免除されるという保険に強制加入しています。

 

そのため、3000万円の住宅ローンに入っている人は、3000万円の生命保険に入っているようなものなので、生命保険の保険金額が過剰になっていないか確認が必要です。

 

その他では、現実にはほとんど発生しないケース、例えば長期の入院保障(現在では長期で入院させてもらえることはまれで途中で自宅療養に切り替わることが多いので、長期で入院することがあまりない)や、特定の重病に伴う入院費用(特定の病気では、統計的に一定以上疾病期間が長い人はほとんど死亡しているので、長期に入院費用が掛かることがほとんどない)といったものも挙げられます。

 

基本的に、保険は入れば入るほど家計の負担になるので、もし自分の身に起きたら自分では対処しきれないリスクだけを保険に頼るようにしたいですね。

 

 

◎電気、ガス、水道料金の見直し(契約を見直すと安くなるケース多数)

2016年に電気小売業への参入自由化、2017年にガス小売業への参入自由化が行われたことで、東京電力や東京ガスといったこれまで市場を独占していたインフラ業者と必ずしも契約をしなくてもよくなりました。

 

新しく生まれたビジネスチャンスを狙って様々な企業が電力小売りやガス小売りに参入してきていて、これまでの公共料金の契約見直すことで、固定費の支払いを削減できるケースがたくさん出てきています。

 

また、電気小売りやガス小売り業者の多くは、契約切替時に適用されるキャンペーンを実施していて、契約を切り替えるだけで数万円分のキャッシュバックやamazonギフト券などのプレゼントを実施しています。

 

電気やガスは、どこの業者から買っても基本的に品質が変わることはないので、料金の高い業者と契約しているメリットは全くないですね。

 

従来からの契約を見直したことがない方は、まずは契約の切り替えで料金が安くなるかどうかを調べてみましょう。

 

 

◎住宅費の見直し(住んでいるエリアの地価が高い、広すぎる、

住宅費は収入の2割~3割に抑えるのが基本、とよく言われますが、毎月の支出の中で大きな割合を占めるのが住宅費です。

 

「節約のためにすぐに引っ越す」というのは簡単にできるものではありませんが、毎月の収入に比べて住宅費が高い方は、見直しをした方がいいかもしれません。

 

コロナ禍になって以降、在宅勤務が増えているのであれば、家賃の高い都心や会社の近くに住むメリットは薄れてきています。

 

一方で、自宅で過ごす時間が長くなってきたことによって、家の広さにゆとりが欲しくなってきたり、住宅設備を少しいいものに変えたい、といった希望もあるかもしれません。

 

いずれにしても、住宅は自分の生活の基盤になるものですから、自分の生活満足度を損なわない範囲で、節約をすると良いでしょう。

 

 

◎車関係費用の見直し(駐車場、車検費用、部品交換費用、乗るだけなら安いのでOK? )

地方都市ではまだまだ車は生活必需品かもしれませんが、都市部に住んでいる方であれば、自家用車を所有する必要があるか考え直してみても良いかもしれません。

 

車は所有しているだけで、駐車場代、車検費用、修理費用、保険代など、かなりの維持費がかかります。

 

最近は、レンタカーやカーシェアリングも簡単に利用できますので、自家用車の利用頻度が低い方は、そういったサービスで代替することを考えてみてもいいかもしれません。

 

 

◎無駄な会員費などの解約(ネットフリックス、謎の月額会員)

IT業界を中心にサブスクリプション(月額会員、定期購読会員)が普及してきて、自分でも忘れている月額料金を払っているケースもあります。

 

私個人の例でいえば、スマホ契約に内容のよくわからないオプションがついていて、何のメリットもないのに毎月数百円を支払っていたことにずいぶん経ってから気づいたこともありました。

 

月額料金は、一度契約してしまうとその後は自動で口座から料金が引き落とされるため、気づかずにずっと料金を支払ってしまいがちです。

 

まさにそれこそが企業の戦略でもあるのですが、自分の銀行口座やクレジットカードの明細をチェックして、無駄な料金を支払っていないかはぜひ確認してみて下さい。

 

 

◎少しでも安く買い物をするテクニックの研究(ネット通販サイトの比較、メルカリやヤフオク、ポイントの活用)

自宅にいながらスマホをぽちっと押すだけで買い物ができるネット通販は非常に便利ですが、ネットの知識がどれだけあるかによって、商品を安く買えるかどうかに大きな差がでてきます。

 

ざっと挙げるだけでも、ネット通販でお得に買い物をするテクニックには以下のようなものがありますね。

 

<ネット通販で安く買い物をするテクニックの例>

  • 価格ドットコムなどの価格比較サイトを活用する
  • 最も安く買えるサイトを探す(楽天、amazon、メルカリ、ヤフオク・・・)
  • 各サイトのポイント制度を活用する(楽天ポイントがお得な日に買い物をする、など)
  • 還元率の高いクレジットカードで決済をしてポイントを貯める
  • ポイントサイトを活用する(モッピー、ハピタスなど)

 

ネット通販でお得に買い物をするテクニックは、日々新しいやり方が出てきたり、使えなくなるやり方が出てきたりするので、定期的に情報収集をして、お得なやり方を趣味感覚で研究すると良いと思いますよ。

 

 

✖食費の過度な節約はおすすめしない(健康を保つことが最大の節約)

支出を減らして貯金をするというと、食費を異常に切り詰めて「もやしと、納豆と、卵かけご飯しか食べない」という方がいますが、これはおすすめしません。

 

人が健康を保つために最も大切なことの一つが食事で、栄養のあるバランスの取れた食事がとれていなければ、生活習慣病や癌などのリスクが飛躍的に高まります。

 

そして、こうした疾病の治療費は、食費を削った節約メリットを圧倒的に上回るので、食費を必要以上に切り詰めるのは、めぐりめぐってコストが高くなりがちですね。

 

しかし、外食や体に悪い食事でお金をたくさん使っている方は、将来の疾病リスクと相まって、とてももったいない支出になりますので、見直しをすると良いでしょう。

 

 

✖収入増につながるもの、時間が節約できるものにはお金を使うべき

将来の収入増につながる読書や資格取得費用などは、一時の節約のために削らない方がいいですね。

 

一度、自分が身に着けたスキルや経験は、その後の長い人生でずっとプラスの効果を発揮してくれます。

 

とはいえ、資格の講座をネット講座にしてみたり、読書の本も購入するのではなく図書館を利用するなどすれば、節約の余地はありますね。

 

その他にも、食器洗い乾燥機や乾燥機付き洗濯機、ロボット掃除機などは、少し高い家電ではありますが、家事時間を大幅に削減できる投資として、ぜひ取り入れて欲しいグッズです。

 

便利家電で自分の時間が1時間、2時間と多く確保できるようになれば、収入増につながる勉強や、ちょっとしたアルバイト、家族との時間など、有意義に時間を使うことができるようになります。

 

 

 

ここまで支出を減らすアイデアをいくつか紹介してきましたが、あまりに大きなストレスや我慢を伴うものはやっぱり長続きしません。

 

自分のストレスにならない範囲で、支出の見直しをしてみましょう。