レバ刺し 大好き

The Blog of liver enthusiasts, by the liver enthusiast, for the liver enthusiast

四文屋 江古田店(旧店)@江古田

これまで中野店阿佐ヶ谷店国分寺店等を紹介してきた四文屋ですが、

江古田にも新旧2店舗あります。今回は旧店の方に行きました。

四文屋 江古田旧店@江古田
他の四文屋と同じレバ刺しですが、この時期ですので湯通ししています。

1本100円なのも、胡麻油が選べるのも他店と同じです。

ホッピーの白がありましたが、最近の四文屋ではどこでもおいているのでしょうか?

雰囲気的には良い感じを醸し出しているお店ですが、江古田駅拡張に伴う閉店の噂もあります。

久しぶりに日芸周辺を歩きましたが、すっかり綺麗になっていました。

20数年前に受験で初めて来た時にはまだまだ学生運動の雰囲気が残っていたのですが、

もはやその様なことがあった事を感じさせるものは残っていませんでした。

中央線沿線と比べると時間の流れがゆったり感じる西武線ですが、

やっぱり時代の変化は止められないようで・・・

ちょっと残念でもあります。


関連ランキング:焼き鳥 | 江古田駅新桜台駅新江古田駅

てるちゃん@渋谷新南口

今回のお店はJR渋谷駅新南口から1分もかからないところにあります。

渋谷といっても新南口改札自体が埼京線のホームとしか繋がっておらず、

ハチ公口周辺とは大分雰囲気が違っていて通勤客の多い改札口です。

そんな所にあるお店は今年の6月にオープンしたばかりとのことです。

てるちゃん@渋谷新南口

レバ刺しは鶏です、¥450。ニンニクと生姜が選べますが、今回はニンニクを選びました。

写真では分かりにくいのですが、やや小さめにカットされているのが特徴です。

一口目はちょっと苦いかなとも思いましたが、すぐに甘みが口の中にひろがりました。

決して鮮度が悪いわけではなく、CP的にも不満はありません。

タレは甘口の醤油のようですが、何か一捻り欲しいところです。

こちらのお店では刺し以上に串がオススメです。やや値段が高めに感じるかもしれませんが、

入り口横で備長炭で焼いているお店のウリの加藤の芋豚は、一度は食べてみる価値のあるものでした。

渋谷というとコンセプト優先のお店が多いですが、本当はこういうお店がもっと増えて欲しいところです。



新井家 三鷹南口店@三鷹

また2ヶ月更新が空いてしまいました。

なかなか良いレバ刺しにも出会えずにいたのですが、

久しぶりに満足なレバ刺しにであえました。それが今回のお店です。

目の前の七輪で自分で焼くスタイルのホルモン屋さんですが、

テーブル席がなくカウンター席のみのお店なので、ファミリー向けではありません。

まずはレバ刺しです。

新井屋@三鷹1

牛です、¥500。薬味等に選択肢はありません。材料がとても新鮮で、ほのかな甘みがあります。

薬味や岩塩がかかってはいますが、基本的に素材の旨みを味わうように仕上がっています。

新井屋@三鷹2

こちらは「お好み4種盛り」、¥1,000。焼物4種をハーフサイズで好きな物を選べます。

今回は写真左から「ギャラ」「ウルテ」「マルチョウ」「ハツ元」を選びました。

「ギャラ」と「ウルテ」はタレ、「マルチョウ」「ハツ元」は塩です(岩塩とオリーブオイルです)。

焼物も素材によって塩とタレがありますが、ほとんど選択はできませんし聞かれることもありません。

卓上にタレの類も一切無く、焼いた物をそのまま頂くだけで味の調整はできません。

でも十分満足できるのです、素材がとても新鮮だから。

実はこちらのお店、経営母体は三鷹市のお隣の武蔵野市で食肉卸をしていて、

それで鮮度の良い食肉が提供できるのです。

吉祥寺の某有名ホルモン焼店等にも卸していたりします。

食肉の扱いや、どうしたら美味しく食べられるのかはある意味専門分野とも言えます。

お酒の種類も豊富で、久しぶりに泡盛で気分良くなってしまいました。

バーのような雰囲気の大人のホルモン焼屋といった感じで、

再訪が確実のお店がまた一つ増えました。


やきとん たつや@沼袋

ご無沙汰しております、Heartbeatです。

前回の更新から随分時間が経ってしまい、楽しみにして頂いた方には本当に申し訳なく思います。m(_ _)m

また、ご心配をおかけしました。

前回の更新後、公私ともに急に忙しくなってしまったのですが、多少ですが余裕が出てきたこともあり、

以前ほどのペースではないものの、また美味しいレバ刺しをご紹介していきたいと思っていますので宜しくお願いします。

さて今回のお店は、先月沼袋にオープンしたてのこちらのお店、

秋元屋で焼き場を担当していた方が店長に就任したお店です。

沼袋と言う駅を知らない方や、降りたことがない方も多いと思いますが、

意外にもモツ焼きは良いお店が揃っている所だったりします。

たつや@沼袋1 たつや@沼袋2

レバ刺しは豚です。この日は全部で4種類のタレがありましたが、

さすがに一日で4種類は無理なので2回に分けます。

左が塩ダレ、右が醤油ダレで値段は共に¥350−。レバー自体の鮮度は文句のつけようがないほど良い物です。

タレは好みになるのでしょうが、Heartbeatも相方も塩ダレで好みが一致しました。

卓上に胡麻油と塩がありますので、自分好みのタレも作れます。

焼物の種類は秋元屋さんに比べるとやや少ないものの、味は美味しく感じました。

焼物にはウルサイ相方も同意見です。

店内は全席カウンター席なので、宴会や大勢のグループには向いていません。

煙の抜けもあまり良くない感じです。

そういえば、何故か下井草の鉄板焼屋『こいくちや』のホール女の子が注文とっていました。

ホッピーは赤があり、しかも中身はキンミヤのみとのこと。食べたいものは山盛り。

ここまでくれば、再訪しない理由がみつかりません。

ただ、、、、「新たまねぎの丸煮」だけは勘弁して下さい。。。

 

中野区沼袋3-27-6

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログ 珍味へにほんブログ村 酒ブログ 居酒屋・スナックへにほんブログ村 トラコミュ レバ刺しへレバ刺し

食べログ グルメブログランキング
 
 

じとっこ 高円寺店@高円寺北中通り

先日久しぶりに高円寺をブラブラしてたら、以前『牛角』があったところに初めて見るお店がありました。

店頭には呼び込みのお兄さん。聞けばオープンして半年経っているとか。

じどっこ4 じどっこ5

メニューを見るとしっかりした作り。どこかのチェーン店の新業態かと思いましたが、

この時点では分かりませんでした。

この中から今回は「じとっこセット」と言う地鶏焼きとたたきのセットと、「白レバーたたき」を注文しました。

じどっこ
商品名に「たたき」とついていますが、実際は「白レバ刺し」そのものです。

胡麻油とネギで頂きます、680円。

甘すぎないサッパリとした感じがかえって良い感じがします。

ポーションは値段の割にはちょっと・・・といったレベルでしょうか。

じどっこ2 
じどっこ3

こちらはセット。「むねみたたきネギまみれ」はネギが多すぎて肉が全く見えなくなってしまっています。

ネギ好きの人には向いているかもしれません・・・

 

家に帰ってからググって見たのですが、『関根精肉店』と同じチェーンのようです。

『関根精肉店』ではあまり良い思い出がなかったのですが、

こちらのお店は興味を引かれるメニューが結構ありました。

きちんとしたお店作りをしていけば面白い店になるかもしれません。

杉並区高円寺北3-17-2 オークヒル高円寺1F

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログ 珍味へにほんブログ村 酒ブログ 居酒屋・スナックへにほんブログ村 トラコミュ レバ刺しへレバ刺し

食べログ グルメブログランキング
 

じとっこ 高円寺店 (鳥料理 / 高円寺、新高円寺)
★★★☆☆ 3.0

こマねち(2回目)@三鷹北口

最近出没率が上がっている『こマねち』ですが、

仕入先が変更になった関係で、レバ刺しも最近は串タイプになりました。

コマネチ
200円です。以前ほどの白レバーではありませんが、甘みのある良いレバーです。

 

http://www7.plala.or.jp/maochanV/index.html
ところでこのブログの趣旨とは異なりますが、『こマねち』のマスターのお知り合いの娘さんが

アメリカでの心臓移植手術を行うため、お店でも募金活動をしています。

募金をするしないに係わらず、もしお店に行く機会があったら一度文面を読んでみてください。
http://www7.plala.or.jp/maochanV/  ←詳しくはこちら

武蔵野市中町1-17-2

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログ 珍味へにほんブログ村 酒ブログ 居酒屋・スナックへにほんブログ村 トラコミュ レバ刺しへレバ刺し

食べログ グルメブログランキング

三三九 富士見町店@調布インター付近

調布3連チャンの締めは調布インターチェンジ付近の大衆居酒屋です。店名は「さんさく」と読みます。

同じ調布市内の布田駅南口にもお店があるのですが、同じ経営者なのかどうかは不明です。

こちらのお店は調布駅から結構離れていますが、調布インターチェンジ付近は場所柄運送会社が多く、

調布駅前とは明らかに異なった客層のお客さん達で賑わっていました。

三三九@調布
レバ刺しは豚、400円。卓上に胡麻油や塩があるので、自分でタレを調整しながら頂きます。

400円でこのポーションにも驚きましたが、さらに驚いたのはその鮮度。プリップリです。

確かに調布には武蔵野市場がありますが、当日は土曜日。よっぽど保存や扱いが上手いのでしょう。

お店はご夫婦なのかどうかは分かりませんが、60歳代くらいのご主人とそれより10歳位若い女性で営まれていました。

一見するとぶっきらぼうに感じるご主人ですが、注文をすると良い意味で

年相応のシブい笑顔で「あいよ」と応えてくれます。

ご主人の出身がどちらかは分かりません。

しかし訛りのないその粋な武蔵野の言葉の音に何か懐かしさを感じてしまいました。

「そういえば昔の武蔵野にはこんなオヤジがたくさんいたな〜」って感じで。

店内ではいろんな方言が飛び交っているので余計にそう感じてしまったのかもしれません。

独特な雰囲気はあるものの、良い商品と温かみのあるお店。そんな感じのお店でした。

調布市富士見町2-1-7

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログ 珍味へにほんブログ村 酒ブログ 居酒屋・スナックへにほんブログ村 トラコミュ レバ刺しへレバ刺し

食べログ グルメブログランキング
 

三三九 富士見町店 (焼鳥 / 西調布、調布)
★★★☆☆ 3.5

ホルモンきんたろー@調布百店街

前回の『い志井 本店』を出て向かったのが調布で一番妖しい一角の百店街。

その百店街に今月8日にオープンしたのが今回のお店『ホルモンきんたろー』です。

このお店は『こマねち』のマスターがお店をオープンする前に働いていた『彦べえ』の系列店です。

モ〇テ〇ーザ本社のお膝元に居酒屋をオープンさせた『こマねち』のマスターもそうですが、

もつ焼きで調布で打って出るところなど良い意味でイイ度胸と言え、応援したくもなります。

お店の造りは1〜2Fの2層造り。1Fはコの字型カウンターが2つ。

まるでカウンターの低い牛丼屋かラーメン屋のような造りです。未確認ですが2Fは座敷のようです。

きんたろー@調布
さてレバ刺しです。豚です、400円。

レバー自体にかけられている胡麻油のように見えるタレには、ほんの僅かですがポン酢が含まれているように思います。

この点は恵比寿銀座の『立呑屋』に似ています。

写真は醤油を注した後ですが、提供された時点では注されていません。提供時に醤油で食べて下さいと言われます。

この醤油が本当に必要かどうかは微妙です。

個人的には途中から醤油で食べるのを止め卓上の塩を使いましたが、

塩も不要で最後はタレだけで食べていました。これで十分です。

『い志井』さんの後で行ったのでどうしても比べてしまいますが、

そうでなければこなれた価格設定なので、調布では使い易いお店になるかもしれません。

メニュー数が少なく感じましたが、厨房の大きさは十分過ぎるくらい広く取られているので、

試行錯誤しながらでもメニューを増やして調布に根付いて欲しいと思います。

調布市布田1-49-19

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログ 珍味へにほんブログ村 酒ブログ 居酒屋・スナックへにほんブログ村 トラコミュ レバ刺しへレバ刺し

食べログ グルメブログランキング
 

ホルモン きんたろー (ホルモン / 調布、布田)
★★★☆☆ 3.0

い志井 本店@調布天神通り

所用で調布に行くことがあったので、今回から調布3連チャンです。

まずは調布の名店、『い志井』の本店から。

いつも利用するのは以前にも紹介した事のある東口店なのですが、

今回は17:00頃に調布にいることもあって、口開け狙いで本店を訪問しました。

お店の前に着いたのが17:01。

その時点でまるで吸い込まれているかのようにお客さんが続々と店内へ導かれていました。

さほど広くない店内の1階はすぐに満席、2階の焼き場前に通されました。

すでに炭が良い感じで赤くなっています。良い炭と腕の良い経験豊富な焼き場担当さんでないと、

オープンのタイミングでこの炭の状態は難しい。期待が高まります。

気がつくと10分も経っていませんが2階も満席になっていました。

入店順に注文を訊かれるのですが、とにかく「レバテキ」と「マルチョウ」だけはキープできますように、

と神に祈って心の中で十字を切っていたのですが、無情にも注文中に1階から「マルチョウ カット」の声。

い志井グループでは品切れを「カット」と言います。まだオープン直後だというのに。。。

やはり神様は俄信者はお見通しのようでした。。。

い志井本店@調布
気を取り直してお馴染みのレバテキです、525円。

い志井のレバテキの美味しさは素材の良さだけでなく、タレにもあると思います。

味見をして調整されたタレを、ネギの最後の一片まで摘んで食べてしまいました。

本店だから下手のものは出せないというプライドもあるのでしょう。

一時間ほどでお店を出たのですが外はまだ明るく、そんな中、店内に入れなかったお客さん達が

お店の外でビールケースを逆さにしてテーブルと椅子を作って呑んでいました。

様々な業態に挑戦したり、今月は名古屋に出店したりと全国に拡大中の『い志井』ですが、

どれだけ大きな会社になろうとも調布の『い志井』であることは忘れないでいて欲しいと願います。

調布市布田1-36-10

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログ 珍味へにほんブログ村 酒ブログ 居酒屋・スナックへにほんブログ村 トラコミュ レバ刺しへレバ刺し

食べログ グルメブログランキング
 

もつやき処 い志井 本店 (もつ焼き / 調布、布田)
★★★★★ 5.0

やき樽@府中

今回のお店は府中駅周辺の再開発からポツンと取り残されたような路地にある、

大衆酒場と居酒屋の中間業態といったような感じのお店です。

経営母体は異なる屋号のお店を府中駅周辺で3店舗運営している、地域密着型の会社です。

入り口真横に焼き場があるせいか店内に入いるとすぐに煙にまみれますが、

うなぎの寝床型のお店なので奥の方に入ってしまえば問題ありません。

2Fに座敷席があるようですが、1Fはカウンター中心の造りで、一人でTVを見ている人が大半です。

やき樽@府中
レバ刺しは牛、580円。胡麻油+塩で頂きました。

わずかな甘みはあるものの、これといって特徴があるわけではありません。

レバ刺し目当てに行く必要はないでしょう。大半の商品が中の上といった感じです。

遅くまでやっているので、呑み足りないけど大手居酒屋チェーンは嫌だ・・・

という人の2件目3件目に丁度良い感じのお店かもしれません。

逆に16:00から営業しているので0次会にも良いかも。

府中市宮町1-3-1

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログ 珍味へにほんブログ村 酒ブログ 居酒屋・スナックへにほんブログ村 トラコミュ レバ刺しへレバ刺し

食べログ グルメブログランキング
 

やき樽 (焼鳥 / 府中、府中競馬正門前、府中本町)
★★☆☆☆ 2.5

Follow me on Twitter
全国レバ刺し食べ歩きMAP
にほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 トラコミュ レバ刺しへ
レバ刺し

インターネット基金
CM
Archives
Recent Comments
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数

    QRコード
    QRコード
    Profile
    • ライブドアブログ