スポンサードリンク

2015年02月14日

余寒見舞いは無料テンプレートや椿イラストや写真を使って

余寒見舞いは無料テンプレートや椿イラストや写真を使って

余寒見舞い無料テンプレートは寒中見舞い
のテンプレートの文面を変更して作成する
のが簡単でいいですね。

年賀状、寒中見舞い、余寒見舞いと年が明けてから
挨拶状の挨拶がかわっていきますが余寒見舞い
無料テンプレートを提供しているところは年賀状や
寒中見舞いに比べてすくないですね。

またイラストだけをダウンロードして余寒見舞いに
するのも簡単でいいですね。

余寒見舞いの時期は一般的には2月末ぐらいまで
といわれていますので2月に出す挨拶状のあいさつ文は
余寒見舞いにしたいですね。

デジタル大辞典のことバンクを見てみると
余寒とは立春後の寒さ、寒が明けてもなお残る寒さ、残寒
ということですので寒い地域によっては3月はじめぐらい
まで余寒見舞いはがきを出す人も多いみたいですね。

余寒見舞い無料テンプレートを提供しているサイトは
すくないので寒中見舞い無料テンプレートを利用するか
2月のイラストなどを利用して余寒見舞いはがきを
作成するといいですね。

2月のイラストといえば花イラストを利用すると
余寒見舞いらしくなりますね。
1月から咲いている花イラストは余寒見舞いに
いいですね。

たとえば梅や椿などが余寒見舞いはがきに利用する
花イラストとしてはいいのではないでしょうか。

また梅や椿を使った無料テンプレートでは
なく自分で梅の花や椿の花の写真を撮って余寒見舞いはがき
を作成するのもいいですね。

たとえば椿の花名所で関西ですと
・大阪市立大学理学部付属植物園
・万博記念公園
・服部緑地
・京都府立植物園
・京都月真院
・京都城南宮
・京都龍安寺
など椿の名所はたくさんありますね。

椿の花イラストなどで余寒見舞いを作成するのも
いいですが近くの椿の名所にいって椿の写真を撮影
して余寒見舞いはがきに利用するのもいいのでは
ないでしょうか。

mochuu001 at 11:30コメント(0)トラックバック(0) 
余寒見舞いテンプレート 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。