ブログネタ
NPB ! 中日ドラゴンズ に参加中!
川上憲伸ナイスピッチングでした!。だけどあんなことになってしまって…。
中継(スカパー)内での情報では、トレーナーに付き添われて病院に向かったとのこと。左胸に打球が直撃ということで、左手がしびれているような様子もうかがえたんですが、骨折→長期離脱という最悪のシナリオだけは回避してほしいと、ただただ祈るばかりです。

あらためまして、きょうの憲伸は本当にナイスピッチングでした。前回前々回に見られたような、重心の傾きもきょうはなく、さすがにきっちりと修正ができているなと感心しつつの立ち上がり。

もうこんな数値を引っ張り出してくるのも野暮な気がしますが(笑)、きょうのモコ値は0.59でもちろん今季最高。しかも、きょうの5被安打のうち、1つは5回の林威助の、打球が三塁線上で止まった内野安打と、そして問題の野口寿浩のピッチャー強襲安打。2回の、きょうのボールの切れ具合をいろいろ試して投げて打たれたようだった野口のヒット以降はほぼパーフェクトに近い内容でした。苦もなく完投できそうな感じだっただけに残念さが倍加しますね(^^;。

福留孝介。そのプレーの瞬間を見てなかったのですが、ライトへの大飛球をジャンプしてつかみ、着地したときに首が不自然な動きをして、その後しきりに首を傾ける仕草をしていたのが気になりましたね。広島市民球場でのダイビングキャッチで腰を痛めたのが原因となった絶不調が頭をよぎります。こちらもちょっと心配ですね。

タイロン・ウッズのライトへのホームランってずいぶん久しぶりな気がしますね〜。第4打席も、結果こそライトフライに終わりましたが、しっかり引きつけて、コンパクトかつ力強いスイングができていました。バッティンググローブを着けたり外したり、白木のバット、黒塗りのバットと試行錯誤を繰り返していましたが、こちらも長い不調の終わりが近そうな気がしました。

その8回の攻撃は、何だかこちらも久しぶりに「何が何でも追加点をもぎ取ってやる!」という気迫が伝わる、いい攻撃でしたね。

そして史上3番目の速さでの500試合登板到達となった岩瀬仁紀。4者4三振というこれ以上ないパーフェクトリリーフできっちりゲームを仕上げるあたりはさすがです。稲尾和久、秋山登の両先達が投げていたころとは野球が違う現代に、このような大記録に岩瀬が肉薄したことの意味の大きさを感じずにはいられません。あ〜偉大だ〜('')。

最後に、タイガースの先発だった上園啓史について。確証を持てるまでしっかり見られなかったのですが、彼のストレートって握りが普通のフォーシームじゃないような感じ!?。スロービデオでは、ボールの回転があまりきれいに見えませんでしたのでねぇ。それに打者の手元で少しずつ動いてるようでしたし。また当たることがあれば引き続き検証してみたいピッチャーですね。


さてあしたもデーゲームでタイガース戦ですね。タイガース先発は、ちょっと読めないのですが、エステバン・ジャンが中4日で来るでしょうか。
エステバン・ジャン


読み違える可能性も高いので(笑)、今回はグラフだけを上げました。それにしてもモコ値のこの乱高下ぶりはどうでしょうか(笑)。いいときはもの凄くいいピッチングですが、そうでないときとのギャップが。ただ、6月以降はそれも徐々に安定しつつあるのがイヤですねぇ。

対するドラは山本昌でしょうか。きのうの中継で、解説の小松親分が「昌も下柳方式で行ったらいいんですよ〜」としきりに言っていましたが、それもひとつの手でしょうね。ただ現状のドラのリリーフ陣を思うと、それを実現するにはもうひとり安定感のある中継ぎがほしい気がします。きのうヴェールを脱いだラファエル・クルスがそうなってくれれば。あしたもがんばれドラゴンズ!。
あなた様の清き1クリックを!→