ブログネタ
高校野球 に参加中!
センバツきょうは12日目。準々決勝のもう一方の2試合が行われました。
天理×沖縄尚学の試合を中心に中継を見ました。

東洋大姫路2−0智弁和歌山
この試合はほとんど見られませんでした。
今大会注目の強打者と目されていた智弁和歌山の坂口真規、3試合で3安打、ホームランは0。注目されて力が入ったんでしょうかねー。アッパースイング気味なのも気になりました。

東洋大姫路・佐藤翔太は強打の智弁を向こうにきょうも完封。打っても2安打1打点と、4番の重責も果たしていますね。


天理2−4沖縄尚学
きょうの沖尚の先発は東浜巨ではなく、10番を着けた左腕・上原亘でしたね。これからの連戦に備えての起用だったでしょうか。「立ち上がりが悪い」という本人の弁のとおり、初回は四球2つに暴投などでランナー2・3塁と大ピンチを招くも、むしろ荒れ球が功を奏したか、後続を断って無失点。しかし2回には先制を許してしまいます。

天理のアンダーハンド・井口勇佑は打者1巡目までは無難に進めますが、3回の2巡目から3連打で2失点。

その後4回には天理の5番・古田昇平にソロホームランが飛び出し同点に。

5回に2番・伊志嶺の、少し強めに転がしたセーフティーバントが見事に決まり沖尚が1点を勝ち越すと、徐々にペースを取り戻していた上原から、ブルペンで投球練習に励んでいた東浜にスイッチ。逃げ切りを図る中、8回にピッチャー返しの打球が東浜のひざを直撃。治療でベンチに下がるというアクシデントがありましたが、その後は再びマウンドへ。後続を断ち、9回表には援護の1点が入り、東浜も9回を投げきって沖尚が勝利。

井口はカーブ・スライダーでゴロを誘うようなピッチングが持ち味ですが、沖尚の各打者は、ボールゾーンに来るようなカーブ・スライダーは徹底的に手を出さず、高めに来るストレートを打ち返す攻めで、井口の持ち味を消していたような感じ。少ないチャンスにたたみ掛け、4点をもぎ取りました。

一方天理は、1・2回の、上原がまだ不安定なときに1点でも多く取れていれば、その後の展開も違ったものになったでしょうが、上原の荒れ球に翻弄されてしまったでしょうか。

そんな中、5番の古田は非常にいいバッティングをしてましたね。4回のソロはもちろんのこと、6回のツーベースでは、おそらく東浜の得意球・ツーシームを打ち返していた様子。右打者の体に近づいてくるような球筋のツーシームを、うまく打っていたのが目に付きました。

天理は本来のエースナンバー・矢之を大会前のケガで欠くということで、本来森川芳夫監督が思い描いていたものとは違った戦い方を余儀なくされたわけですが、代わりに1番を背負った井口がよく投げましたね。矢之も夏には戦列に戻ってこられるでしょうか。今大会の成績で、夏に向けてもいい材料が増えたのでは?。夏にまた甲子園で勇姿を見せてもらえるのを楽しみにしたいですね。

沖尚・東浜。校歌斉唱のあと、アルプス席への挨拶のとき、全力疾走できていないようでした。まともに当たっていたようですし、もしかしてきょうよりあしたの方が痛むこともあるかも知れず、あしたの準決勝での登板がどうなるのか非常に気になりますね。




そんなわけであしたは準決勝。

第1試合 聖望学園×千葉経大付
同じ関東地区の両校ですが、昨秋の関東大会では直接対決はなかったようですね。大塚椋司と斎藤圭祐の投げ合いは見応えありそうですね。
第2試合 東洋大姫路×沖縄尚学
今大会でも失点の少ない佐藤翔太、東浜巨の投げ合い…といいたいところですが、先ほども書いたように東浜の足の具合が気になります。できれば投げてほしいのですが、将来のある身ですから無理はいけませんし。どうなるでしょう。
あなた様の清き1クリックを!→