ブログネタ
中日ドラゴンズ に参加中!
とにかく今季も無事に開幕いたしました!。でもって今季もロードに弱いのでありましょうか…。

ホームゲームだから、というのでもないんでしょうが、ベイに自分たちの(目指す?)野球をやられてしまったという感じでしょうか。

ドラ先発・ネルソンは、さすがに開幕の緊張感からなんでしょうか、立ち上がりは肩の開きが早くてボールが抜けるわ、力み返ってフォームのバランスは崩すわでコントロールがバラバラ。特に2回などはゲームが壊れる寸前だったのを何とか2失点にしのいで、それ以降は5回までしっかりとしたピッチングを見せてくれましたね。

6回は疲れなのか高め高めにいった球を打ち返されて、あれあれ!?という間に同点とされてしまいました。まぁ結果が示す通り、きょうは勝ち負け関係なしなピッチングでしたかねぇ。


グスマンがあいさつ代わりのスリーラン。オープン戦序盤などではライト方向へうまく運んでいた姿が印象にありましたが、第1打席、そしてホームランを打つ直前にも手首が返りすぎた感じのサード方向へのファウルが続きました。そしてこの1球、内角低めのボールを、うっかりするとまたレフト線方向へファウルになりそうなコースをうまく打ち返してのスリーラン。お見事でしたが、そのあとの2打席、江尻・加賀といった右サイドふたりから、いずれも間合いが取れず内容のない空振り三振に。

もちろんたったの1試合でどうこうというのは早すぎますので、今後の打席を注目して見ていきたいですね。

ライトの守りに関しては、急づくりなので無理もないところなのでしょうが、6回のハーパーの当たり、次の送球体勢がまったく取れてない状態で捕球、2走・村田を易々と3塁進塁されてたのが目につきました。コントロールはともかくけっこう肩はいいようなので、3塁のタイミング的には、制球次第ではあるいは…という返球にはなりましたが。

そのあとの犠飛では返球する意思が全くなし。まぁあそこまで運ばれたらホームアウトは難しいのでしょうが、ランナーがコケるかもしれないし(笑)、一応内野に返してはほしいですね。アウトカウントを間違えてるのかと思いました。また僕がアウトカウントを間違えてるのか?とも(笑)。


最後にベイの攻撃。ノーアウト1塁からツーベースで長躯ホームインとか、サードゴロの間に1点とか、ツーベース→右飛でタッチアップ→犠飛で1点とか、地上波CBC解説立浪さんも言ってましたが、点の取り方がしぶとく嫌らしかったですねぇ。

また、前の塁への意識も非常に高そう。2回の2点目となった稀哲の長躯ホームインしかり、6回の同点のきっかけとなった村田の2塁激走しかり。また4回にはバント小フライで1走・吉村が飛び出しアウトになったり、7回には渡辺のレフトフライで2走・一輝が飛び出しアウトになったりしてましたが、これも積極走塁の裏返しとも見えますし。

このモチベーションの高さが、一体シーズンのどのあたりまで維持できるのかがベイの課題でしょうかね(苦笑)。




さてあしたもデーゲームでベイとの1戦。先発は、Yahoo!プロ野球にはベイ大家、ドラ中田賢一となってますねぇ。大家にはメジャー仕込みの動くボールに翻弄されてしまう印象があり、またきょうのドラ打線も芯でなかなかとらえ切れてない感じだったので少し心配になりますが、スカッと援護点を挙げてほしいと思います。あしたはがんばれドラゴンズ!。
あなた様の清き1クリックを!→