ブログネタ
中日ドラゴンズ に参加中!
柱のピッチャーがよく投げ、主軸の打者が打ち、何とか連敗を止めることができました。

まぁ勝ったわけですから、良かった面が若干上回った結果ではありますが、攻守にミスが目立ち、気持ち悪さの残るゲームではありました。

先発・ネルソンは、きょうは真っすぐの勢いもありましたし、また変化球は低めに決まってましたね。途中ゴロが足に当たって、いったんベンチ裏に下がるものの、戻ってきて以降も変わらない好投を見せてくれました。

またきょうは打の方でも、4点先制のきっかけとなるサード内野安打を放ったり、次の打席ではしっかりバントも決められましたね。


きょうは小田が今季初マスク。これまで若い捕手が代わる代わるマスクをかぶってきましたが、リード面・キャッチングなど、やはり一日の長を感じざるを得ませんでした。…若干トゲがある感じの表現になるのは、若いキャッチャーにもっともっと伸びてきてほしいという思いがあるからなんですけどねぇ。


一方打者陣は、きょうはことごとくバントを失敗してましたねぇ。結局バントを決められた3回だけしか得点が入りませんでした。いよいよ森野・和田あたりにしっかりとした当たりが出始めた今、送るべき人がきっちり送れることが、これからますます大事になってきそうですね。


3回裏、ネルソンの足に石川の打球が当たり、その打球をネルソンが1塁悪送球。ライト・野本のカバーリングが遅れて、結果3塁まで行かれてしまいました。結局失点にはつながりませんでしたが、モヤモヤするプレーでした。


また9回裏、渡辺の1塁寄りのセカンドゴロを処理した岩崎達郎が2塁に送球。解説の牛島さんも指摘してましたが、結果アウトにはなったものの、判断的には疑問が残りましたね。1塁側にだいぶ寄った打球で、セカンドが2塁送球するには体勢的にも無理がありました。

またオールセーフとなったときのリスクがあまりにも大きい。9回3点差でランナーふたりいれば、次打者に1発が出ればたちまち同点。たとえ2塁にランナーが残っても、打者走者を確実に1塁でアウトに取る方が選択としては安全でしたねぇ。

なかなか守備機会がない達郎ではありますが、守備の人としては、一か八かの結果オーライみたいなプレーでちょっと残念でした。


和田が途中交代。大勝でも大敗でもない微妙な点差のゲームで、こういう形の交代っていうのはこれまであまりなかったように思うので、何かあったのかと勘ぐってしまいますね。何事もなければいいんですが。




さてあしたからは今季初の東京ドームでジャイアンツとの3連戦ですね。先発は、ドラは吉見、ジャイアンツは内海でしょうか。
110630内海哲也

前回のタイガース戦では連勝も止まって一息ついたようですが、途中7連勝もあったりなど、素晴らしいピッチングを続けている内海。完投は2度なのに、1度のリリーフ登板を含め、全ての登板試合で責任投手になっているというのはエースの証しでしょうか。

ドラとは今季1度対戦がありましたが、ほぼ完璧にやられてしまいました。残念ながらデータをジロジロ見たところで、内海の弱点みたいなものは見つけられませんでしたが、打撃も少しずつ上向いてきた感じのドラ打線、少なくとも前回対戦のようなひねられ方で終わらないと信じたいですね。

そして吉見。昨季はナゴヤドーム以外でなかなか勝てませんでしたが、唯一ロードでの勝利が東京ドームでしたね。今回はその東京ドーム、安定感あるピッチングを期待して、あしたもがんばれドラゴンズ!。
あなた様の清き1クリックを!→