ブログネタ
中日ドラゴンズ に参加中!
和田と平田で空けた小さな風穴を、直倫がこじ開けてくれました。

ホントにあの攻撃だけがチャンスでしたが、そこで何とか点を得て、チェン→浅尾のリレーでしのぎきることができましたね。


先発・チェン。きょうは序盤からとてもテンポが良く、自身も手応えがあるんだろうなと思いながら見ていました。

初回はいきなり1・3塁のピンチを招くも、新井を三振に、マートンはいい当たりながらファーストゴロに仕留めてピンチ脱出。ここからは終盤まで安心して見ていられましたね。カーブでつける緩急も有効だったでしょうか。


初回以来のピンチとなった8回。前の回に代打で出てそのまま交代してマスクをかぶった谷繁。先頭打者・代打の俊介に対し、チェンは意識しすぎたのか四球で歩かせてしまいました。続く藤井は1球で送りバントを成功。そしてスタンリッジの打席で切り札・桧山が打席に。

真っすぐ・スライダーでカウント1ボール1ストライクとした3球目、谷繁は内角に真っすぐを要求、これを桧山はカットしてファウル。カウント1ボール2ストライクとなった4球目、谷繁は外へボール気味に真っすぐを要求、桧山は最悪でも2走を進塁させるため引っ張りにかかっていたでしょうし、また直前の内角球が効いたでしょうか、見事空振り三振に切って取れました。

以前のチェンは、谷繁の敢えてボール気味に要求した意図を酌み取れず、ストライクゾーンへ入れてしまい打ち返されるなんてことが時々あったと記憶してますが、この場面でのチェンは谷繁がどう打ち取りたいかの意図を十分理解して、また構えたミットにほぼ完璧にコントロールして投げ切っていましたね。素晴らしい1球だったと思いました。


また直後の上本のゴロをさばいた荒木の読みも良かったですねぇ。それほど力があるわけじゃない上本に対し、球種・コースからあの打球方向を想定していたでしょうか。当たりも悪くなかっただけに、内野を破られていれば同点とされていたでしょうし、こちらのプレーも素晴らしかったですね。荒木ならではの反応でした。


逆に直倫は9回、鳥谷のショートゴロをダブルプレーにしきれずちょっと残念でしたね。ショートの送球に合わせて2塁に入り、1歩前に出て1塁送球というのはセオリーでしょうし、それに従っての動きではありましたが、あの場面、当たりがそれほど良くない上に2塁へは遠くなる三遊間へのゴロでしたし、打者走者は左打ちの鳥谷。ベース上でジャンピングスローならギリギリ間に合ったかもしれませんねぇ。そうすればチェンの完封も達成できたのかも。

もちろんセカンドとしてはまだまだ日が浅い直倫ですから、これからどんどん吸収してメリハリのある守備を身につけていってほしいですね。

攻撃の方は本当に食らいついていった上での好結果でしたね。2006年の高校野球、愛知大会の決勝(※9回、直倫の内野安打をきっかけに大逆転で愛工大名電が甲子園出場を決めました)を思い出させるヘッドスライディングでした。




さてあしたもタイガース戦。先発は、ドラはソト、タイガースは岩田でしょうか。
110810岩田稔

今季は対ドラに2試合で0勝1敗。被打率は1割を切り、モコ値も0.72と通算を大きく上回り、データ的にはやはりドラキラーではあるんですが、前回7月28日の対戦では、6回、あっさりツーアウトになったと思った矢先、平田二塁打、荒木タイムリーで、こちらもあっさり1点を奪えました。現在岩田は4連敗中ですが、このへんのあっさり感が一因なんでしょうか。そうはいってもやはり苦手な相手には違いないところ。気を引き締めて攻めていってほしいですね。

そしてソト。先発転向してからは救世主的な活躍で、チームの連敗を何度も止めてくれましたが、今回は初めて1度やっている相手との再戦。向こうさんも材料は揃っていることでしょうし前回のようにはいかないかもしれませんが、球の勢いと低めへのコントロールに気をつければ、手の内が分かっていようと、そうそう打たれるものじゃないでしょうから。あしたもがんばれドラゴンズ!。
あなた様の清き1クリックを!→