ブログネタ
中日ドラゴンズ に参加中!
たまに味方が点を取ってくれたらコレですもんねぇ。今夜は森コーチのご機嫌は最悪でしょうね(^^;。

最終的に勝っても負けても、先発ピッチャーがしっかりとゲームをつくって、打てない打線と少々手薄なリリーフ陣をカバーしていくのが今季のドラの戦い方だったんですが、それが根底から崩れるようなゲームとなってしまいましたね。また序盤は守りも集中力がなかった感じ。


きょうのチェンは一体どうなってしまったんですかね。9失点した甲子園の登板もそうとうでしたが、それをあっさりと超えてしまったような感じ。

多少サービス気味(笑)の神宮のスピードガンを持ってしても、140キロを超えるストレートの少ないこと。またどれもこれも打たれるべくして打たれた失投でしたね。フォームに力感がなく、真っすぐもお辞儀してました。今月は相手を圧倒するピッチングが甦っていただけにショックでした。

左右別の打率を見ると、やはりチェンは左打者に弱い左投手のようですが、それを体の開きに注意して投げることで一定の効果があったのでは?というのが前回登板だったのに、また元の木阿弥でしたねぇ。5被安打中4本を左打者にお見舞いされてしまいました。

次回登板ではどう立て直してくれるのか注目したいです。


きょうは12安打で6得点と、打てない打てないと言われ続けている打線の奮起はありましたね。それもこれだけ長打が乱れ飛んだゲームというのも記憶にないですね。

ただ、確かにチェンの出来も良くありませんでしたが、守りでリズムがつくれなかった面もありましたね。和田はライトが目に入って?後逸してしまったり、森野は青木の打球に呼吸が合わなかったのか、打球をしっかりグラブに収めることができなかったり、ノーバウンドの送球がショートバウンドしてゲッツーを取り損ねたり、グスマンも打球に追いつけそうで追いつけなかったり。

最近の連勝中は、少なくとも守備はしっかりしていたので良かったんですが。


谷繁が5番に入って、5番らしい活躍をしてくれましたね。「谷繁が5番を打つ打線なんて怖くない」なんてことも言いたくなりますが、まぁ谷繁が7番や8番を打つ打線も機能していたとは言い難かったですし(苦笑)。


逆転されたあとのリリーフを打てず1点差で膠着して、リリーフ陣が揃うスワだけにこのまま負けるんだろうなと思っていたら、直倫が打ってくれましたね。高めのボール球だったでしょうか。確かに8月のバーネットは失点がかさんでいて、絶好調とはいえない感じですが、それでもこれが今季初の被本塁打だったので価値ありますね。展開的にもいいホームランでした。

荒木も惜しい当たりでした…。




さてあしたもスワローズ戦。先発は、ドラはソト、スワは赤川でしょうか。
110824赤川克紀

宮崎商のときに甲子園でのピッチングを中継で見た赤川、プロとして順調に階段を上ってきているようですね。今季は主にリリーフでの登板が多い赤川ですが、先週は館山の穴を埋めて先発しプロ初勝利。ただ、5回2/3を投げて5四死球というのがちょっと多く、それでモコ値(1アウトあたりの球数から、打者あたりの球数を引いたもの。0に近いほど好投)は高めに。

リリーフでまずまずのピッチングをしてきているので先発の機会ももらえていると思いますが、先発・リリーフでデータを見比べると、先発では防御率こそ0.00ながら、モコ値は高いですし、決してリリーフと同じようなピッチングができているわけではなさそうですね。

そしてソト。
110824ソト

こちらは逆に、先発・リリーフでデータに差はあまりないようですね。同じような心持ちで投げられているでしょうか。前回はちょっと不安定な感じもあって、勝敗つかないまま降板したソトですが、先発としては初見参の神宮でも、安定したピッチングを見せてほしいところです。

「初ものに弱い」とか、「左腕に弱い」とか言われるドラ、赤川はどちらも当てはまるだけに嫌な感じはありますが、この2連戦は打撃陣がしっかり打ってきていますので楽しみです。きょうは森野は2打点を挙げてくれたので和田に期待!あしたはがんばれドラゴンズ!。
あなた様の清き1クリックを!→