ブログネタ
中日ドラゴンズ に参加中!
やっぱり、東京ドームでジャイアンツに自分たちの野球をされちゃうと、こういう結果になってしまいますね。

佐伯のホームランには失礼ながらいささか驚きましたが、とらえさえすればスタンドに届いてしまうのがここ東京ドーム。低めにキッチリ投げ切らないと、ここでは難しくなりますね。


今回もゴンザレスには7回1安打無失点のピッチングをされてしまいましたが、7回だけはちょっと変調の兆しが出ていたように見えました。

森野の、デッドボールになる直前の高めへの1球が、きょうここまでとはちょっと違う抜け方をしてましたし、また次のブランコのラストボールは、ブランコが入れ込みすぎて(笑)打ち損じましたが、かなり甘いコースにスライダーが入ってきました。

先週は7回で降板してくれて助かりましたが、今週は逆に8回も投げてくれたら突破口が開けそうな気配があったものの、どうやら同じことをジャイアンツのベンチも感じたでしょうか。継投に入られてしまいました。


チェンはきょうがレギュラーシーズンとしては今季最終登板なんですかね。結局今季は最後まで可も不可もない感じのままでしたねぇ。やはりキャンプで痛めた内転筋は元通りとはいかないままだったんでしょうか。

きょうは当初から真っすぐも変化球も低めになかなか決まらず、そういう中でラミレス・高橋由伸に相次いで被弾してしまいました。チェンが1試合に2被弾というのは今季初だったんですが、ジャイアンツ戦はこれで4被本塁打。いずれも東京ドームということで、やはりコントロールにはナゴヤドーム以上に細心の注意が必要ということでしょうね。由伸のはともかく、ラミレスのはナゴヤではスタンドに届いたかな?という当たりだっただけに。


打撃面は、ただでさえチャンスが少ないところへ、バントミスのゲッツーやら、ゲッツー崩れのあとゲッツーで、1イニングで4つアウトを取られたような気にさせられたりと、まぁいいところなしでしたねぇ。まぁ「こういう日もある」ってな感じですかね(苦笑)。




さて、あしたはようやく13連戦のラスト、ジャイアンツ最終戦ですね。先発は、ドラは山井、ジャイアンツは西村でしょうか。
111015西村健太朗

9月17日にドラに負けてから、勝ち負け関係なしを挟んで4連敗中という西村。ただ、3回持たず4失点で降板している9月29日のベイ戦をのぞき、それ以外はまずまずゲームはつくっているようなんですね。

ドラ戦はリリーフ1登板を含め3試合で0勝1敗ですが、表のドラ戦のデータを見ても分かるように、モコ値(1アウトあたりの球数から、打者あたりの球数を引いたもの。0に近いほど好投)などは通算よりいいんですね。しかし7月2日・9月17日いずれも、西村がマウンドにいる間にもらった援護点は1点のみ。味方の援護がなかなか満足にもらえない登板が少なくないようですねぇ。

そんなわけで、西村にカード別のデータ通りのピッチングをされると苦しくなりますが、気持ちの入った打撃を見せて攻略してほしいところです。

そして山井。前回のスワとの天王山初戦で見事なピッチングを見せてくれたわけですが、結果的に先の4連戦のスワ打線は元気がなく、それで好投できたという見方もできてしまいます。また、今季ここまでの山井は好投が2度続くことがなかったというのも心配材料ですが、昨季後半の安定感が甦ってくればと期待して、なっちゃいましょうよ胴上げ投手に!(笑)ということで、あしたこそがんばれドラゴンズ!。
あなた様の清き1クリックを!→