ブログネタ
中日ドラゴンズ に参加中!
ここからポストシーズンの厳しい戦いの幕開けですね。

奪三振王を能見と争っているという前田健太、きょうはまたスライダーの切れが素晴らしく、若手中心の打線が思惑通りに奪三振の山でしたね。マエケンからは6安打しましたが、谷と松井雅人が1安打ずつしたほかは、今季1軍でずっとプレーしている選手たちのヒットばかり。やはりそんなに簡単にヒットを打たえてはもらえませんでしたね。

まぁしかし、球界トップクラスのピッチャーのボールを体感できたことは良かったんじゃないでしょうか。


小川龍也がプロ初登板しましたね。ゲームで投げる姿を見るのは今回が初めてでしたが、思った以上にまとまり感のあるピッチャーですねぇ。

先頭のマエケンには、緊張感からかボールが先行、フルカウントまでいってしまったものの、最後はいい当たりながらレフトフライに打ち取って落ち着けたでしょうか。続く赤松は3球三振に取り、東出も2球で料理。

今回は3者凡退でしたので、ずっとワインドアップで投げてましたが、ランナーを出してセットではどうなるのか見てみたいです。来季以降のお楽しみ。


山井・チェンの調整登板組が今ひとつピリッとしませんでした。

まぁしかし山井はこんなもんですかねぇ。真っすぐにボール球が多く、またエラーもあったりして球数がかさみましたが、最後の丸に対しては思ったピッチングができていたんじゃないでしょうか。

チェンは、この最終盤の10月になってこれで3被本塁打。月間のモコ値(1アウトあたりの球数から、打者あたりの球数を引いたもの。0に近いほど好投)は1.17ですから通算(1.23)より少ないんですが、先のジャイアンツ戦での2被弾といい、何だか印象の悪い一発が目立ってしまいました。

相変わらず踏み幅が小さそうで、ウェートがしっかり乗り切ってない感じのフォーム。やはり内転筋痛の再発を恐れるあまりなんでしょうか。体に不安がある状態でアメリカに渡っても大活躍は難しいと思うんですが…来季の去就に注目です。その前にポストシーズンでどれだけのピッチングができるのか不安。




さて、これにてドラゴンズ今季の公式戦はすべて終了。選手・監督・コーチ・スタッフの皆さんお疲れ様でした。

今季は開幕前に未曾有の大災害を被り、日程が3週間ほどずれ込みましたが、オフに手術した吉見、そしてキャンプ中に故障したチェンと、予定通りに開幕していたら、ふたりとももっと登板機会が削がれていたでしょうし、逆に日程がずれたことで恩恵を受けられましたね。特に最多勝を確実にしている吉見にとっては大きかったんじゃないでしょうか。

交流戦は今季もセのチームは軒並み苦しみましたが、そんな中でも14勝10敗と4つの勝ち越しを稼いだドラゴンズ。一方スワローズは10勝12敗2分けと2つの負け越し。結果的にこの差がペナントレースの最終的な差となりそうですねぇ。

交流戦の後半から7月、オールスター休みあたりまではチーム状態も最悪で、この秋の姿などとても想像できるような状況にはありませんでしたね。いつかは打ってくれるだろうと根拠のない期待をしていた森野・和田は、復調の兆しを見せることもありながら、それは長く持続はせず、ついにシーズン終了をもってしても復調とはならず。

特番の感想にも書きましたが、ヒーローインタビューで谷繁が「きょうから生まれ変わります」と高らかに宣言した8月17日のジャイアンツ戦あたりから、本当にチームが生まれ変わりましたね(笑)。それまではカープやベイスターズにもしばしば手を焼くことがあったドラゴンズでしたが、8月17日以降で見ると、カープにはきょうの負けを含め2敗したのみ、またベイには全勝。下位チームからの取りこぼしがなくなりました。

9月以降の終盤戦は、キャンプでの練習量が効いてくる毎年恒例・ドラゴンズの季節。驚異的な勝率でまくりにまくって、スワから首位の座を奪還。とりわけ9・10月でスワとの直接対決が計9試合もあり、そしてそれがまたすべてナゴヤドームでの開催だったことが大変有利に働き、この9試合を8勝1敗と大きく勝ち越せたことで、一気にスワをさしきって首位に躍り出ることができました。

北陸のファンの皆さんには申し訳なかったですが、5月に開催されるはずだった北陸2連戦がいずれも中止となり、その代替試合がこの9・10月に組み込まれたのも大きかったですね。


これから2週間弱のインターバルを置いて、いよいよ11月2日からはクライマックスシリーズ・ファイナルステージの舞台が待っています。11月の声を聞く時期になっても、こうしてトップレベルの野球が楽しめるということはファン冥利に尽きます。

ゲームがないこの期間の調整は非常に難しいことでしょうが、そこは場慣れしているドラゴンズ、いい調整でこの日を迎え、日本シリーズへの切符を勝ち取ってほしいですね。CSでもがんばれドラゴンズ!。
あなた様の清き1クリックを!→