ブログネタ
中日ドラゴンズ に参加中!
第6戦までもつれ込んだ場合を想定して、きょうの先発は吉見ではないと思ったんですが、落合監督はそうではなくて、もうきょうの第5戦で勝つと決めてきましたね。いやー、やっぱり僕には博才というか、勝負勘なんか全然ないんだなとあらためて痛感。

今季仕様というか、例によって相手より少ない安打数でゲームに勝つことができました。

分岐点は6回裏。珍しく?荒木がバントの構えで牽制するなどして、割と何気ない感じでフォアボールを得ました。続く井端は、ワンナウトですがバントして、ツーアウトランナー2塁から森野orブランコの勝負かな?と思っていました(このへんも僕の勝負勘のなさ)。

メモなどしてなかったので記憶だけで申し訳ないんですが、井端の打席で館山は牽制→ホーム(スライダーでストライク)→牽制、という順番だったと思うんですが、最初の牽制では井端はバントのそぶりはなし。初球に対しても普通にヒッティングで対応。次の牽制でも引き続きバントのそぶりなし。これで井端はバントなし、ヒッティング。館山もそう割り切ったでしょうか。それで再三の1塁牽制に動くことに。

1塁走者・荒木は、館山の牽制に対しけっこう際どいタイミングながら、しっかりと帰塁。館山が荒木を牽制しているはずが、逆に荒木が館山に揺さぶりをかける格好になったでしょうか。

果たしてカウントは進み、2−2の並行カウントから荒木スタート、そして井端は今シリーズずっと目立っている引っ張り打球が思いのほか良く飛んで、何とまぁスタンドイン。初回のワンナウト2塁以来、館山からチャンスらしいチャンスすらつくり出すことができなかったところから、思いがけない2点を得ることができました。


先発・吉見は中3日を全く感じさせない素晴らしいピッチングでした。普段は、最終的に好投しても、序盤は割とコントロールがザックリしているピッチャーなのですが、きょうは早い回からコントロールも素晴らしかった。逆に中盤〜終盤にかけてガクッと下がってしまうんじゃないかと思ったのも所詮は杞憂でしたね。

特に上田・森岡といった左打者への内角直球が冴えてましたね。長打をさほど警戒しなくていいけれど、コントロールを間違えばもちろん痛打を浴びる危険性はあるわけで、内角を突いてもコントロールミスで甘くなったりすることがほとんどない吉見を、谷繁も信頼してのリードなんでしょうね。




さてこれでドラゴンズは、日本プロ野球の最高峰・日本シリーズに今季も進むことができました。あの素晴らしい雰囲気を再び感じられることは、一野球ファンとして本当に幸せの極みでございます。今季はセントラル・パシフィック両リーグの優勝チーム同士の対決となり、そういう意味でも見応えがありそうですね。

ただ、交流戦ではセントラルの各チームが大いに苦戦したパシフィックの、その中でも2位・ファイターズに17.5ゲーム差をつける圧勝だったホークスが相手ということですから、正直今シリーズは途方もなく厳しい戦いになりそうですね。これまで何度も何度もポストシーズンの壁にはねつけられていたホークス、そこに勝ってようやくシリーズに進んだということで、CSで燃え尽きてくれてやしないかと願います(笑)。胸を借りるような気持ちでぶつかっていってほしいです。


#昨季のマリーンズで、シーズン中とポストシーズンではデータの比較に関してあまり意味がなさそうだ(パの打者との対戦データがドラゴンズ打線に当てはまるわけもなし)というのを感じましたので、今回は前日などにわざわざプレビュー記事をアップするのはやめにしたいと考えています。ただ、○○投手は今季どんな感じだったか?ぐらいは、何よりも僕が見ておきたいので、チーム全体の表を貼った記事くらいは出すかもしれません。とにかくデータの整合を、この5日間のインターバルで済ませます。

…そんなこんなも、ドラが日本シリーズに進出してくれたからこそなんですよね。本当にありがたいことです。日本シリーズでもがんばれドラゴンズ!。
あなた様の清き1クリックを!→