今週の『ドラHOT+』は、「ガールズシリーズ」のファン投票で選ばれたイケメン5人組「D-LOVE5」から、堂上直倫・松井雅人・伊藤準規が○×インタビューに答えてました。




鈴木孝政さんが放送当日・6月17日のヒーロー、木下拓哉を直撃インタビュー。

(試合中継からの流れだったため、少し切れています)
鈴木「ナイス追加点のヒットだったよね」
木下「そうですね、守りでも自分を楽にするタイムリーだったので、よかったと思います」
鈴木「でも私的な評価は最初の犠牲フライだったと思う」
木下「初球に低い球を空振りしてしまったので、1回気持ちをリセットして、犠牲フライで1点入る場面だったので、高いボールを打ちにいこうと思って。思った通りにできたかなと思います」
鈴木「積極性の結果かな?」
木下「ヒットが打てれば一番いいんだと思うんですけど、最低限のことはできたかなと思います」

鈴木「バルデスをリードするにあたって気をつけなきゃいけない点はあった?」
木下「テンポがいいピッチャーなので、抑えてるときはテンポよく行けばいいですけど、テンポがいい分ポンポンと点を取られることがあるので、西武はホームランバッターも多いので、テンポをよくしながら、でも1発には注意しながらやりました」

鈴木「西武打線のことを考えたらなおさらだよね」
木下「1発があって、12球団でもトップクラスの打撃力があると思うので、1発は注意しました」
鈴木「低めに集めるっていうことだよね」
木下「そうです、はい」

鈴木「きのう(6月16日)のゲームは途中交代だったよね。悔しかったでしょ」
木下「そうですね、悔しかったです」
鈴木「眠れなかった?」
木下「きのうも1巡目はある程度抑えられて、2巡目にああいう形でつかまって大量得点を取られたので、きょうは、またスタメンっていうのが分かったんで、何とかやってやろうと思ってました」

鈴木「小笠原と反省会もやる?」
木下「まずは自分が個人的に映像を見たりするんですけど、会ったときに『あのときはああすればよかったな』っていう反省はします」

鈴木「交流戦ラストゲーム、あした(6月18日)勝つと(交流戦の勝率が)5割なんだけど。あしたも出るでしょ?」
木下「あしたも…出ます!(笑) あしたは柳が投げるっていうことなので、柳のいいところを引き出して、西武打線をしっかり抑えて勝って、5割で終わりたいと思います」

鈴木「まずはリード。そしてあしたの先発ピッチャーはウルフだったよね。結構強力だから、バッティングでも」
木下「いい場面で打てるように、またベースに当てます。頑張ります」
鈴木「連日のお立ち台、期待してます」
木下「頑張ります」


D-LOVE5の直倫、松井雅人、準規にインタビュー。

D-LOVE5の中から、今回はこの3人にクエスチョン。イケメンの答えはイエス・オア・ノー!?

まず選手の間で性格もイケメンと大評判。圧倒的な男性人気を誇る堂上選手。

上山アナ「今回ご自身がD-LOVE5に入ると思っていましたか?」
直倫「はい」(若干食い気味に)
上山「お!即答!結構自信があったんですか?」
直倫「いえ、29歳以下だったんで入るかなと」

上山「学生時代からモテましたか?」
直倫「どうですかねぇ…たぶん『×』。あんまり、高校のときはクラス全員男子だったんで、あんまり女性と接する機会がなかったっていう。しかも寮だったんで」

上山「試合前などに、ついスタンドの女性ファンに目が行きますか?」
直倫「『×』絶対に行かないですね」
上山「野球に集中されてるっていうことですか?」
直倫「あんまり見る余裕というか、球場に入ったら野球しかないです」

上山「ご自身は肉食系男子ですか?」
直倫「はい『○』」
上山「そうなんですか!?私の勝手なイメージですけど、草食系の方なのかと思っていました」
直倫「いやぁ、それはたぶんないなと思います」


いつもはキャッチャーマスクをかぶっている松井雅人選手ですが、その素顔、実は…。

上山「D-LOVE5に入ると思ってましたか?」
雅人「『×』思ってなかったです」
上山「選ばれたってい聞いたときはどう思われました?」
雅人「いや、それを知らなかったんで。でも素直にうれしかったですね」

上山「よくイケメンとは言われるんですか?」
雅人「いや言われないっす」(一同笑)

上山「学生時代はモテましたか?」
雅人「…まぁまぁっすね『○・×』。キャプテンだったんで、ちょっとモテたっすね(笑)」

上山「試合前などに、ついスタンドにいる女性ファンに目が行ったりしますか?」
雅人「まぁ…見ますね『○』。女性ファンっていうか、結構スタンドを見るクセがあるんで、パッと見てしまいますね。あ、こういう人がいる、こういう人がいるっていうのを見てしまったりするクセがありますね」

上山「ご自身は肉食系男子ですか?」
雅人「いや、そんなことないす『×』」
上山「草食系男子ということでいいですか?」
雅人「いや、草食系ではないですけど、もう結婚してるんでアレなんですけど、昔からそんなに自分からグイグイ行く方ではなかったですね」


そして高い身長に甘いマスク、今回の投票で大本命とも噂された伊藤準規投手。

上山「D-LOVE5に入ると思ってましたか?」
準規「…『×』」
上山「×!?×ですか??」
準規「いやこっちですね『○』(笑)。入ってほしいなっていう思いはもちろんありましたけど、やっぱりしっかり結果を出してないと、そういうのも入ってこられないなって思ってたので、何とか結果を出して入りたいなとは思ってました」

上山「学生時代はモテましたか?」
準規「『×』ですね。どうなんですかね、全くモテなかったですねぇ」
上山「やっぱり野球をされてる方はモテそうなイメージがありますし、トップ5に入るぐらいのイケメンぶりなので、結構ファンレターとか来たんじゃないかなと思ったんですけど」
準規「全然ですね。ゼロですね。モテなかったですね」
上山「へぇぇ〜。ちょっと信じられないですけど」

上山「試合前など、スタンドにいる女性ファンに視線が行きますか?」
準規「…これ難しいな。じゃあ『○』で。声をかけてくれるファンの方もたくさんいますんで、それには応えますね」
上山「ファンの声援とかも聞こえてくると思うんですけど、ああいう女性ファンの声援っていうのは力になりますか?」
準規「なりますねホントに。頑張ろうと思いますし、どんどん声かけしてほしいと思います」

上山「ご自身は肉食系男子ですか?」
準規「……(苦笑)マジかよ。う〜ん『○』っすかねぇ」
上山「結構自分から…」
準規「自分からですねぇ、基本的に行動を起こすのは自分からです」

最後に、インコースへズバッとこんな質問を。

上山「ストレートが持ち味だと思うんですけど、恋愛においてもそういう感じなんですかね?」
準規「えー、剛速球ですね(笑)」
上山「(笑)受けるの大変ですね」




モコ感想:水面下でこういう投票が行われていたことを中継で知ったのですが(笑)、まぁ何にせよ盛り上がればどんな企画でもOKでしょうねぇ。

ところで残念ながら木下は翌日のスタメンを外れ、D-LOVE5の松井雅がマスクをかぶりました。これからもゲームに出るチャンスはあるでしょうし、次また頑張ってほしいですね。
あなた様の清き1クリックを!→