今週の『ドラHOT+』は、ナゴヤドームから生放送。この試合でノーヒットノーランを達成した大野雄大を、ゲーム終了直後に岩瀬仁紀さんが直撃インタビューしてくれてました。




(ナゴヤドームのベンチから生中継)
岩瀬「おめでとう!ナイスピッチング」
大野雄大「ありがとうございます!」
岩瀬「最近調子がいいんだけど、きょうは立ち上がりどうでした?」
大野「えーよかったと思います」

岩瀬「顔つきを見てたら、『ピッチングを覚えたな』っていう感じがするんですけど。前半立ち上がり、『きょう調子いいな』って思って見てたんですけど、中盤あたりはどうでした?」
大野「序盤にちょっと落ち球を使いすぎて、途中から振ってくれなくなったんで、多少キツくはなったんですけど、でも真っすぐがよかった分、最後まで行けたんだと思います」

岩瀬「パーフェクトをやってるのを自分で分かってたと思うんですけど、どこら辺から意識してたんですか?」
大野「いや〜ゼロっていうのは分かってたんですけど、『いつかは打たれるやろな』と思いながら投げてて、ホンマに意識したんは9回です」

岩瀬「京田のエラーのところはどう思いました?」
大野「いや、全然何とも思わなかったです。さっきも言ってた通り、『あぁこれでフォアボール出せる』と思って」
岩瀬「逆に気が楽になったと」

岩瀬「後半の7・8・9回のあたりはどうでした?」
大野「下位打線っていうのがあったんで、球さえ間違えなければ大丈夫やって自信持って投げてましたね」

岩瀬「ベンチの雰囲気はどうでした?」
大野「みんな何か見て見ぬふりで(笑)、全然知らんぷりばっかりでしたね」

岩瀬「最後9回だけど、やっぱり意識しました?ボールも違ったし」
大野「やっぱり最後に木浪選手・近本選手に回ってくるっていうのがホントに嫌で、『このふたりホンマに抑えられるかなぁ』と思ってマウンドに上がったんですけど、大野奨太さんのリードを信じて投げました」

岩瀬「最後、原口のところ、思い切って『もう真ん中でもいいや』っていう感じで投げたように見えたんですけど」
大野「フォークをあれだけ見切られてたんで、真っすぐを自信持って最後は、『この球を打たれたらしゃあない』と思って行きました」

岩瀬「達成したときはどんな感じでした?」
大野「ちょっと喜びすぎやったんですけど(笑)、ホンマに人生で1回できるかどうかのことやと思うんで、表現しちゃいました」
岩瀬「最後は普段の大野らしくなってましたけど(笑)、それだけ感情が爆発したんですかね?」
大野「そこまでちょっとカッコつけてじゃないですけど、表情ひとつ変えず行ってたんですけど、周平が捕ったの見た瞬間は喜んじゃいました」
岩瀬「ですね!(笑)」

岩瀬「今年ずっと見てて思うんですけど、表情にも出さなくなりましたし、ピッチングがまたひとつレベルが上がったのかなって気がするので、今年まだありますから、ふたケタ(勝利)狙ってください」
大野「はい、あと2試合放れると思うんで、達成したいと思います。頑張ります」

岩瀬「最後に、まだCSもあきらめてないと思うし、チームの雰囲気もいいと思うので、防御率のタイトルも可能性がないわけじゃないので、頑張ってください」
大野「はい!頑張ります。ありがとうございました」




モコ感想:いや〜まさかまさかの(?)ノーヒッター達成でしたねぇ。でも無四球完封とかもやれるぐらい、ハマれば素晴らしいピッチングができる大野でしたから、そんなに意外ということでもなかったですかね。とはいえ昨季0勝の男がよくここまで持ち直せたなぁというのが正直なところです。

まさかそんな快挙を成し遂げるなんて夢にも思わず、うつらうつらと居眠りしながら中継を見ていたので、実は半分もゲームを見てはいなかったんですが(笑)、それでも録画していたので、まぁオフの楽しみとしていずれ頭からじっくり見直したいとは思っているんですけどね。

これで今季9勝8敗となりました。あと2試合を連勝で終えて、“貯金できない男”を返上してシーズンを終えてほしいです。
あなた様の清き1クリックを!→