腹八分目という言葉があるとおり、うまい天丼も
一杯目がおいしいです。
しかし、もう少し食べれるからといって、
2杯目の天丼はお腹一杯でしんどくなり、
美味しいを通りこし、むしろしんどくなります。

適量に感謝し、それを楽しむことが大切です。

これは天丼だけでなく、車、服、靴、時計、
家、人も同じことがいえるかもしれません。

車も何台あっても乗れるのは1台です。
服もたくさんあっても、実際に着る服は
限られてきます。

時計も趣味でコレクションするなら別ですが、
両腕につける人はほとんどいません。

気に入った時計を1つつければ十分です。

家も大きい家に憧れますが、どんなに広くても
寝るスペースは小さくて十分です。

不動産投資のマスターであれば、別荘を複数持つのも
ありかもしれません。

夏に北海道で過ごし、冬を沖縄ですごせたら、
楽しいのかもしれません。

最後に人間関係も一緒です。
最愛の人が複数いると問題が生じます。
縄文時代とかであれば、問題がなかったかもしれません。
動物の世界も一緒かもしれません。

しかし、現在の社会は付き合いたい人は
一人いれば十分です。
友達もたくさんいるにこしたことはありませんが、
親友は一人いればそれに感謝するべきです。

人間の欲望でもっと、もっととなりますが、
今あることに感謝しないといつまでも
欲望の心は乾いたままで終わってしまいます。



お金論 目次