歴史を学ぶ

 いきなり今があるのではない。

長い歴史の上で、現在が存在する。

なので、歴史を学ぶ必要がある。

歴史を知ることで、未来の指標が形成される。

  
 歴史というより、自分の過去を振り返る
ところからはじめればいい。

 そして、5年後、10年後の未来を設定する。


 
 何かを成し遂げるためには、
自分が成長しなければならない。


 成長するには、変化が必要である。

 昆虫がさなぎになるような変化である。


 でも、いきなり変わることは不可能である。




 他人の話をじっくり聞き、受け入れる。

柔軟性が大事である。


 「あーだ、こーだ」いい訳をしない。

腹をくくって、やるべきことをやる。