いいこともあれば、当然

悪いことも起こります。

人は誰しも、いつかは「死」を迎えるので

病気にもなります。


 いいことがあれば、心の奥底から

楽しめばいいし、周りに感謝すればいい。




 さて、良くないことが起こった場合

なかなか受け入れることは難しいですが、

正面から立ち向かうしかありません。


 世の中、理不尽なことであふれています、
しかしそれすら受け入れて前に進むしかありません。


 失敗したことにむしろ感謝をし、

誤ったことにむしろ褒めてあげてください。


 失敗を反省し、より良くなったと
喜ぶことです。


 ダイヤの原石を10年、20年かけて
磨いていくことです。

 人間は物やお金では磨くことはできません。
人はひとでしか磨くことができないのです。


 謙虚な自分にもどり、愚痴をいわず、
不満をいわず、少しずつ磨いていくしか
ありません。


 よくないことが起こっても、それは
何かのヒントを遠回しに教えてくれているのです。

 ただ、大半はそれに気づかず通り
過ぎているだけです。


 時間の流れが早くなり過ぎた現代こそ、

ゆっくりとした流れに身をおいて、

大事なメッセージを感じるようにするべきかも

しれません。