今の日本に生まれて、本当に幸せだと

思います。

戦争が起こっている時代や国で

生まれていたら、人生は大きく変化して

いました。

本当に恵まれていることを

しっかりかみしめて、感謝して毎日を

過ごす必要がありそうです。

食べるものに困るわけでもないし、

寝るところも確保されています。

ゆっくり、頭と体を休められる、

睡眠を取ることは幸せなことらしいです。




本を読んで知識を得ることが大切です。

そして、実際に行動したり、体験を

することが大切です。

さらに、その経験を仕事やビジネスに

活かすことがもっと大切です。

ここまでアウトプットできれば、

書籍代の10倍の収入を得ることに

なると思います。


若い時は右も左も分からず、

要領などもありません。

空回りしいる状態です。

しかし、がむしゃらに努力を

することで、すこしずつ前進できる

のだと思います。

単純に行かないからこそ、

体で覚えていけるのだと思います。







お金を生む法則

加谷 珪一

ダイヤモンド社

 はじめに

カネなし、コネなし、

学歴なしでも、お金持ちになれる方法



また日本は

学歴社会ですから、

一流大学を卒業すれば、

大金持ちにはなれないものの、

有名企業に就職することで、

それなりの給料をもらうことができます。


逆に言えば、自分自身の行動さえ

しっかりしていれば、勝つ馬になることは

誰にでも可能なのです。



しかし、若いうちから、

こうしたトレーニングを

繰り返していけば、

どんな人でも必ず一定

レベルの能力は身につけることができます。




 億万長者になったお金持ちは、
若いころに何をしていたのか?


 「失敗したら立ち直れない」のウソ

筆者はあまり意識していませんでしたが、

20代で得た知識や経験を通じて、

お金に対する無用な執着心から

自分を解放することができました。






 知識と知恵のバランスを取る


早い段階から何でも経験することが

よくないのではなく、経験を経験だけで

終わらせてしまうことがダメなのです。

これは逆も成立します。





 お金持ちのキャリアに憧れてはいけない


あまり難しいことを考えず、

とりあえず目の前の仕事に

全力を傾けるという行為は

決して悪い話ではないのです。


むしろ、それが最終的には

成功につながる原動力となります。






 お金に縁のあるお金持ちは若いころから


「約束事」を必ず守る

信頼関係で大事なことは、

時間と契約だそうです。


時間を大切にしない人とは

決して付き合ってはいけません。

時間にルーズな人や言うことが

論理的ではなくコロコロ変わる人と

つき合っていると、膨大な時間を

浪費していまいます。





 「知識」ではなく、「知恵」でお金を
生み出す人になる

 堅実に儲けるお金持ちは若いころから
「読書」ではなく「実体験」で学ぶ


 「知識」だけではお金持ちになれない


知識を身につけるためには、

経験を積むことが重要です。

これらのバランスをうまく保つことで

本当の「知恵」が生まれてきます。



教養は、総合的な知識が人格や行動に

結びついたものですから、知的なものと

身体的なものが融合しています。




 「教養があればお金持ちになれる」のウソ


こうした教養は実は、成功してから

大きな効果を発揮するのです。


つまり出口氏は実業家として大きな

成功を収めたことに加え、深い知識や

教養を持っていたからこそ、

教養ある経営者として極めて高い

評価を得る結果となったわけです。




 「貯金」ではなく「投資」で
お金が増える人になる


投資で大成功したお金持ちは若いころに

「コーラ」の転売をしていた



 手持ち資金の数倍のお金を投資する方法


こうした事業会社の信用をうまく利用して

資金を借り入れ、手元資金以上の金額を

株式に投じているからこそ、高いリターンが

得られるのです。

「高いリターンを得るためには、

高いリスクを取らなければ

ならない」というルールは絶対であり、

これはバフェット氏にとっても同じです。

この厳然たる事実を忘れてはいけません。






 巨額の資産をつくったお金持ちは若いころから

「25%強制貯金」をしていた


 「コツコツ貯金」を大金に変える方法

これはあくまで結果論であり、

鉄道株の投資や土地への投資に

失敗すれば本多氏は多くの資産を

失ってしまったでしょう。

しかし、どこかで勝負しなければ

大きな資産にならないというのは、

誰にとっても同じ条件です。


 

まとめ

1、日本は一流大学を卒業すれば、
有名企業の就職は可能になります。


2、若いうちにたくさん経験する。
そしてその経験を活かして、
スキルを向上させる。


3、時間と契約
約束事は必ず守る。これが信用になる。
時間を守れない人とは仕事をしない。


4、知識と経験から知恵をつける。
これを繰り返し、教養を高める。
ただ、教養を高めても成功できる
わけではない。


5、貯金をして、ある程度の額になれば、
リスクをとって投資しないといけない。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村