資産運用にて経済的自由を目指して

投資の方針や読んだ経済本の感想 今後の資産運用の戦略

2016年08月

こどもの頃、親の会社が倒産し貧乏な生活を送っていました。
社会人なりたての時結納金がなく、今の妻にお金を借りなんとか式をあげました。

現在、大学受験前の娘と八割れのにゃんこと格闘しています。
金(ゴールド)、日本株、株主優待、不動産、ETFに投資しています。
外国不動産に興味があります。

資産を増やし、権利収入・不労所得を増やし、経済的自由を目指します。

50代から始める知的生活術





本を読むのは随分前からの習慣でした。

あるテーマの事を中心に何冊か

購入し読み比べていました。


何冊か読んでいると、この内容な以前

見た事があるとか、これは変った切り口だとか

この部分は少しおかしいなと

自分の感想が持てるように

なります。


その時、読んでいた内容を信じていて

後からおかしいなと思うときもあります。


書いてある内容を、そのまま鵜呑みに

するのは危険なのかもしれません。


真反対の内容を書いてある本も

一緒に読んでみて吟味する必要があります。



人生で大切なことは、すべて「書店」で買える。



実際に投資をすると、それに関する事に

興味が湧いてきます。

新聞も読みたくなるし、テレビのニュース、

雑誌、週刊誌などの情報も気になります。


自然と活字を追いかける習慣が

身についていきます。


趣味があれば、それに関する本を

何冊か買って、その道のマスターを

目指すのもいいかもしれません。


読書を仕事につなげる技術


















50代から始める知的生活術

「人生二毛作」の生き方



外山 滋比古


資金づくりは三十代から

実直なサラリーマンであった父親には、
もうひとつの顔があって、大の株好きだったのです。


現にわたしが最初に買った銘柄も、
増資があったり、株価も右肩上がりで上昇していきました。
臨時収入があったときには買い増ししたり、
他の銘柄にも手をひろげて、
十年後にはわたしの株式資産は
けっこうなものになっていました。


 投資スタイルは、「買ったら長く待つ」です。


 信用取引には手をださないこと。




 どうせ株式投資をするなら、若いうちからがいいと思うのは、
年をとると欲が深くなるからです。
欲が深くなると、判断も狂いがちになります。

「もうはまだなり、まだはもうなり」。


 若いころの投資は、失敗も許されます。

 投資の格言である「人に行く裏に道あり花の山」
を地で行ったとしても、
その裏道で迷ってしまうこともあるのです。

 最初に株を買ったころは、
株をやる人間は胡散臭い目で見られていました。
まして、教職にある人間が株に手を出すなど
もってのほか、そんな空気が支配的な時代でした。


 教員という人種がいかに世間しらずかを
痛感するようになります。
世の中の経済動向や流行などにも、
からきし無頓着。
新聞を読むとき、文化欄ばかり読んだりする。


 その株式投資が、自分の人生を下支えしていたと
思ったのは、始めてから十年ほどのことです。


 しかし、株式投資によるいくばくかの蓄えがありました。
無謀とも思える辞職を背中から後押ししてくれたのが
株式投資だったとも言えるのです。

 







心のエコノミークラス症候群
第二の人生の生きがいは、家族中心というより、
むしろ自分の生き方と考えたほうが、楽しく、
愉快なものになります。


自分で考える

 結論を言ってしまえば、それは「知識」の
積み重ねではありません。
自分の頭で「考える」ことこそ、
人生を変える力です。
二毛作をしっかりしたものにすることができます。





危ない読書

出会った本によって、ものの考え方、
生き方にかかわるさまざまなことを教わります。
めいめいの人生の骨格を形成する「知」の多くは
読書によって得られるのです。


 第二の人生にさしかかったときの読書には、
若いときの読書と違った個性が求められます。
それがなくては、本を読んでも意味はありません。

それより、かつて自分を揺るがす知的体験を
与えてくれた本を、あらためて味読してみるのです。


読書は「アウトプット」が99%

欲を捨てる

「子孫のため」というのは、
なお物欲にとらわれている証拠です。
世のため、人のために、欲を捨てる。
これが本当の良心です。
そういう転心ができれば、
人間は一段高い存在になるでしょう。



残照夢志

誕生日の少し前から、
「考える」ということを
本格的に考えて、知性を超える理性というものを
明らかにしたいと考えました。

本物の大人になる
















商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

50代から始める知的生活術 [ 外山滋比古 ]
価格:702円(税込、送料無料) (2016/9/1時点)


語彙力こそが教養である



 IOTとは何かと妻に質問され、明確に説明できませんでした。

なんとなく、本を読んでみても、

何も知らない人に説明するのは非常に困難です。

説明する方が十分に理解していないと、

説明はできません。

物のインターネットと説明しても、

理解はえられません。


養老 孟司さんのバカの壁で出てくる、

「知っているは知らない」の状態です。


表面的に理解したつもりで、根本的にわかって

いないのです。


改めて内容を把握して後日きちんと

説明するつもりです。



 教養がモテル時代が到来しているみたいです。

 最低限のマナーや、話が理解できるだけの

 言葉は知っておきたいですね。



 ルドルフとイッパイアッテナという猫さんの映画で

 たくさん格言、名言がでてきます。

 「絶望は愚か者の答え」が中でも

 大好きなセリフです。

 ルドルフとイッパイアッテナ

 
 諦める前になんとかしようと考えたくなります。

 


 一流の人に備わっている「グリット」という

 能力があります。


 何年にもわたって、やり遂げる意志と能力のことです。


 継続できる能力が才能なのです。

 まさに、「継続は力なり」です。


 ゴールが見えて、歩くのなら歩けると思いますが、

 ゴールがあるかどうか分からない時に、

 果たして歩けるのか?


 それでもゴールを目指して歩いてみようと思います。

 























語彙力こそが教養である

 斎藤 孝 




でも、相手から受ける印象を瞬時に決定づける
要素がひとつだけあるとしたら。
 私の答えははっきりしています。
 それこそが、この本のメインテーマである
「語彙」なのです。

では、どうすればいいか。
簡単です。語彙力を鍛えればいいのです。

知的好奇心を刺激されるような
楽しいトレーニングをしていたら、
いつのまにか語彙力が鍛えられる。


 いちばん伝えたいのは、「語彙が豊かになれば、
見える世界が変わる」ということ。
人生そのものが楽しくなるということです。



 人は、どんな人を「頭がいい」と感じるのか?
語彙とは、勝手に増えるものではありません。
語彙が増える過程で、
たくさんのインプットがあったはずです。
本や映画、テレビなどメディアからのインプット、
さらには人生経験からのインプットがあったから、
豊かな語彙がつくられた。


 なぜ日本人の語彙力は低下してしまったのでしょうか?
その原因は、素読分化の減衰にある、と私は考えています。


過ちて改めざる、是を過ちという
・・・・・部下を叱るとき、最後に
「ミスしたことは仕方がないから、
今後繰り返さないように気をつけて」
とフォローするとき




本を読む習慣が、半年後、1年後、5年後の語彙をつくり、
あなたをつくっていくのです。
なんとなくSNSを見ようとする手を止め、
オフラインの読書に切り替えましょう。
 たとえば、電車の乗ったらカバンから本を取り出す。
カフェに入ったらまず本を開く。
寝る前には必ず読書の時間をとる。


『三国志』は語彙の源泉
 有名なところで言えば、「三顧の礼を尽くす」。


論語
義をみてせざるは、勇無きなり
・・・・・すべきことがわかっていて
行動しないのは、勇気がないからだ


世界観と語彙をつくる歌詞
そういえば、スガシカオさんが作る歌詞は
村上春樹さんも評価されていました。

【押さえておきたい敬語表現】
慙愧に堪えません←反省して恥じたる気持ちでいっぱいです



間違いが多い表現
恣意的に・・・・・×わざと、作為的に
       ○自分勝手に

依存心 ×いぞんしん ○いそんしん

 だからこそ、社会人経験のある私たちが
安易に若者言葉にすり寄るのは、
ちょっとみっともないことでは
ないかと思うのです。



 文系批判はアテにならない
「文系で習うものは社会で役に立たない」と言われることがありますが、
決してそんなことはありません。
もちろん語彙を習得するのは文系だけの勉強ではありませんが、
そうはいっても読書量は文系のほうが多いのが一般的です。
「本を読む」というその一点においても、
十分に「役に立っている」のです。



 これからの「モテ」の指針を考えよう
 「語彙・教養」がモテの指標になるべきです。
それが次世代の社会を作っていくはず・・・・・
と真剣に考えているのですが、順を追ってご説明しましょう。


おわりに
 語彙を身につける、つまり教養を身につけるということは、
果てのない作業。だからこそ楽しいし、心躍るのです。



学びとは何か












伝説の算数教室の授業


計算問題を解いていても、

面白くありません。


宮本先生のパズルは、

他のパズルと違い、楽しんで

考え込んでしまいます。



小学生のお子さんがいたら、

ぜひチャレンジしてみてください。

6マス、7マスの問題になると、

大人でも太刀打ちできなくなります。



一流の人の条件にやり遂げる力(グリット)

があります。

算数のパズルでこのグリットを身に付ける

ことができるかもしれません。



ドラマのHOPEでやり遂げたその先に

何があるのか?というセリフがでてきました。


日々の生活で、途中で止めてしまった事があれば、

再度チャレンジしてみてください。


日を改めると、できなかった問題もスラスラ解ける

時もあります。

















無試験・先着順入塾で

最難関中学合格者が続出した



 伝説の算数教室の授業

 宮本 哲也



はじめに
算数をやる目的はただ一つ、
「賢くなるため」です。
では、何のために賢くなるのか?

それは「よりよく生きるため」です。
「よりよく生きる」とは、
「自分に合った生き方を見つける」
ことと言い換えてもいいでしょう。




そのために必要なものは
「情報を取捨選択する能力」と
「条件を整理する能力」の二つです。
算数でこの二つの能力を高めることができます。

 なぜ、算数が必要か?



どれくらい深く考えられるようになるか
教室でできる子を見ていて感じることは
集中力の高さと考える深さです。

大切なのは計算の速さではなく、
考える深さなのです。


それから23年間、
「叱らない」「教えない」「宿題を出さない」
というスタイルで、子どもたちが
自分の意志で問題と全力で戦える
環境づくりを心がけてまいりました。





算数はパズルから始めよ
そもそも、ものを考えられる子は
計算練習を極端に嫌います。

算数の学習は、計算の先取りや
速やかさではなく、思考力を養う方向で進めること。




全力で問題と格闘する経験が学力を高める

逆に言えば、緊張感の強い空気の中で、
わくわくする問題と全力で戦うことによって、
学力はいくらでも高められるのです。




解き方を暗記させない
仕組みを理解せずに解き方だけを暗記していると、
学力として何も残らないということです。




















商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

伝説の算数教室の授業 [ 宮本 哲也 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2016/8/29時点)


2016年後半のFX&外国債券の投資戦略


2016/8/27セミナーに行きました。

今日は外国債券のお話です。




だいまんの

『2016年後半のFX

&外国債券の投資戦略』 






マイナス金利で、これからは金利が上がらない

時代に入ってしまった。



成長していないとか、景気が悪いと

言うけれど生活はそれほど不便ではない。


パソコン、インターネット、AIなどが、

発達して全部家でできてしまう時代である。


要するに人手が要らなくなってしまった。

少子化になるのも合理的な感じがする。



先進国の金利が下がり、それに続き

オセアニア、カナダの金利も下がっている。

将来的にはBRICsの金利も下がっていくだろう。


人口が増加している国が、経済が成長し、

金利も上昇すると予測される。


出生率をみるとインドは2.48、南アフリカが2.39、

メキシコが2.19、トルコは2.04、フランスは2.01である。

中国は1.67とかなり低い。

一人っ子政策を中止するも、効果が出るのに20年

近くかかると思われる。

日本と同じような高齢化になるだろう。


ドイツも1.38で日本の1.43より低い。



景気の流れにキチン循環(約40カ月)やグズネッツ循環(約20年)などが

あるが、さらに長いものにコンドラチェフ循環(約50年)がある。

現在第5波が来ており、IT,AI,ナノテクなどの大きく産業の

内容の変換が見られる。


アメリカが利上げのタイミングを検討している。

9月21日に日銀金融政策決定会合、米FOMC結果発表が

あるが、円高になる傾向がある。


11月8日に米大統領選挙があり、トランプショックが

あるかもしれない。


他のリスクとして、中国不動産バブル崩壊などが予測される。


ヨーロッパの国債を買うのならスペインの国債の

方が利回りがいいので、こちらをお勧めする。


ブラジルが高金利なので、面白いかもしれない。


メキシコの国債も6%前後の利回りがある。

懸念材料はトランプショックである。

トランプは移民を拒否すると言っているので、

メキシコの国債が下落するリスクがある。


トルコリラも高いが、クーデターがあった。

しかし、このため2022年までのEU加盟の可能性が

下がったので、トルコリラの消滅の可能性が遠のいた

とも考えられる。



ドル/円は大きな下げがあるかもしれない。

下げ余地があり、95円の可能性がある。


日米金利差とドル円相場のグラフを見ると、

2014年5月ごろから2015年5月より解離していた。

これはアベノミクスのためで、しかし現在は終息方向にある。




ユーロ/円は底が近いと思われる。


ブラジルレアル/円も底値で買いと思われる。


トルコリラ円も買いが近いと思われる。


豪ドル円はボックス相場で2019年まで、72円-90円で

推移されると予測される。


NY金は1200ドルが大底で、ちから強い上昇がみられる。


WTI原油は30ドル台は買いで、上値は80ドルだろう。





メキシコ国債、南アフリカ国債、トルコ国債、スペイン国債等

が検討の余地があるかもしれない。








 

世界同時超暴落



テレビで日銀のマイナス金利の効果について

議論していました。


地方銀行の業績がいまいちで、

デフレ調の流れになっているということです。


ニトリの業績が好調で、松屋の牛丼も並みが290円に

なっています。



住宅ローン金利の借り換えは是非

行うべきです。


しかし、社会は消費に向かっておらず、

給料も上昇しません。


マイナス金利はいつまで続けるのでしょうか。









大底からのサバイバル投資術

世界同時超暴落

 伊藤 秀廣


 さて、前置きが長くなったが、私の法則から
導き出されたものは、日経平均株価は、
2016年10月から2017年2月の間に暴落し、
1万2572円の収束点(大底)を迎えるというものである。

とはいえ、この収束点は1つではなく、
さらに下の収束点を取れば、日経平均株価は
8000円台の超暴落を起こすという
ストーリーもありうるのだ。


波動周期から見えた世界同時超暴落
相場のトレンドは合理的に説明できるか?


需給は投資家心理を反映した価格形成の仕組みだがら、
経験的に知られたトレンド形成のセオリーには
ないことがいつ起こってもよさそうだが、
過去、そのような例外が生じたことは
ほとんどないといってよい。


投資における3つの重要な着眼点がわかる分析法
割安な株でも下がるときはとことん下がるし、
割高な株でも上がるときはとことん上がる。


下げの波動が示すNYダウの底値
私が非常に珍しいというのは、
その後の上昇が一本調子であったことだ。
その証拠に、2009年3月の安値を起点に、
2015年5月に1万8312ドルの高値をつけるまで、
なんと6年以上も月足の2段下げが起こっていないのである。


安倍が発言した「リーマンショック級の再来」
は言霊に乗ってやってくる

ただ、安倍首相が株価を上げたいと願うなら、
リーマンショック級の金融危機や
東日本大震災級の地震がこないかぎり
消費税は予定どおりに上げる、
そういうことを公言するのは
非常にまずいと考える。

日本には古くから言霊思想がある。



消費税増税論は
外国人投資家にカモにされる絶好の材料となる

彼らは消費増税が行われるまで、ドル円で円をショートしていた。
ショートというのは売り、ロングというのは買いである。

ショートポジションを取るというのは、
ヘッジファンドや投機筋が円安を読んでいたということだ。



日経平均株価は1万2500円台の大底へ向かう

日経平均株価は、2016年10月から2017年2月の間に
大底を迎え、暴落を軽微に取った場合の収束点は1万2527円。


ドイツ銀行のデリバティブ保有は
ドイツGDP19倍の75兆ドル

ご存じのように、ドイツ銀行問題は世界の頭痛の種だ。
ドイツ銀行が保有するデリバティブは75兆ドルに上がり、
ドイツGDP4兆ドルのおよそ19倍。
もはや「べらぼうな」とか「莫大」などと形容しても
ピンとこないほどの金額になっている。



値動きの激しいグロース株で守るべき3つのこと

私が予測する2016年10月から2017年2月にかけての暴落は、
グロース株投資をしたい個人投資家にとって千載一遇のチャンスになると考えている。



四季にも異変が起きている日本で
バイオ関連株は注目


現代の日本が貞観年間の日本のように深刻な自然災害に
さらされているとしたら、新しい治療や治療法に対する期待は
黙っていても高まる。

もちろん再生医療は、その目玉になることだろう。




もう株式投資に時間を費やす暇はない。
投資を文字通り人生の糧にしようとするなら、
うま味のあるグロース株投資にいまこそ
取り込むべきである。

時間を無駄にしてはならない。
その千載一遇のチャンスは、もう間もなくやってくる。









商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

世界同時超暴落 [ 伊東秀広 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2016/8/27時点)


なぜあの人の勉強は続くのか


奨学金破産という言葉を最近知りました。

奨学金は、借りているもので、

利子がつくものもあります。


授業料が免除されるものではなく、借金を

増やしているだけなのです。


奨学金を利用している人が増えており、

また返せない人も増えています。


社会的問題の一つです。

無償の奨学金制度をいち早く作るべきです。










なぜあの人は

勉強が続くのか



 中谷 彰宏



本は読むものではなく、使うもの。

勉強は、通過点であり、手段です。
学んだことを自分の仕事に生かしてみた時に
初めて、「もっと教わりたい」「もっと勉強したい」
と切実に思うようになるのです。


 習いごとが続く人は、不器用な人。
大人の勉強は、一生続けるものです。



 勉強は、最終目的ではない。
「自分の好きな楽しいことをするために、これを覚えなければならない」
というのが、ベストなのです。


大人の吸収は、速い。
自分が働いたお金で学んでいるから。

自腹でやるから、勉強は続けられるのです。


頑張って10年つづけるのではなく、
10年続けられる方法を考える。
「どれだけ長くつづけられるかどうか」の差です。


勉強が続く人は、手が動いている。
止まるから、続かなくなるのです。
手を動かすことが、勉強するということなのです。





考える前に、まず、やってみる。
将棋の本は、将棋のできる人にしか読めません。
「歩のない将棋は負け将棋」という言葉の意味は、深いです。

 本を書きたいという人は、大勢います。
原稿を書かないで、「こんな本を書きたい」
としゃべり続けている人もいます。
話す前に、「早くそれを書いてください」と思います。
考える前に、まず行動することが大切なのです。


力みのない立派すぎないノートが、
続けられる。

私は喫茶店で退屈することがありません。
そのつどお題を思いついて、書き出していくからです。
喫茶店での待ち時間は、重要な時間なのです。


メモをとる時は、「名詞」プラス「動詞」。
プロの文章は、形容詞を極力使いません。
「すごい」を言わないで「すごい」を伝え、
「おいしい」を言わないで「おいしい」を伝えるのです。

勉強することで、自由になれる。
もっと先を知りたいから勉強するのではないのです。
勉強することによって、もっと先を知りたくなるのです。

続けようと頑張らなくても、気がついたら続いているのが勉強です。


気がついたらやってしまっているのが、知性。
勉強をする習慣がつくと、いつの間にかそれが
知性に変わっているのです。

知識は、使うことで知恵になる。
知識をキッカケに、知恵を蓄積していくことです。
私は、本を書いたり塾で話をすることで、
知識や知恵を伝えています。

行ったり来たりしながら自分の知恵にしていく
作業が大切なのです。

考える前に、書く。
書いてから考えるのです。
どうでもいいことから書いていくのです。

私は、本のアイデアをチャートを書きながら考えています。



インプットトアウトプット、
渦巻きになっている。

私のアウトプットは、本や講演です。
でも、アウトプットだけが目的ではないのです。
アウトプットがインプットの次の
キッカケになっているのです。

質問や聞いている人の反応は貴重なインプットです。



勉強が、その人を自由にさせる。
勉強することの不自由から、勉強することで自由になれるのです。
自由になりたかったら勉強すればいいのです。

自由が好きな人は、ぜひとも勉強することです。
自由になることで、ますます勉強を続けたくなるのです。



継続的に学ぶことで、
継続的に稼げる。

イチロー選手は、10年も200本のヒットを
打ち続けています。

「継続」を基準にして、継続している人から
継続的に学び、継続的に成長していきます。
これが迷わないコツです。

お金があろうがなかろうが、試験があろうがなかろうが、
学ぶ必要があろうがなかろうが、学び続けることが大切なのです。



あとがき
楽しんでいたら、勉強していた。

心構えさえあれば、どんな勉強でも続けられます。
まず自分の好きなことを何か1つ勉強して、
「心構え」という土台をつくります。

好きなことで長続きできるものを1つ持っている人は、
何をやっても長続きできるのです。

好きなことを極めるためには、勉強せざるをえないのです。
楽しんでいたら、結果として勉強していたというだけなのです。













 
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

なぜあの人は勉強が続くのか [ 中谷彰宏 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2016/8/26時点)


livedoor プロフィール
最新コメント