資産運用にて経済的自由を目指して

投資の方針や読んだ経済本の感想 今後の資産運用の戦略

2017年04月

こどもの頃、親の会社が倒産し貧乏な生活を送っていました。
社会人なりたての時結納金がなく、今の妻にお金を借りなんとか式をあげました。

現在、大学受験前の娘と八割れのにゃんこと格闘しています。
金(ゴールド)、日本株、株主優待、不動産、ETFに投資しています。
外国不動産に興味があります。

資産を増やし、権利収入・不労所得を増やし、経済的自由を目指します。

お金に愛される生き方 邱永漢



 邱さんの本のなかから、お金についてまとめた

本があったので、これを選んでみました。

邱さんの本はたくさんあるのですが、

なかなか手に入らないので、アマゾンで

探そうと思っています。

お金と株の本は、最近改訂版が出たので

購入しようと思っています。

株を始めて、すぐに邱さんの本にたどり

つきました。非常に読みやすく、

分かりやすかったのを覚えています。

株価の指標は気にせず、売り上げと純利益

だけで判断し、独自の先読みで銘柄を見つけて

きます。中国の保険会社、高速道路会社、

北京オリンピック銘柄、不動産銘柄等で

随分儲けさせてもらいました。

中には損したQさん銘柄も多数あります。

今となったら、手数料と思っています。

当時はコラムの「もしもしQさんQさんよ」を

毎日読んでいました。印刷して、ファイルにいれて

読んでいました。

職場で印刷し、100円均一でファイルを購入

すれば安価な本のできあがりになっていました。

もう10年以上前の話です。



アメリカは貿易赤字が積みあがっています。

しかし一番強い国なので、ドルが基軸通貨に

なっています。日本はアメリカの国債を買って

売れない仕組みになっています。

北朝鮮に何かあったら、日本はアメリカに

たよるしかありません。




お金の貯め方は昔から変わっていません。

株価の動きも、恐らく米相場の時代と

変っていないような気がします。

会社の利益と人間の心理が深くからみあって、

チャートが形成されています。

奥深さを感じさせられます。



常に流行に敏感になり、儲けが出そうな

会社を予測しなければなりません。

まさに連想ゲームが上手な人が

儲けを出せる仕組みになっています。

経験にスパイスを振りかけるような

イメージだと思います。

至るところにアンテナを仕掛けて

変化に敏感になる必要がありそうです。



人間の欲は確かに底沼である。

これを律するために「足るを知る」の

精神が大切です。そういう意味では

かつての貧乏生活を思い出すのが

有効だと思います。

貧乏を知らない人は、幸せのハードルが

高くなっていると思います。







お金に愛される生き方

邱 永漢

学びやぶっく

 はじめに

とりわけ、自国の通貨が世界通貨としてを
通用するようになったアメリカでは、
自国民に節約をすすめるよりも
お札を印刷して必要経費を賄うように
なったので、世界中にドルが溢れ返り、

もしアメリカに物を売って
ドルを稼いだ国々の人がドルを
自国のお金に換えてくれと申し出たら、
ドルは一瞬にして大暴落をしてしまう。


 すなわち、お金持ちになる気構えや
お金を貯める要領に時代の変化が
あるわけでもない。現に、私がこの半世紀に
書いたお金にまつわる数々の文章も、
この通り再び皆さんのお目にふれることになった。






 お金に愛される扱い方

お金は生き物で、同じところにいつまでも
じっとしてはいないから、お金がドンドン寄って
くれば、たちまち大金持ちになるし、
お金に見限られて逃げ出されてしまえば、
たちまち貧乏人に転落してしまう。




 マネーパワーの原則

しかし、「欲望は無限で、欲望を充足する
手段は有限である」というのが世のならいで、
それが経済学の出発点になっている。

だから何とかしてお金を手に入れたい
と思うようになるが、お金のことはなかなか
思い通りにならない。





 お金と時間

私の見る限り、お金の動かし方が上手な人、
あるいは、ごく単純に言って収入の多い人は、
さすがに時間の使い方もうまいようです。
お金も時間もともに重要なものですが、
性質はかなり違っています。
お金は使わなければ残っていくけれども、
時間は使わないとそのまま消えていく。




 節約のすすめ

どんな時代になっても、お金持ちになる
ためにはまず節約からスタートしなければ
ならない。どんな大きなお金も、
小さなお金を煉瓦を一枚一枚積み上げる
ようにして積み上げてできるものっだからである。






 目的意識と目標金額

つまり、共働きをする場合は、
二人分を足して生活費にするのではなく、
一人分の収入だけで生活する。
これが家計を黒字にするための大原則です。





 月収百万円程度の中金持ち

私はこれまでに、人生で成功した人と
たくさん会ってきた。その中に、高慢な人は
一人もいない。成功した人は自分の主義主張や
物の見方には固執するが、他人に対して
威張りちらすことはまずない。






 旨味のある資産運用

金利以外に収入のある人は、他の収入に
手をつけても、元金にはなるべく手を
ふれたがらない。タマゴは食べても、タマゴを
生むメンドリに手を出すと、元も子も
なくなってしまうと心配になるからである。





 お金儲けの極意

多くの金儲けのチャンピオンが、
一生かかって使い切れないだけの
財産をつくってもなお金儲けをやめないのは、
金儲けに推理小説を読むような、
もしくは麻雀をやるような、スリルを
伴った楽しみがあるからである。





 株価の仕組み

株や不動産は各家庭が大なり小なり持っている。
当然のことながら値下がりの影響を受けている。
不動産屋を見ても、証券会社を見ても、
また銀行を見ても一寸先がヤミだから、
いよいよ八方塞がりの恐怖にとらわれる。
しかし、どんなに暗くても朝の来ない夜はない。
景気にも必ず底がある。底に届くまではジタバタしても
始まらないが、底に足が届いたら、
あとは浮上に向かって準備にかかるべきだ。






 株式相場へのチャレンジ

私はいつも「株の勉強をしたかったら、
どんな本を読むことよりも、
まず株を買ってみることです」と
初心者にすすめている。

 しかし、本当にお金儲けの上手な人は、
ブームのあとを追う人ではなくて、
ブームをつくり出す人である。
もしくは、ブームが起こる前にそのことに
気づいて、人より一歩早く先を行った人である。






 「土地神話」は必ず復活する

従って値上がりムードにある時に
うまくその波に乗ることも大切だし、
値下がりムードになった時にそれに
耐えられるだけの用意をすることは
もっと大切である。買った値段を割る
ようなことが起こっても、処分しないで
すむだけの資金ぐりができておれば、
将来再び上昇期に転じた時に必ずトクをする。





 人生の達人

人がどの程度お金持ちであるかは、
その人の持っているお金とはあまり
関係がない。一生にどれだけのお金を
使ったかによって判定すべきものである。
というのも、何のためにお金を儲けるか
というと、使うためだからである。お金は
使ってはじめて完成品で、もうけただけでは
まだ半製品なのである。






 「儲ける」と「使う」の分業制

お金のある人は、お金そのものが人を
こき使う性質を持っているので、よほど
気をつけないと、いつの間にかお金にこき
使われて一生を台無しにしてしまう。
自分ではお金を働かせて、お金にしっかり
稼いでもらっている積りでも、気がついて
見たら、お金のために一生を棒にふってしまった
ことになりかねないのである。






 ケチケチの精神

自分のためにはお金を使うが、他人の
ためにはお金を出し惜しむ人がある。
そういう人には、他人のために気前よく
お金を使う術を教えなければならない。
しかし、そういう人に限って、自分がケチな
ためにどれだけ人からひんしゅくを買っているか、
全然気づいていない人が多い。
ひょっとしたら、気づいていないふりを
しているのかもしれない。






 シルバー世代の運命

中年になると、人間誰でも老後のことが心配
だから、貯金をしたり財産をつくったりして
老後に備える。定年になったり、定年後、
別の会社に勤めて年金暮らしになったり、
収入が減ったりするようになると、もっと
食い延ばしができるようにますます財布の
ヒモを締めてお金が出て行かないようにする。





 あとがき

私としては、いまも文章のデパートのつもりだが、
金銭ケースのところだけにお客が
集まったので、いつの間にか、「株の神様」
からはじまって、「お金儲けの神様」等々
冷やかし半分のニック・ネームも加わって、
とうとうお金の専門家ということになってしまった。

 私のお金の話は戦後の日本の高度成長経済が
訪れたことによってはじめて人々に受け入れられた
ものと、私自身は思っている。




著者別リスト







33歳で資産3億つくった僕が43歳であえて貯金ゼロにした理由


 『33歳で資産3億円をつくった私の方法』(三笠書房)を

最初に目にしてから随分時間が流れました。


当時は不動産投資に興味があり、関連本を読み漁って

いました。その中に午堂さんの本がありました。

次から次への出版され、40冊にもなるそうです。

10冊ぐらい購入し、何度も読ませてもらいました。


 この本の中には、これまでの経緯や

投資の内容について書かれています。

いわゆる、総まとめのような1冊になっていると思います。


著者は私と年齢が近いのですが、

行動力と執筆の多さに驚いています。



 ブログ

ゴールデンウイークで1年になりますが、

よく続いたと思うのと、これからも続けたいと

思っています。

ブログを書くために本を読み、本を読むために

ブログを書くという毎日です。

ブログを書いていると、いつも書く内容を

考えるようになります。

そうすると、ただ読んでいた読書も

自然に、使えるところはないかと

意識しながら読むようになります。

そうすうると、書きたい内容にすぐに

たどり着けるような気がしてきます。




希少性


いつの時代も人と同じことをしていては

だめなのだと思います。

人と違うことをしているので、

ライバルが少ない、希少価値が高まります。

ニーズが来た時、爆発する可能性を秘めています。

そういうものを、少しずつ増やしていけば

いいのだと思います。

投資の世界も同じだと思います。

みんなが株に興味が向いているときに、

金を買うのと似ています。

しかし、最近金もだいぶ上昇してきました。

プラチナが少し魅力的に見えてきました。







なぜ、もっと早くに本を読まなかったの

だろうと後悔しています。

しかし、過去のことを言っても仕方がないので、

これからは、どんどん本を読んでいきたいと

思います。

さしあたって、読書に関する本を読み漁りました。

次は文章に関する本を読もうと思っています。

小説も読むようにしています。

そのために、なるべくテレビをつけない生活に

しています。以前は、基本的にテレビがついていました。




子ども

とにかく、成長が早い。

もう手が届かなくなりそうです。

中学受験までは、親の協力が必要でしたが、

これからは、本人の問題と思っています。

この後の結果は、本人次第だと思います。

あとできるのは、学費を出すだけです。







33歳で資産3億円つくった僕が 
43歳であえて貯金ゼロにした理由


午堂登紀雄

日本経済新聞出版社


 はじめに

それは、「お金を使えば使うほど、
自分の能力が向上し、未来の可能性が広がる」
ということです。


自分への投資は、自己を変革させてくれるだけでなく、
自分の周りの人を幸せにする効果もあるのです。



 期間限定で全神経を不動産投資に集中する

そういう生活を1年間繰り返し、
「今後しばらくは、これ以上個人では
ローンが組めない」ほどの借金を
積み上げましたが、同時に贅沢をしなければ
家賃収入だけで生活できるほどの規模に
することができました。




 様々な金融商品に挑戦し、情報発信を始めた

そしてこの経験から、「自分の世界を変えるには、
自ら情報を発信することが大切」
という教訓が得られました。




 貯金が1000万円を超えると警報が鳴る

それは、「お金がなくなったキリギリスは、
コンサートを開いて歌やバイオリンを披露した。
するとアリたちが食べ物を持って
コンサートに集まってきた」という話。



 好きな仕事に就くという幸せ

また、周囲に認められて昇給・昇進することは、
そこに自分の居場所が見つかることを意味します。



 移動距離と収入とは比例する

仕事の幅が広がれば、交流する人も増え、
打ち合わせや商談などで移動の必要性に
迫られる。さらに好奇心も旺盛だから、
いろんなものを実際に見に行く。だからますます
移動距離が延びる・・・・・。






 誰もしないことにお金を使う

しかし、「みながチャンスだとわかったら、
それはもうチャンスではない」と言われる
とおり、多くの人の手垢がついた分野、
安心安全だとわかった分野、評価が固まった分野に
おっとり刀でやってきても、
なかなかチャンスには恵まれない。



 自分の変革につながるかどうか

反対に、たとえば本を読むこと、
旅をすることは、自分に新しい発見を
もたらしてくれるから、
そういうものには惜しまずお金を使う。

家族の健康に貢献すること、
子どもの成長につながることにも
お金を惜しまない。



 本を読まない人間には未来はない

だから僕は今でも、「本を読む人間こそが、
成長への切符を手にする」と考えています。




 住居費に投資する

仕事に没頭しつつ、人付き合いも
積極的に行い、十分な睡眠時間を確保するには、
やはり職住接近が欠かせないからです。




 カフェという書斎に投資する

僕の場合、自宅に書斎はありますが、
家にいるとネットサーフィンなどをしてだらける
ので、適度に人の目のあるカフェのほうが
生産性が上がります。




 もっとたくさんお金の話をしよう

 起業家の話の中身は全て儲け話

起業家の集まりは例外だとしても、
オープンにお金の話をする人は、
ビジネスチャンスにも敏感で、
つねにアンテナが立っているということです。



 子の教育格差は親の情報格差

そのように、個別の学校の変化、
海外での変化を調べれば調べるほど、
子どもの教育格差の大きな原因のひとつは、
親の情報格差ではないか、と思えてきます。


 

 子は親の履歴書

何かの本で読んだ言葉ですが、「子は親の履歴書」
という言葉をかみ締めたいと思います。


 著者別リスト



 







 

損せず得とる!株の心得



 お金についていろいろ、考えてみました。

お金を目標にすると、ゴールを

見失うことがわかりました。

お金はあくまで、手段であって、

ゴールではないのです。

自分がやりたい事、欲しい物を

具体的に目標にしないといけないのです。


ひとのために何かする。

この行為はお金には、なりませんが、

お金を得る以上のなにかを得られます。

感謝や信頼、人徳のようなものです。

しかし、まわりまわってお金に繋がって

いくような気もします。


お金があって、何でもやりたい事が

できてしまうと、幸せの閾値が高くなって

しまうような気もします。

ホテルに泊まるのも、超高級ホテルが

当たり前になってしまうと、

ちょっとしたことでは、感動できなくなってしまいます。


十分満たされていることに感謝しながら、

人生が満喫できれば、幸せなのだと思います。



お金がなくて、やりたい事ができなくなる

のは幸せではないと思います。

最低限のことをするため、

ある程度のお金は必要です。


給料があがらないのなら、

やはり資産運用が必要になってきます。

大切なお金が増えたり、減ったりするので、

お金を稼ぐのと同じぐらい真剣になって

投資に向き合うべきです。



損せず得とる! 株の心得

榊原 正幸

PHP


 タブーと、言わずまずは
「お金」について考えてみましょう

 一般労働者とマリー・アントワネット、
どちらが幸福だった?
一般的には、お金はあるに越したことはなく、
地位が高いと困るというわけでもありません。
地位やお金ではなく、まず「心の豊かさ」
ありきだと思うのです。





 お金だけではけっして得られないものがある

これに対して、「お金では得られないもの」は
「愛情」や「友情」、あるいは「尊敬」や
「憧れ」などといった感情です。




 お金があると、かえって失ってしまうものすらある

たいていは富を手に入れた途端、
努力の尊さというものを失いがちです。
人間は努力して何かを成し遂げることに、
ある種の愉しみを感じるものです。





 お金はいずれ「紙切れ」となる?

お金で安心を得ようとしても、
実はお金はそれを叶えてはくれないのです。
安心を得ることをお金に頼ってしまうと、
いつまでも安心はできないのです。

大事なことは「足るを知る」ということだと思うのです。
楽しく生きる生き方をするうえで、
お金は本当に必要な分だけあればいいのです。






 「あなたは今の生活に、満足していますか?」

きっと、「自分の今の生活に欠けているもの」や
「密かに自分が心の中で求めていたもの」の
存在に気がつくことでしょう。




 お金の上手な活用法

 もらった給料を、全てつかい切って
しまってもいいとしたら・・・・・
ところが、株式投資で安定的な利益を
出すスキルを身につけ、最初の年の一〇〇万円を
三〇年間で三〇〇〇万円に殖やすことが
できるようになれば、いったいどのような
変化が起こるでしょうか。






 預金も年金も安全じゃない!

たとえ、定期預金に二〇年間預けておいたら
二倍になった、ということになっても、
そのときには物価が三倍になっていた、
というのがオチなのです。
それでは、実質的に目減りしてしまいます。




 「株の勉強」は時給一万円!?

株式投資の勉強とは、覚悟すべきマイナスを
極力減らし、コンスタントに利益を
積み重ねるようになるためにも行うものです。




 
 「I(投資家)」の世界は、意外と安定的

このように考えると、実は「I(投資家)」の世界は
意外と安定的であることにお気づきでしょう。
そして、経験を重ねて確実にスキルを磨いていけば、
それは生涯に渡る安定的な能力となって、
「I(投資家)」でも安定的な収益を追及できるのだと
いうことを、自らの体験を通じて
実感していただきたいのです。






 「桁外れの世界」をのぞいてみると・・・・・

しかも、トップクラスとまではいかなくても、
誰もがきちんと勉強して時間をかけて実践
しさえすれば、給与所得の他に、
数千万円を運用して数百万円を獲得する世界には
到達できるのです。





 「足るを知る」がお金にふりまわされないコツ

一億円の元手で三〇〇〇万円ずつ稼ぎたいなら、
それはそれで結構なことです。
ただし、そのためには、自分の器が一億円の
資金を動かすのに相応のレベルでなければなりません。


 「別に、そこまで稼がなくても・・・・・」

そして、やっぱり、不足していると感じる部分
については、ファイナンシャル・インテリジェンスを
身につけ、投資によって獲得していきましょう。




 「株の名人さん」になるには「複利のチカラ」!

せっかく、自分に夢があるのなら、株式投資で
得した利益を目先の消費に振り向けるのではなく、
「再投資」しなければなりません。
すなわち「複利のチカラ」を活かすのです。






 証券会社の言われるがままに株を売買

やはり、セミナーに行ったり、本を読み漁ったりして、
積極的に自分から情報を取り込んだうえで、
自分なりに考えて投資を行わないと、

単に相場に振り回されるだけになってしまうー。



 「育ちの悪い投資家」から「毛並みのいい投資家」に!

「毛並みのいい投資家」は、きちんと勉強してから
実践し、そこからまた学び、目先に利益を追わずに
資産を複利で増殖させることに主眼を置きます。




 「身の丈に合った投資ができる」のが株式投資の魅力

まずは、株式投資によって、ある程度まとまった
資金を作り、その資金が生み出すさらなる利益の
一部を「現金で」不動産分ける。





 一五〇万円が二〇年で一億一三〇〇万円に!

このような驚異的な「複利のチカラ」を活かした
人だけが、株式投資で最終的な成功を収める
人なのです。
かの世界一の株式投資家であるウォーレン・バフェット氏も、
日本一の投資家の竹田和平氏も、
このことを利用して巨万の富を築いたのです。




 「虎の子の貯金」は、むしろ投資に適したお金

虎の子の貯金のうち、もしかしたら当座の生活の
中で必要になるかもしれない部分をよけておいて、
それ以外の「ずっと置いておくであろう、
定期預金のような部分」は、中・長期の
資産運用に向いているお金なのです。




 会計情報のどこを見ればいいのか?

「BPS(一株当たりの純資産)」とは、その会社の
価値(企業価値)を最もシンプルに表す数値なのです。





 「東証一部上場企業」の株だけに絞る

ズバリ、「銘柄選別の基準」は以下の三つです。
(1)東証一部上場企業であること
(2)「BPS(一株当たりの純資産)」が一五〇〇円以上であること。
(3)自己資本比率が七五%以上であること。




 株価チャートにおいて「一三週移動平均線の
微分係数がマイナスからプラスに転じるとき」

①PBRが0.5~0.8、
②「一三週移動平均線の微分係数がマイナスから
プラスに転じるとき」を満たす場面こそ、
まさに絶好の買いチャンスと言えます。


 





自分の給料を、いまより上げる方法



 バブルの時代の雰囲気は覚えていますが、

バブルの恩恵は受けていません。

丁度その頃、浪人生活をしており、

花屋さんでバイトをしていました。

たくさん、飲み屋さんがあり、

花の注文もたくさんありました。

その後、大学に進学し、ふとバイト先の

お店を見てみたら、潰れてなくなっていました。


 後から思ったのは、バイト先もバブルの

恩恵で売上があがり景気が良かったという

ことです。バブルがはじけて、その煽りを受けて

しまったのです。



 先輩の話では、接待が多く、

出張してお金が増えて帰ってきた

という時代だったそうです。

一時期、弁当やタクシーチケットも

厳しい時代でした。

現在はボールペンや手帳程度は

頂けるようになりました。



 残業しても、恐らく残業代はついて

いません。厳しい時代が続いています。


いくら頑張っても、なかなか給料の反映

されません。むしろ、頑張るだけ無駄な

ような気もします。



 医師の給料は高いですが、

かつては銀行員、弁護士、歯科医師等も

給料は高かったです。

銀行は昔に比べ、儲かりにくい業種に

なってしまいました。

そのため給料が減ったのです。

弁護士、歯科医師は受容に対して、

増えすぎてしまったので、結局

パイの奪い合いになってしまいました。

そのため、給料に格差が生じてしまいました。

儲かる弁護士さんは、ますます儲けるし、

儲からない弁護士さんは給料は減っていきます。

医師はまだ不足しているので、

現在はまだ希少価値なのです。













自分の給料を、いまより上げる方法

小暮太一

アスコム



 あなたの年収は18年後に50万円さがる!?

これは日本のサラリーマンの平均年収の
推移を表しています。ピークだった平成9年の
467万円から下がり続け、18年で約50万円
減りました。月収に換算すると4万円減です。



 見せかけの「額面」にだまされないで

このように手当として残業代が先払い
されていると、見せかけの「額面」が増えます。
しかし当然ながら実際に残業したときの
給料は少なくなります。


 「年棒制=残業代なし」は大ウソ

しかし、それは、誤解で、
想定以上の残業をした場合は、
追加で支払わなければいけません。





 あなたの昇給がわずか「飲み会1回分」だったワケ

第一にお伝えすべきことは「あなたの給料は、
あなたの努力や成果で決まっている
わけではない」という事実です。


 ここは絶対に理解して!

資本主義の原則では、価格はこう決まる
簡単に言うと、時間をかけて作ったものは
「価値」が大きい、ということ。
日常会話で使う「価値」は、マルクス経済学でいう
「使用価値」の場合が多いので、ちょっと勘違い
しやすいのです。






 商品を「高値」で買ってもらう方法

要するに、労力をかければかけるほど、
高い価格をつけてもお客様には納得感がある、
ということです。



 なぜ、医師の給料は高いのか

また、医師や弁護士など、専門的な
知識や長年の経験が必要な仕事は、
そのために必要な知力を身につけるのに
膨大なコストと労力がかかります。
だから、医師や弁護士の給料は高いのです。



「給料は、あなたが明日も働くために
必要な経費で決まる」

 「手当」が意味するものとは
注目すべきなのは、基本給の中身です。
1年齢・勤続給:7.7%
2職務・能力給:31.7%
3業績・成果給:4.6%
4総合判断:46・2%




 なぜ、成果を出しても
給料があがらないのか?

いくら成果を出してもほとんど給料は
上がりません。だから、一生懸命に働き、
大きな成果を上げている若手社員よりも、
ベテラン社員のほうが給料が高いのです。


 お金が好きな自分を認める

給料を上げるための方法を考える前に、
まず「お金が好きな自分」を認めて
ください。これができないと、何をやっても
自分でブレーキを踏んでしまい、
結局、給料を上げることができなくなります。



もちろん「お金がすべて」ではありません。
でも、お金はとても大切です。自分の市場価値を
上げ、給料を高くするためには、まず
お金が好きな自分を認めてあげてください。


 会社を出たら「将来のこと」を一生懸命考える

僕はサイバーエージェントに勤務しているときから、
出社前の1時間と帰宅前の1時間を、
勉強の時間にあてていました。
さらに、リクルートに転職してからは、
行き帰りの通勤電車でグリーン車に乗り、
追加で2時間を自分のために確保しました。





 仕事をして「実り」を得たら、次の仕事に再投資する

将来、大きく稼ぎたいのであれば、
仕事をして得た「実り」をすぐに引き出さず、
次の仕事に再投資するという考え方を持つべきです。




 自分が「積み上げてきたもの」に注目する

だとすれば、自分が持っているもの、自分が
これまで身につけてきたものを発掘するのは
自分しかいません。自分で見つけるしかないのです。



 好きなことの前に、「すでに評価されていること」を考える

「好き!」よりも「得意!」よりも、まずは
「お金をもらえること」です。それが結局、
他人に貢献することであり、
あなたが他人から評価され、必要と
されるポイントなのです。




 目標を定め、10年かけて自己内利益をプラスにする

そして、「好きなこと」が「得意なこと」になるように、
またその仕事で人の役に立ってお金がもらえるように、
自分を高めていきます。そうして、
10年かけて自己内利益を黒字にしていきます。






 にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

40歳を過ぎたら、定時に帰りなさい




現在は子供の学校や仕事の都合で、

都会の暮らしが必要です。

子供が大学生になって、落ち着けば、

田舎の生活も悪くないかと考えています。



人生を楽しむために必要なものは、

趣味を増やすことだと思います。

そして、その趣味をとことん追求する。

それをブログで発信するだけで、

楽しさが倍増します。


仕事の時間を徐々に減らし、

趣味の時間を増やすことができれば、

充実した人生が待っていると思います。


資産運用も趣味の一つとして、

行っています。大きな損失がでないように、

いろいろな物に分散投資しています。

本当が増える銘柄に集中投資が理想ですが、

のんびり長期投資のスタンスで運用しています。



ブログは1年間継続しました。

次の目的は、PVの向上を目指しています。

そのためには、毎日の更新を計画しています。

予約投稿を利用し、記事のストックを作ろうと

思っています。もし、ストックがいくつか貯まれば、

投稿前にもう一度チェックができます。

誤字脱字の確認や、言い回しの変更が可能に

なります。少しでもいい文章、面白い文章を

目指して継続したいです。






40歳を過ぎたら、定時に帰りなさい

成毛 眞


 はじめに

クマムシは水がなくてもエサがなくても
生きていける、地球最強の生き物だと
いわれている。


 これからのミドルエイジに必要なのは、
クマムシのようなしぶとさではないだろうか。


 これからのミドルエイジに必要なのは
「仕事論」ではなく、外の世界をいかに切り拓いて
いくかどうかという「脱力論」なのだ。




 ミドルエイジは、とことん会社のしがみつけ

地方へ左遷される場合でも同じで、
そこで辞めたら企業側の思うツボである。
家族で移り住んで、せっかくだから
週末はアウトドアの生活を楽しむ
という生き方もあるだろう。

給料が下がっても地方は物価が
安いので、とくに困らないはずだ。





 先行きが見える人生はつまらない

「何のために働くのか」という永遠の
テーマを考える前に、「何のために生まれたのか」
という問いを考えてみるべきだ。
私は人生とは道楽だと思っているし、
とことん楽しむために生まれてきたのだと
思っている。






 聞こえはいいが、資産運用はギャンブルそのもの

「自分で働くよりも、お金に働いてもらう」
という、“金持ち父さん”的な考えが通用するのは、
お金持ちだけである。起業して成功を収めた人で
あっても、最初の段階では自分で働いてお金を
稼いでいる。





 成功者も、成功するまでには時間がかかっている

積極的に告知をしたわけではないのだが、
データーが蓄積されると、「グーグル」での
ヒット回数が増える。
すると私の名前を検索したら
ブログがトップに出るようになり、
サイトに訪れる人がさらに増える、
という累積効果があるのだ。


長く続けられるということは、自分にも
合っているということである。
ただし、長く続ける努力をする必要はない。
長く続けられるものを探すのだ。





 そして私は「HONZ」を始めた

「HONZ」からアマゾンのサイトに飛べる
ようになっているので、アフィリエイトでそこそこの
収入を得ている。
PVが上がれば、アフィリエイトの収入も
自然に上がる。



 世の中では、多忙な成功者ほど多趣味

週末に向けて仕事をセーブし、
土日は朝から起きて家族と一緒に
遊び回れば、ストレスも解消できるはず。
趣味は、人生であと回しにすべきものではない。
最優先させるべき重要課題なのだ。




 “趣味で人生の一発逆転”も、決して夢ではない

“趣味で人生の一発逆転”も、決して
夢ではないかもしれない。
仕事では芽がでなくても、
人生のどこかで芽が出ればいいのだ。






 身体も精神も健康は「見た目」に表れる

デンマークで七十歳以上の双子を集めて
七年間追跡した調査によると、
見た目が老けているほうが、若くみえるよりも、
早く亡くなる確率が二倍以上高かったという。

見た目が老けている人は、どうやら身体の
内側も老化しているらしい。





 ミドルエイジの武器 ずるい

これからの人生は思い切り脇道に逸れ、
いままで見たことのない景色をみて、
いままで味わったことのない感動を
とことん味わえば、最上のミドルエイジ時代を
過ごせるだろう。




 おわりに

そのためには情報収集が大切だ。しかし、ネットが
隅々まで普及した結果、世の中には掃いて捨てるほどの
情報が溢れている。そのなかから真に有用なものを
探すためには、信頼のできる情報源、すなわち
信頼のできる人を知っているかどうかがカギになる。



 

 

 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

普通の人がこうして億万長者になった を読んで



急に暖かくなりました。

ゴールデンウイークの計画はどうでしょうか。



投資の世界は中国株から入りました。

影響を受けたのは小泉鉄造さんの中国株の

本でした。このとき、本屋にある中国株の本を

かたっぱしから読んでいました。

指数も右肩上がりで、どの銘柄も右肩上がりで

上昇していました。

それで株の魅力にはまり、投資の世界に魅了

されていきました。

邱永漢さんや、ロバート・キヨサキ、本田健さん

の本を何度も読み返しました。


その後、分散投資の大切さを知り、

金や不動産、日本株、ベトナム株、タイ株等

様々な分野に投資するようになりました。


本田健さんの本を読み、経済的自由という

概念を知り、いつからかこのような生活に

あこがれるようになりました。

また、幸せとは何かを考えるようになりました。


ロバート・キヨサキの本を読んで、

資産と負債の定義を知りました。

持ち家や車は資産ではないということです。

家賃収入が入ってくるような不動産は、

資産になりますが、税金を納める、自宅は負債

なのです。

高級車も買った後は中古車に変化し、

多くの、保険や税金を取られます。

なので、車も負債になるというここです。

結局ポケットにお金を入れてくれるものが、

資産であり、ポケットからお金を奪っていく

ものが負債なのです。


相続や企業は無理そうなので、

専門家や不動産投資で資産家の道を

切り開ければと考えています。



自分が楽しんでどんどん仕事をこなし、

結果的の多くの人のために役立っていれば、

いつかは収入も上がると理解しました。

あとは、行動あるのみです。








 
普通の人がこうして億万長者になった

 本田健

 講談社


 まえがき

 日本の億万長者って、どういう人たちだろう?
アメリカの億万長者は、使い切れないほどの
お金を持ちながらも、質素で堅実な生活を
送っていたのです!

この事実は、多くの人に衝撃を与え、
この本は全米で二〇〇万部を超える
ベストセラーとなりました。

 日本の億万長者はこんな人々

「億万長者」の資産・年収は?
日本でも「億万長者」という言葉がある
ことかからも、本書でも、億万長者は
純資産一億円を所有する人と定義したいと思います。





 日本の億万長者とは、納税者のわずか〇・五六パーセント

しかし、そのうち、年収二五〇〇万円を超える
金額を稼いでいる人は、わずか〇・五六パーセントです。
つまり、一〇〇〇人の、収入のある知り合いがいたとすると、
そのうち「億万長者候補」と言えるのは、
たった六人しかいないということです。




 億万長者の6タイプ

ービジネスオーナータイプから有名人まで
ビジネスオーナー27%
専門家24%
会社役員24%
相続16%
不動産2%
アーティスト、スポーツ選手など1%
その他4%

 専門家タイプを詳しく見ていくと、
このタイプにも二種類の人がいるようです。
それは、専門家としての仕事が、
自分の比較的得意なことであり、
高収入が得られるからやっている人と、
自分が得意なことであり、なおかつ、
その仕事が大好きなことだからやっている人です。




 相続タイプ

人には、「お金の器」とでも呼べる、
自分が受け取ることのできるお金の分量と
いうものがあるのだと思います。
許容範囲を超えるお金が急に入ってくると、
お金をうまく扱うことができなくなり、
人生にも様々な影響が出るでしょう。




 自分の大好きなこと、得意なことを仕事にする

億万長者は、自分がどれだけ仕事を
楽しめるか、また仕事を通して人を
楽しませることができるかを
先に考えていることがわかります。




 誰よりも勤勉に働く

成功の秘訣は、今現在を一生懸命に、
仕事などをこなしていくこと。
また、勉強を怠らず、人より勤勉に働くことだ。



 億万長者が考える成功要因
ー誠実、健康、幸運、自己判断

誠実である、健康である、人より勤勉に働く、
収入範囲で生活する、リーダーシップを発揮できる、
支えてくれる配偶者がいる




 億万長者は節約家?

普通の人は、収入が高い億万長者は、
安心していろいろ買い物をすると考えますが、
彼らは、億万長者になった後も、
お金の大切さを意識し、浪費することがないよう、
家族も含めて、気をつけているようです。






 三〇〇人に応援されれば、ビジネスで成功できる

しかし、実際は、身近な一〇〇人ぐらいの人に、
しっかり応援してもらえば、十分成功できるのです。
そして、その応援の輪をゆっくり拡げていって、
数百人のファンになってくれれば、あなたも
億万長者になれるのです。




 真剣に生きている人にのみ、メンターは現れる

メンターから教えを受けている億万長者は、
常に、自分ができることに精一杯取り組みます。
そして、少々の困難があっても、自分の力で
乗り越えてみせるという気迫を持っています。





 億万長者は、離婚率が低い

それは、億万長者の一〇人中九人以上が既婚者で、
一度も離婚をしていないというものです。
そして、アメリカの億万長者も、今回の日本の億万長者への
アンケート結果と同じように、「成功にはパートナー
の存在が大切だ」と答えたのです。





 億万長者は、子供からも教わる

人は、大切なことを誰かに伝えようとするときに、
自分でも、その大切さを再確認しています。
そのため、子供の教育を通して、
子供から学んでいると語る億万長者の
気持ちが、私もよくわかります。





 
 長期間の複利作用を信頼すること

自分の才能を磨くことに投資すると、
銀行の預金が複利で増えていくように、
あなたの市場価値も増えていきます。
最初の数年は、まったく違いに気づかない
かもしれませんが、長期間の運用によって、
あなたの価値は飛躍的に高まります。

 











著者別リスト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
livedoor プロフィール
最新コメント