資産運用にて経済的自由を目指して

投資の方針や読んだ経済本の感想 今後の資産運用の戦略

2017年07月

こどもの頃、親の会社が倒産し貧乏な生活を送っていました。
社会人なりたての時結納金がなく、今の妻にお金を借りなんとか式をあげました。

現在、大学受験前の娘と八割れのにゃんこと格闘しています。
金(ゴールド)、日本株、株主優待、不動産、ETFに投資しています。
外国不動産に興味があります。

資産を増やし、権利収入・不労所得を増やし、経済的自由を目指します。

清貧は金持ちになった人がなればいい



 「お金は諸悪の根源」ではありません。

お金がないことが悪いことなのです。

悪いことをして稼いだお金は悪です。


 人のためにして稼いだお金は、どうして

悪になるのでしょうか。

なりません。



お金は悪いものではありません。

逆に、お金はいいものです。


まずこれを大前提にしないとお金は

集まってきません。



「お金てすばらしい」「お金があって幸せだ」と

自分が自分を洗脳するぐらい言い聞かせて

ください。

 なんか宗教ぽくていやですが、高い買い物を

するときにお金に感謝しながら使ってください。




 質素に暮らしていることが、清く正しいことと

教育されてきました。

いつのまにか、「貧乏がいいことだ」に変って

しまいました。


 散財することはあまり美しいとは、

思いません。寝るところがあり、食べるものが

あり、1日1日過ごせることに感謝は必要です。

だからといって、貧乏生活が望ましいわけでは

ありません。

 満ち足りていることに感謝して、

普段は質素に暮らす。

たまに外食したり、たまに旅行に行ったりすれば

いいのです。



お金がなくて、食べたいものが食べられない、

欲しい服が買えない、見たい映画が観られない、

行きたい旅行にいけない。

 これのどかが楽しいでしょうか。

たまには焼肉屋に行ってみる、素敵な洋服を買う、

読みたい本をたくさん買う、好きな人が喜ぶ

プレゼントを買う、家族にケーキを買って帰る。

お金があれば、考えるだけでワクワクするような

ことがたくさんあります。



 もう一度繰り返します。

貧乏はいいことではありません。

お金があることは幸せなことです。

 自分が好きなことにお金を使い、

友達や家族にたくさんプレゼントすればいいのです。


それでも、お金が余って困るなら

寄附をすればいいだけです。


お金がないことが諸悪の根源です。



「貯金しなさい」とか、「ムダ使いはだめだ」

とか「人前でお金の話はしてはいけない」と教育されて

きました。

よく考えると普段会話しているのは、

お金に関する話がほんとうに多いです。

旅行の費用をどうするのかとか、習い事はどうするかとか

外食にしてもどのコースにするか、バーゲンの話も

根本的にはお金の問題です。


日本の古いお金の教育がそもそも

時代に合わなくなっています。むしろ、間違った

考えだったと言い切ってもいいかもしれません。



貯金しても利子がつきません。

投資はすべきです。

夫婦でもっと普段からお金の話をして、

こどもにも早期からお金の教育をすべきです。






宝くじがもし当たったら、どうする。

一度は誰しも、考えた問題かもしれません。

仮に10億円あったらと考えてみてください。

そこでやりたいと思ったことができるように

夢を持ってください。




 経済的自由を手にするためには?




お札を刷りまくっているけれど



 日銀がお金を刷りまくって随分たちますが、

確かに日経は2万円まで上昇しました。

株式投資をしている人は恩恵を受けました。

株式投資をしていない人はあまり関係ありません。


企業も売り上げが伸びていますが、給料には

反映していません。



アメリカの金融緩和は縮小傾向の

兆しがでてきました。

実際利上げも行われています。


ユーロも金融緩和の縮小を示唆する

発言が出ています。


しかし、日本は出口が見えず、迷路に

迷って同じ道をぐるぐる回っている状態です。


国はいっそのこと、国債暴落を期待して

いるのではないかと疑ってしまいます。


現実問題として、国債は返すことは不可能です。

減らすことも無理な状態です。


数字の上でのプレバブルで、実感としては

デフレが継続しています。


いくら国がお金を刷っても、みんなタンス預金をして

流通しません。


贈与税の対策で賃貸アパートの建設に

お金がながれ、借り手のない物件がどんどん

増えています。


人口減少が進み、国力が低下していく日本で

さらにお札を刷りまくると、いずれ円の価値が

無くなってしまいます。


Xdayは音を立てず、ゆっくり背後にしのび寄って

きています。


日本が色んな金融機関に食い物にされる

かもしれません。

個人ができることは限られています。


コツコツ金投資やFX投資を継続してください。

ビットコインの可能性はあるのでしょうか。?


リーマンショックのことをほんの

少し思い出してみてください。












マイナンバー制度の目的は何か?



マイナンバー制度の目的は何か?

個人の金融資産の把握です。


なぜ、そんなことをするのか。

国にお金がないからです。


お金があるところから、お金を取るためです。

お金がないところからはお金はとれないのです。


なので、お金がある人を把握するには、

個人の金融資産をあばくしかありません。


その後、資産家からお金を巻き上げるには

どうすればいいのでしょうか。

海外に出て行くので、これを食い止める

法案が成立しました。


消費税では時すでに遅しなのです。

数%でごにょごにょ言っている場合では

ないのです。

それほどまでに追い込まれているのです。



黒田さんは大量のステロイドと同じで

一時の効果は得られてのですが、

その副作用は必ず生じます。


将棋の二歩や二手差しの反則を認めるような

ルールの改正が必要になっています。


個人からではなく、一家庭の資産に過大な

税金を課すようにするのです。


いわゆる財産税の導入です。

収入、金融資産、副収入等がすべてガラス張りの

状態です。

逃げ場を失ったネズミです。

猫に一太刀も下すことも許されません。


過大な財産税で延命できるのでしょうか。

回復できるのならいいのですが。


日本が海外を食い物にしない限り

先はありません。

タコ足を食べ尽くしたタコでしょうか。



宗教から税金をとる。

人工知能をつかい倒す人材を育成する。

毎月、大型連休を作る。

母子家庭をもっと優遇する対策をつくる。

そろそろ尊厳死を認める法律を認める。


カジノを作るだけでは弱い気がします。

民泊は多少効果はあると思います。


日本の伝統工芸をもっとイノベーションし、

海外に販売し地方が息を吹き返すようにしないと

枯れ始めたアジサイの状態になりそうです。



個人的には財産税から逃れる対策として、

金の購入が有効かと思っています。

最近、ちょっとだけ値上がりしました。


 暴落を買え!




ビックス指数が上がれば、金も上がる



ビックス指数は最低値を動いています。

世界的に株価は堅調に推移しています。

なので、安心感があるので、恐怖感がありません。

それでビックス指数は下がっています。


しかし、何か問題が生じると一気にこの指数は

急上昇します。

リーマンショックのような事態が起こった場合は

予測がつかないぐらい上昇します。


どの指数も同じですが、底が分からなければ、

高値もわかりません。

後から、あの時が最低だったと気づくのです。

買っておけば良かった。

後から、あの時が最高だったと気づくのです。

売っておけば良かった。

誰にも分らないので、少しずつ買っていくの

です。

高値のときも、一気に売らず少しずつ売って

いきます。


 世の中、お金を刷りまくって、そのお金が

株に流れています。不動産にも流れています。

ただ、歴史をみるといつかは、ピークがやって

きます。

その時は金の時代がやってきます。

なので、資産の10%程度は金を購入して

おいて損はありません。

私は15%程度保有しても問題ないと考えて

います。

中国、ロシアはコツコツと金を買っています。

1オンス10000ドルを夢見て、保有し続けます。

当面の目標は1オンス2000ドルです。







ショックに備えるにはどうすればいいのか



 ショック時に空売りするれば、逆に儲かりますが、

一般的にはみんなが行動していれば、同じように売って

しまいます。結果底値で売ってしまいます。


 ショックは忘れたころにやってきます。

人間、月日が経つと忘れてしまいます。

だから、バブルも忘れたころにやってきます。

 バブルを知っている人はバブル手前で

降りてしまいます。

 バブルを経験していなければ、バブルを知らないでので、

相場が上がれば逆に投資をしたくなってしまいます。

でもいつかは暴落してしまうのです。

あがり続ける相場はないし、下がり続ける相場も

ありません。

世界的の好景気で株価指数も上昇しています。

しばらく問題ないと思いますが、暴落は忘れた

ころにやってきます。


 しかし、暴落は唯一無二の大チャンスです。

日ごろからある程度キャシュを持っておき、

暴落時は買いに出るべきです。

自分自身も怖くなった時が、買い時です。


実践はなかなか怖くて動けません。

チビリチビリ買うのです。


年に3回程度、それなりの暴落がやってきます。

そういう時は練習と思って、狙っている

銘柄を購入してみてください。

意外とすぐに値をもどします。


人と違うことをしないと、なかなか結果は

手にできないものです。

今、ビックス指数が暴落しています。

なので、チビリチビリ購入しています。

一気に買うのは、困難です。

積立貯金のようにチビリチビリ購入するのです。



 2018年10月までに株と不動産をすべて売りなさい!


 暴落を買え!
 





何事にもリスクがあります



世の中には、様々な投資があります。

一つのものに投資するとリスクが

高まります。たくさん分散するとリスクが

減りますが、利益も分散されます。


儲かるものに集中投資するのが理想です。

しかし、一点に集中する勇気はありません。

自信がないので、こわいのです。

自信がないので、結局分散してしまいます。


プロではないので、短期で決算する必要は

ありません。

5年から10年長期で持てばいいのです。

株主優待をコツコツ増やしていく。

金のコインを半年に1枚購入していく。

これだけで十分、分散可能になります。


銘柄の分散、資産の分散、

国の分散などがあります。


それと購入の際には1度に買うのではなく、

暴落時に買うことをお勧めします。

時間の分散も大事なテクニックの1つです。







プロフィール

投資家ジャイ

最新コメント